この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

うしじまいい肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うしじまいいにく
うしじまいい肉
プロフィール
別名義 牛島良肉、うしじま、Ushijima、Predator Rat
出身地 日本の旗 日本 東京都
毛髪の色
公称サイズ(2011年6月頃[1][2]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 83 - 56 - 85 cm
カップサイズ D
活動
デビュー 2006年
ジャンル グラビア
モデル内容 コスプレ
他の活動 実業家、グラビアアイドルプロデューサー
モデル: テンプレート - カテゴリ

うしじまいい肉(うしじまいいにく)は、日本の女性コスプレイヤー事業家グラビアアイドルプロデューサーである。東京都出身・在住[3][4][5][1]。年齢非公表。

人物

自らをアキバ系と認め、ゲーム漫画アニメ、に惹かれていたと話す[3]。学生時代より成人向け漫画を好み、その為か露出の多いコスチュームに対して余り抵抗がないと語る[6]

コスプレをはじめたのは2006年[3]。同年12月のイベントでデビュー[1]。その後、2007年あたりから注目を集めはじめ、以後インターネットなどで大きな人気を博し、カリスマコスプレイヤーとも称されるようになる[7][3]芸名はマンガ『闇金ウシジマくん』からとったもの[3][8]

活動

自主製作のコスプレ(デジタル)写真集を多数発表・販売しており[9][8][3][7]、各種イベント[10][11][12]やDVD[13]などにも出演。また、青年漫画誌ヤングチャンピオン[* 1][14]写真週刊誌フライデー[* 2][15]など一般誌のグラビアでも活動。

2010年には友人[16][17]でもある漫画家・伊佐美ノゾミによる、うしじまをモデルとした成年コミック『うしじまいい肉』がCOMIC阿吽10月号に掲載[17]。タイアップ企画として同誌にはうしじまのグラビアも掲載された[17]。この作品はのちに短期連載へと移行し[18]2011年には単行本化されるが、多くの発注があり発売前に増刷がなされたという[19]。なお、単行本裏表紙にもうしじまの写真が用いられているほか、グラビアが16ページ掲載されていた[20]。同年1月1日にはセルフプロデュースによる初のイメージDVD『WHAT IF IT'S A HUMAN?』が発売され、前年末には予約だけで大手ネット通販サイトAmazonにおけるアイドルDVDのセールス1位を記録した[2]

2011年にはテレビ東京アニメソングを集めたカバーコンピレーションCDのジャケットを飾った[21][8][22]。また2012年11月にニコニコ動画で行われたうしじまの生着替えの生中継は、来場者数49000人を数えた[11]

2011年に行われたインタビューでは、自身「プロ」になる事は望んでおらずあくまでアマチュアであり趣味であると主張している[3]。雑誌の取材などでは全て謝礼の授受が行われている[23]

またいくつかのインタビューで、後進のコスプレイヤーを育てる事にも興味を持っているとも語っている[3][6][24]。2009年のメンズサイゾーによるインタビューでは、自身のビジュアルイメージを表現できるのならば自分は裏側に回って可愛い女の子を撮りたいのであるが、肖像権等の問題から自分自身を素材にしていると話す[6]

写真集は従来自主製作のものであったが[3]、2013年には一迅社より商用写真集「うしじまいい肉写真集」が発売された。

2012年2月4日の第19回Fancy Frontier 開拓動漫祭に参加した際、下半身下着姿で販売を行っていたことが現地メディアに取り上げられて問題視され、翌5日の参加を拒絶されている[25][26]。うしじまはこの件について「会場で注意されて即着替えた」と述べており「正味15分ぐらいで記者に面白ショットとられただけでそんなに悪いと思えない」と主張した[25]。また同日に台北市警察のパトカーの前でスカートから下着を露出した姿で撮影を行っていたことについて、台北市は「警察のイメージを損なう可能性がある」と抗議し[25]、法的責任を追及すると発表した[27]

