覚恕法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

覚恕(かくじょ、大永元年(1521年)- 天正2年1月3日1574年1月25日))は、戦国時代天台宗の僧。天台座主。父は後奈良天皇。母は壬生雅久の娘伊予局

略歴[編集]

1525年大永5年)、延暦寺曼殊院門跡において得度し、1527年天文6年)、曼殊院門跡を相続した。1557年弘治3年)、准三宮の宣下をうけて金蓮院准后と称し、1570年元亀元年)、戦国時代の混沌とした中で166世天台座主となった。

1571年元亀2年)、織田信長による比叡山焼討ちの際には比叡山にいなかったために難を逃れたが、比叡山抵抗の責任を追及されたため、甲斐武田信玄を頼り亡命する。この後、信玄が権僧正の僧位を得るために尽力している。その後も京に戻ることはなく、天正2年(1574年)に没した。