諏訪神社 (藤沢市大鋸)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
諏訪神社
Fujisawa Suwa-jinja 05.jpg
所在地 神奈川県藤沢市大鋸三丁目7番2号
位置 北緯35度20分53.90秒
東経139度29分23.00秒
座標: 北緯35度20分53.90秒 東経139度29分23.00秒
主祭神 建御名方富命八坂刀売命
創建 建武2年(1335年
例祭 8月25日
地図
諏訪神社の位置(神奈川県内)
諏訪神社
諏訪神社
テンプレートを表示

諏訪神社(すわじんじゃ)は、神奈川県藤沢市大鋸[注釈 1]にある神社

祭神[編集]

歴史[編集]

建武2年(1335年)、清浄光寺(遊行寺)を開いた遊行上人第四代呑海が同寺院の鎮守として、信州諏訪から勧請したことにより創建された[2]慶安年間(1648年1651年)には鳥居の前での落馬事故が相次いだことにより風早之谷(諏訪ヶ谷戸、藤沢本町駅付近)[注釈 2]へ転座され、さらに元禄12年(1699年)に現在地へ移転した[2][3]。以来、藤沢宿東方面の大鋸町や大久保町などにおける総鎮守となっている。明治維新後の神仏分離によって清浄光寺から独立したが[2]、現在でも祭事などでの関わりは続いている[4]

祭事[編集]

例祭における神事(8月25日午前中、清浄光寺にて)

境内社・祖霊社・道祖神[編集]

交通[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「だいぎり」と読む。当地域における旧家である森家は棟梁として職人衆「藤沢大鋸引(ふじさわおがびき)」を構えていたが、清浄光寺の門前が彼らの居住地となっていた。大鋸の地名はこれに由来している[1]
  2. ^ 神奈川県藤沢市藤沢3丁目3-2(地図

出典[編集]

  1. ^ 藤沢を知る「影取池と大鋸」 - ウェイバックマシン(2014年8月26日アーカイブ分) - 藤沢市藤沢市公式サイト 2007年4月1日更新/初出『ふじさわ教育』第121号 )
  2. ^ a b c 『藤沢-わがまちのあゆみ-』1984年、増補版。332頁。
  3. ^ 「堀内家御用手控」『藤沢市史料集十二』。
  4. ^ 諏訪神社(神奈川県神社庁)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]