2015年現在も現役のコスプレイヤーとして活動中であるが[28]洋服ブランドである「PredatorRat」(ぷれでたーらっと)を立ち上げ[29]、事業家としての活動も行っている。また2013年10月現在、TwitterのProfileでは「グラビアアイドルプロデューサー」を名乗り、自身のみならず、他のモデルをプロデュースしている[30][31]。また普段は主としてアダルトビデオ風俗の女性の写真のレタッチなどを行っている[31]

週刊大衆ヴィーナスで「うしじまズバッ!と人生相談」の連載を開始する。

イベント

作品

コスプレROM

  1. 閲覧x禁止(2006年)
  2. Jellyfish(2007年)
  3. Cattle Mutilation(2007年)
  4. スペースチャンネル(2007年)
  5. Spilt Milk(2007年)
  6. Midnight Circus(2007年)
  7. 小悪魔KISS(2007年、ドラゴンクエストソード
  8. SWIMMING ANT-EATER(2008年)
  9. BE AWARE OF ALPACA!(2008年)
  10. Two whole roasted cow festival(2008年)
  11. King's Knight(2008年、FATE
  12. Pandora: The Siren of Saturn(2009年、美少女戦士セーラームーン
  13. ふんどしのくに(2009年)
  14. DESIRE(2009年、魔法少女アイ
  15. Nobusumas from hell(2009年)
  16. うしじまいい肉の建もの探訪(2009年)
  17. WHAT IF IT’S A HUMAN?(2010年、DVD)- セルフプロデュースによるイメージDVD[1][2]
  18. うしまん(2010年)
  19. UHM: The Ushijima is a Harsh Mistress(2010年、新世紀エヴァンゲリオン
  20. じがどり SELF PORTRAIT(2010年)
  21. Abalone Soup with Assemblyman and Sea Urchin(2010年)
  22. Gonna Get Your Heart!!!(2011年)
  23. Song of Sayaka And Kyoko(2011年、魔法少女まどか☆マギカ)出演:花邑沙希
  24. Giant Anteater(2012年、GANTZ
  25. Invaders Must Die(2012年)
  26. 尻を出す 野外編(2013年)
  27. USHIJIMA IN GOTHIC LOLITA.WALKING HER DOG(2013年)
  28. THE PARKA EMPIRE NO.1(2013年4月29日)[34]
  29. 動画集(2013年12月29日)[35]
  30. HOOTERS 東京に現る(2014年8月16日)出演:つくし、みーや[36]
  31. 色ハ似穂ヘト 出演:るく
  32. KIMERA 出演:KANAME☆、みるる
  33. smack my Witch Up(魔法少女まどか☆マギカ)出演:つくし、ぷで、みーや、lenfried
  34. 動画集2
  35. NICE IDOL(FAN) MUST PURE!!!
  36. NICE IDOL(FAN) MUST PURE!!! Vol.2
  37. MASTER COSROM 01 うしまこ
  38. まりょうとうしじま 出演:蝶月真綾
  39. 胸騒ぎのむちむち
  40. Re:ゼロから始めるうしじまのコスプレ生活(2016年12月30日)

書籍

  1. うしじまいい肉写真集(2013年5月28日)一迅社 ISBN 978-4758007511 - 商用出版されたもので、過去の写真集からのベストショットに撮り下ろし写真を加えたもの[39]。付録DVD付き。

プロデュース作品

衣装監修、衣装プロデュースなどを担当。以下、特記のないものはAV作品。

  • 『ひとみ ニーハイ×敏感Gカップ少女』(2014年11月13日、無垢、出演:井上瞳) - プロデュースしたニーハイソックスが登場[1]
  • 『【実写版】堕ちる人妻 川上ゆう 神波多一花 羽月希』(2014年12月26日、ZIZ、出演:川上ゆう神波多一花羽月希 ) - 衣装監修[2]
  • 『うしじまいい肉プロデュース アイドル原石 宅コスレイヤー碧木凛』(2015年12月25日、宇宙企画、出演:碧木凛) - 衣装プロデュース
  • 『うしじまいい肉プロデュース アイドル原石 宅コスレイヤーあおいれな』(2016年1月8日、宇宙企画、出演:あおいれな) - 衣装プロデュース
  • 『うしじまいい肉プロデュース 佐倉絆×コスプレ×リアルエロ』(2016年2月12日、宇宙企画、出演:佐倉絆) - 衣装プロデュース

