井上行広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 行広(いのうえ ゆきひろ、1969年10月25日 - )は、日本漫画家大阪府出身。大阪府立牧野高等学校卒業。

経歴・人物[編集]

1990年動物屋少年達名義で第1回キャプテングランプリ賞受賞を受賞し、『キャプテングランプリ』Vol.1でデビュー。 1993年堀井秀人(ほりい しゅうと)名義で「塚田マン」で第46回手塚賞佳作受賞。

週刊少年ジャンプ』1996年32号より『ドルヒラ』を連載する。同作は、突然ペンタッチが田島昭宇風に変わった。後にも、田島風の絵柄でホラー漫画も描いていた。

その後井上行広に改名して『ジャンプ』や増刊号に読切を複数発表していたが、『赤マルジャンプ』2000SPRINGに掲載された「バケルンバスター孔雀」を最後に『ジャンプ』から離れることになる。

その後、角川書店の雑誌で執筆するようになる一方で、「レオナルドの恩返し」(『ガンガンパワード2003年秋季号掲載)で第2回スクウェア・エニックスマンガ大賞ギャグ部門佳作を受賞。その際にいのうえゆうのペンネームを用いていたことから、一時期、スクウェア・エニックスや秋田書店の雑誌ではいのうえゆう名義で執筆していた(現在は井上行広に統一)。

田丸浩史アシスタントもしており[1]、近作の作風には、筋肉質な男がやたら出てくるなど、やや田丸の影響が見える。

作品一覧[編集]

漫画[編集]

動物屋少年達名義[編集]

  • STAND(キャプテングランプリVol.1掲載)

堀井秀人名義[編集]

井上行広名義[編集]

いのうえゆう名義[編集]

イラスト[編集]

いのうえゆう名義[編集]

井上行広名義[編集]

受賞歴[編集]

関連人物[編集]

  • 田丸浩史 - 高校時代の同級生で友人[2]、アシスタント従事[1]
  • 木多康昭 - 「幕張」「泣くようぐいす」内でネタにされる。「幕張」作中ではドルヒラ連載中に井上(堀井)が逃亡したことが事実という設定になっており、ほぼ全ての執筆作業を押し付けられる羽目になったチーフアシスタントを模した人物が登場する。

脚注[編集]

  1. ^ a b 田丸浩史レイモンド』2巻「田丸汁詩」Vol.15
  2. ^ ドルヒラ』2巻おまけページの田丸による記述、「田丸汁詩」でも言及されている。

外部リンク[編集]