田丸浩史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田丸 浩史
生誕 (1970-02-21) 1970年2月21日(47歳)
日本の旗 日本大阪府枚方市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家イラストレーター
活動期間 1990年 -
代表作 『超兄貴』 『アルプス伝説』
『最近のヒロシ』 『レイモンド』
『ラブやん』
テンプレートを表示

田丸 浩史(たまる ひろし、1970年2月21日 - )は、日本漫画家、同人作家。大阪府枚方市出身、在住。大阪府立牧野高等学校大阪商業大学卒業。代表作は『超兄貴』、『アルプス伝説』、『最近のヒロシ』、『レイモンド』、『ラブやん』など[1]

略歴[編集]

1990年、新人作家の作品を集めたアンソロジー『キャプテングランプリVol.1』(徳間書店)に掲載の『野球戦士カツヒコ』でデビュー[2]

1993年、『月刊少年キャプテン』(徳間書店)誌上にて『超兄貴』の連載を開始する[2]。この作品は同名ゲームの漫画化だったが、ゲーム版の主人公が第1話で死ぬなどゲームの設定からは大きく逸脱していた。

1995年に引き続き『月刊少年キャプテン』誌上にて『アルプス伝説』の連載を開始するが、1997年に掲載誌が廃刊となったことに伴い、作品も未完のまま連載終了となる[2]

その後暫く商業誌での活動から離れ、趣味のテレビゲーム、早撃ち、同人などに没頭する。早撃ちはモデルガンを用いた拳銃早抜き撃ち(クイックドロウ)全国大会で優勝するが、参加不参加自由のエキシビションの結果も順位に反映されるという得点集計方法の突然の変更により降格し2位になる。その事と当時人間関係に軋轢が生じ始めていた事で競技に対する熱意や興味を失っていったと語っている[要出典]

1999年、『アルプス伝説』の完全版を『スペースアルプス伝説』として刊行する。同年、テレビアニメ『課長王子』の漫画版『課長王子外伝』を『AICコミックLOVE』(AIC)誌上で連載開始し、その後は他誌でも連載を持つようになり商業誌での活動を再開する[2]

同人活動については、かつてアシスタントが主宰していた同人サークル「胸キュン部隊」に寄稿していたが、その後は「甲冑娘」への寄稿に一本化している。2008年8月のコミックマーケット74(2日目)で、『ラブやん』のネタ等でのノウハウを活かし、「クリアちくわ」と名づけたオナホール[注 1]を抽選で頒布した[3]が、本体が既成品であったためコミックマーケットのルールである頒布・提供禁止物のうち「法人が発行、製作した物」[4]に抵触し、運営サイドから注意を受けた[要出典]

前述の早抜き撃ちを含めトイガン、特にエアガンガスガンを趣味の一つとして愛好しており、各作品中や近況報告漫画『最近のヒロシ。』中での銃器類に関する知識・描写は正確である。また、自作のトイガン用ドレスアップパーツが一般製品化されている[要出典]

2008年秋にTシャツショップスエヒロガリにて、オリジナルTシャツのデザインを手がける[5]

うしじまいい肉 と親交がある(ワンダーフェスティバルでのコスプレ合わせを計画している)。

作風[編集]

ギャグを中心とした作品を得意とし、特にパロディを多用する傾向にある。ながいけんの影響を受けていることを公言しており[6]、ハッピーエンドを嫌い、完結した作品はバッドエンド、そうでなくともハッピーエンドとは縁遠い結末で締めくくられる事が多い。連載デビュー作の『超兄貴』など、コミカライズ作品を何度か手がけているが、原作の内容から激しく逸脱した展開になる事が多い。

またメガネっ娘に対する造詣が深く、マッチョやオヤジと共に作品内に頻繁に登場させる。そのためメガネを主眼においたアダルトPCゲーム『おめがねティーチャー』(すたじおみりす)に、メガネのデザインとして参加している。

ヘヴィメタルバンド「マノウォー」の大ファンで、作品には度々マノウォーなどメタル系バンドのネタが出てくる[注 2]。『超兄貴』2巻から単行本のおまけページに執筆時愛聴していたアルバムタイトルと簡単な解説・感想が書かれていたが、『ラブやん』『マリアナ伝説』以降は『最近のヒロシ。』のみである。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

イラスト[編集]

  • (きずあと)アンソロジーコミック』エンターブレイン(マジキューコミックス)2003年
  • トゥインクルスターのんのんじーEX』寄稿 白泉社 2004年
  • コミックとらのあな2006 バッグ イラスト 2006年
  • 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン Blu-ray Disc6』 ライナーノーツ ゲストギャラリー 2009年
  • アニメ『懺・さよなら絶望先生』 第5話 エンドカード 2009年
  • コミックマーケット78カタログ 表紙イラスト 2010年
  • ラブやん16巻 とらのあな購入特典 イラストカード 2011年
  • 『蝉丸Pのつれづれ仏教講座』(著・蝉丸P、エンターブレイン)表紙イラスト 2012年
  • アーケードゲーム『戦国大戦』バージョン『戦国大戦 - 1590 葵 関八州に起つ -』妙玖 2013年
  • アニメ『紅殻のパンドラ』 第10話 エンドカード 2016年

その他[編集]

  • アダルトPCゲーム『おめがねティーチャー』(すたじおみりす)追加パッチ 第四弾 田丸浩史デザインメガネ 2003年
  • Tシャツショップスエヒロガリ オリジナルTシャツ デザイン 2008年
  • COMIC ZIN コミックマーケットカタログ オリジナル購入特典 手ぬぐい 2009年 -

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ パッケージはうたたねひろゆきによるオリジナルデザイン、本体は既製品、田丸は説明文とイラスト等を担当。
  2. ^ 「奥様はマノウォー」「入る&出る」「ポップコーンみたいな服」「尿意デマイオ」など。1993年に行われた来日公演(大阪公演)に足を運んでいる。
  3. ^ 2015年6月時点。

出典[編集]

  1. ^ ラブやん / 田丸浩史”. アフタヌーン公式サイト モアイ. 講談社 (2015年6月7日). 2015年6月7日閲覧。
  2. ^ a b c d HARD ROCK PARF'-『課長の4コマ』”. 課長王子ホームページ. ジェネオン エンタテインメント (2006年3月14日). 2015年6月7日閲覧。
  3. ^ クリアちくわ”. 甲冑娘08夏 (2008年8月15日). 2015年6月7日閲覧。
  4. ^ コミケットマニュアル(コミックマーケット86サークル参加申込セット版) (PDF)” (日本語). コミックマーケット準備会. コミケット (2014年6月23日). 2015年6月7日閲覧。
  5. ^ 田丸浩史デザイン いい相棒Tシャツ”. Tシャツショップ スエヒロガリ (2009年5月29日). 2015年6月7日閲覧。
  6. ^ 『ラブやん』完結インタビュー 田丸浩史、次回作は“妖怪もの” ORICON STYLE 2015年7月23日付
  7. ^ 【最近のデッド】書店販売開始 : 田丸浩史”. 甲冑娘 (2014年1月28日). 2015年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]