資料・文献など

  • 『セックスペディア 平成女子性欲事典』三浦ゆえ・平成女子性欲研究会 共著(文芸春秋、2014年3月15日初版発行、ISBN 978-4-16-390033-9
    本書22 - 23ページにて、「うしじまいい肉」についての記載あり。
  • 『コスROMレイヤー×じがどり コスVOVEオンナノコ』(マイウェイ出版、2012年8月5日初版発行、ISBN 978-4-86135-930-9
    表紙および本書3 - 12ページにてコスプレ写真掲載。
  • 『うしじまいい肉』伊佐美ノゾミ 著(ヒット出版社ISBN 978-4-89465-530-0
    カバー扉絵、2 - 13ページ、単行本裏表紙にて写真掲載、本書巻末ページにてコメントを寄せている。
  • 『キャラ作画のつぼ ねじれ・くびれ・脱力の描きかた』(グラフィック社、2013年2月25日初版発行 ISBN 978-4-7661-2410-1
    4 - 33ページにて、うしじまのポージングモデルが掲載。34 - 42ページにて、うしじまと漫画家・桂正和とフィギュア造形作家・竹谷隆之との対談が掲載されている。

脚注

  1. ^ 2012年22号
  2. ^ 2013年6月7日号

出典

  1. ^ a b c d 異色のスペシャル対談 うしじまいい肉 × ヤングくん/出張! ヤングくん部”. 月刊チャージャー. 2013年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月15日閲覧。
  2. ^ a b c 岡島紳士 (2009年12月25日). “コスプレイヤーの初DVDが「AmazonアイドルDVDセールスランキング(予約)」1位獲得の快挙! うしじまいい肉が自主制作にこだわる理由”. メンズサイゾー. 2014年1月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 上原理 (2011年2月5日). “カリスマコスプレイヤーうしじまいい肉さんのプロフェッショナルな流儀”. Kotaku. 2013年10月12日閲覧。
  4. ^ うしじまさん”. うしじま いい肉. 2013年10月12日閲覧。
  5. ^ うしじまいい肉 (2012年12月18日). “うしじまによるうしじまwikipediaを雑誌の企画で自筆で書いたんすよ~ ...”. Twitter. 2013年10月12日閲覧。
  6. ^ a b c ネットで噂のコスプレイヤー・うしじまの本質に迫る独占インタビュー!”. メンズサイゾー (2009年7月16日). 2013年10月17日閲覧。
  7. ^ a b 異色のスペシャル対談 うしじまいい肉 × ヤングくん/出張! ヤングくん部”. 月刊チャージャー. 2013年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月15日閲覧。
  8. ^ a b c うしじまいい肉「露出度98%よ!」”. デイリースポーツ (2011年9月2日). 2011年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月23日閲覧。
  9. ^ USHIJIMA IN GOTHIC LOLITA. WALKING HER DOG(うしじまいい肉 デジタル写真集)”. amazon.co.jp. 2013年10月15日閲覧。
  10. ^ 限界露出で生着替え! "過激すぎるレイヤー"うしじまいい肉がニコ生に降臨”. マイナビニュース (2012年11月4日). 2013年10月12日閲覧。
  11. ^ a b うしじまの生着替え中継に4万9000人”. 日刊スポーツ (2012年11月3日). 2012年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月12日閲覧。
  12. ^ 田口こくまろ (2013年9月26日). “電撃BiS階段から中川翔子、初音ミクまで…なんでもアリだったフェス『夏の魔物』の新しさ”. Real Sound / サイゾー. 2013年10月13日閲覧。
  13. ^ NICE IDOL(FAN) MUST PURE!!!. “NICE IDOL(FAN) MUST PURE!!!”. Amazon.co.jp. 2013年10月15日閲覧。
  14. ^ いびつ×うしじまいい肉の官能グラビアがヤンチャンに”. コミックナタリー (2012年10月23日). 2013年10月15日閲覧。
  15. ^ FRIDAY 2013年6月7日号”. 講談社. 2013年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月15日閲覧。
  16. ^ 伊佐美ノゾミ、2011、『うしじまいい肉』、ヒット出版社
  17. ^ a b c バージェスモンスターズ エロ漫画家 伊佐美ノゾミのなんでもない日常 うしじまいい肉”. 伊佐美ノゾミ (2010年8月25日). 2013年10月15日閲覧。
  18. ^ バージェスモンスターズ エロ漫画家 伊佐美ノゾミのなんでもない日常 うしじまいい肉act2”. 伊佐美ノゾミ (2010年12月13日). 2013年10月15日閲覧。
  19. ^ バージェスモンスターズ エロ漫画家 伊佐美ノゾミのなんでもない日常 増刷決定!!”. 伊佐美ノゾミ (2011年9月21日). 2013年10月15日閲覧。
  20. ^ バージェスモンスターズ エロ漫画家 伊佐美ノゾミのなんでもない日常 9月30日発売「うしじまいい肉」単行本表紙”. 伊佐美ノゾミ (2011年9月20日). 2013年10月15日閲覧。
  21. ^ アニメソング・カバーアルバム「I LOVE TOKYO~FOR ANIME MUSIC LOVERS~」”. ライブドアニュース (2011年10月6日). 2013年10月12日閲覧。
  22. ^ I LOVE TOKYO - 最新情報”. 日本クラウン株式会社 クラウンレコード. 2013年10月12日閲覧。
  23. ^ うしじまいい肉 (2014年4月4日). “大体フライデーとかに勝手に記事載せられたことないし 全部謝礼貰ってる取材だからさあ 勝手に書かれるのと仕事の取材は全然違うのも分かんないのかな”. Twitter. 2014年4月6日閲覧。
  24. ^ 異色のスペシャル対談 うしじまいい肉 × ヤングくん/出張! ヤングくん部”. 月刊チャージャー. 2013年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月15日閲覧。
  25. ^ a b c 台湾警察がパンツ丸見えの“うしじまいい肉”に激怒”. livedoorニュース. 2016年3月26日閲覧。
  26. ^ 有名コスプレイヤー『うしじまいい肉』さんが台湾でもエロすぎる件”. ロケットニュース24. 2016年8月25日閲覧。
  27. ^ 「五十隻馬」褻瀆警車 警方展開究責行動”. 東森新聞 (2012年2月11日). 2016年3月29日閲覧。
  28. ^ うしじまいい肉もチラリ…ワンフェス2013冬【コスプレ画像集】”. SPA! (2013年2月14日). 2013年6月23日閲覧。
  29. ^ about”. PredatorRat. 2013年10月12日閲覧。
  30. ^ うしじまいい肉 (2013年10月12日). “うしじまいい肉 (PredatorRat)さんはTwitterを使っています”. Twitter. 2013年10月12日閲覧。
  31. ^ a b うしじまいい肉がじぶんをとる うしじまのやっていることの全容”. うしじまいい肉 (2013年6月30日). 2013年10月12日閲覧。
  32. ^ 有名コスプレイヤーうしじまによる「綾波レイ(グレンラガンヨーコバージョン)」のコスプレ”. GIGAZINE (2011年7月26日). 2016年12月29日閲覧。
  33. ^ うしじまいい肉もチラリ…ワンフェス2013冬【コスプレ画像集】”. 日刊SPA! (2013年2月14日). 2016年12月29日閲覧。
  34. ^ ThE ParKa EmpirE NO.1”. 駿河屋. 2016年12月29日閲覧。
  35. ^ 動画集 DVD-R版”. 駿河屋. 2016年12月29日閲覧。
  36. ^ HOOTERS 東京に現る”. 駿河屋. 2016年12月29日閲覧。
  37. ^ うしじまいい肉: PCソフト”. Amazon.co.jp. 2016年12月29日閲覧。
  38. ^ PREDATOR RAT”. まんだらけ. 2016年12月29日閲覧。
  39. ^ うどん(一迅社 ぱれっと編集部) (2013年4月8日). “【コラム・ネタ・お知らせ】 一迅社「氷室の天地」最新単行本/うしじまいい肉さん写真集のお知らせですよー”. アキバblog. 2013年10月13日閲覧。

外部リンク