田中長兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たなか ちょうべえ
田中 長兵衛
Chobei Tanaka.jpg
生誕1834年天保5年)
日本の旗 遠江国
死没1901年明治34年)11月7日
職業実業家
著名な実績日本初の民間製鉄所の設立
配偶者みな
子供安太郎(長男)、うた(長女)、モト(茂登子、次女)、きち(三女)、長三郎(次男)

田中 長兵衛(たなか ちょうべえ、天保5年(1834年) - 明治34年(1901年11月7日)は、日本商人実業家。日本で初めて洋式の民間製鉄所を設立するなど、日本近代製鉄の礎を築いた。

生涯[編集]

商人としての成り立ち[編集]

天保5年(1834年遠江国(今の静岡県)の生まれ。若くして江戸へ出た長兵衛は、8代将軍吉宗の時代以前から日本橋横山町で代々「鉄屋」の看板を掲げていた鉄・銅物商の喜兵衛(よしべえ 1819年 - 1876年)[注 1]の元で修行を積む。安政の頃(安政年間 1854年 - 1859年)には「鉄屋」長兵衛[注 2]として独立、麻布飯倉で金物商を始めた。商売熱心な長兵衛はやがて近くの三田にある薩摩藩邸(島津家)に出入りを許されるようになったが、これは薩摩藩士の伊集院兼常[注 3]が面倒を見てくれた[1]とされる。 薩摩藩兵糧方となった長兵衛は京橋北紺屋町の大根河岸に店を移転し、米穀類の商いにも手を広げていった。安政5年(1858年)には妻・みな(吉田家)との間に、後に二代目長兵衛の名を継ぐことになる長男・安太郎が生まれ、その後も合わせて計二男三女を授かる。

田中本店。大正12年(1923年)の関東大震災にて焼失。

維新後の明治3年からは平民苗字許可令により「田中」の苗字を名乗るも屋号は引き続き「鉄屋」とし、伊集院兼常や西郷隆盛、後に第6代内閣総理大臣となる松方正義ら旧薩摩藩士との人脈を生かし、陸海軍御用達商人として主に造船用の鉄材や食糧を調達することで大きく成功した。同時代の侠客として知られる清水の次郎長とも交友があったと伝わる。

製鉄事業との関わり[編集]

1883年(明治16年)、わずか5年前の1878年(明治11年)に当時の官業でも最大規模の238万円もの大金を投じて建設された2基の大型コークス高炉を持つ官営釜石製鉄所がその失敗に伴い廃業となると、その翌年工部省より払い下げを打診された。娘婿にして田中商店の番頭格、横須賀支店長でもあった横山久太郎(よこやまきゅうたろう、1855年 - 1921年)と共に岩手県釜石へ赴き工場跡を視察すると、機械類は壊れ溶鉱炉の内部に銑鉄の塊が打ち捨てられたままになっており、見るに忍びない様相であったものの、鉱山自体は豊富な埋蔵量があるのではないかと見て取れた。かねてから鉄材国内生産の必要性を強く感じていた横山久太郎や自身の長男安太郎に製鉄事業の再建を訴えられた長兵衛は、見込み無しとして当初はこれを退けていた[注 4]。困難は明らかだったものの、粘り強い説得を受けてついにこれを許可することになった。

1884年(明治17年)末、長兵衛は横山久太郎を現場の総責任者に据え、工部省より釜石の土地1,000坪余りを借用すると共に、鉄鉱石5,000トン、他木炭等の払い下げを受ける。新しく2基の小型高炉も建造し、そのうち1基は近代製鉄業の第一人者大島高任がかって建造したのと同じ型のものとした。そして1885年(明治18年)1月より、いよいよ官が挫折した製鉄業への民間での挑戦が開始される。

しかし現場の並ならぬ忍耐と努力をもってしても道程は困難を極め、失敗が続くこと実に46回、1886年(明治19年)7月に長兵衛はついに横山久太郎に「スグジョウキョウセヨ」という電報を送り付けた。

上京する横山より現場を託された高炉操業主任の高橋亦助は、何とか成功させたいという思いから横山不在の間にも2度の操業を試みるがいずれも失敗に終わる。やがて長兵衛自ら釜石に赴くという知らせが入り、それまでは待つしかないと考えた高橋亦助は苦渋の決断の末に全従業員を集めて休業と解雇を告げた。この晩、高橋亦助の夢に不思議な老人が現れ、これまで良い鉱石として使用していたものを不良だと言い、不良だとしていたものこそが真に良い鉱石だと告げて消え去ったという[3]

その翌朝、高橋亦助の元に昨日解雇した従業員一同が訪れた。そして、度重なる失敗に解雇も仕方が無いとは思うが、このまま終わるにはどうしても諦めきれない。家族に食べさせる食糧さえあれば賃金は要らないのでどうか今一度頑張らせて欲しい、と懇願した。さらに彼らは、これまで不良として使われなかった鉱石をぜひ試してほしいと言う。夢の話との奇妙な一致にもう一度挑戦することを決めた高橋亦助が従業員と共に迎えた通算49回目、鉄は途切れることなく流れ出し、長い苦難の道を経てついに成功するに至った。この日、1886年(明治19年)10月16日は日本の製鉄史に残る日として、後に釜石製鉄所の創業記念日となった。

知らせを受けた東京の長兵衛は大いに喜び、横山久太郎を初代の所長として釜石鉱山田中製鉄所を発足、自身は社長に就任した。1887年(明治20年)2月には当時蔵相をしていた松方正義に上願書を提出、用地、建物、機械類等全ての払い下げを受けて本格的に操業を開始。この後も数々の苦難を乗り越え、日本の銑鉄供給に大きな役割を果たす。

1890年(明治23年)には大阪砲兵工廠において当時世界的に評価の高かったイタリアのグレゴリーニ製銑鉄よりも釜石製銑鉄の方が弾丸用としてより優れていることが証明されている[4]

明治27年(1894年)に操業開始し、大正後期まで稼動した栗橋分工場。

釜石鉱山製鉄所の操業以後[編集]

1888年(明治20年)7月には大橋分工場、1892年(明治25年)には栗橋分工場の建設に着工。1894年(明治27年)には全国の銑鉄生産の6割以上を釜石鉱山製鉄所が占めていた。1893年(明治26年)には、日本で3番目の鉄道として1880年(明治13年)9月に開業したものの、官営製鉄所の廃止で運行停止していた釜石鉱山鉄道馬車鉄道として再開業させる。

1896年(明治29年)には前年より日本領となった台湾北部にて金瓜石鉱山の採掘権を取得し田中組を組織、小松仁三郎を所長として採掘を始めた。 日本の近代製鉄の礎を築いた釜石鉱山田中製鉄所からは、1901年(明治34年)の官営八幡製鉄所操業開始に当たっても、選抜された7名の優秀な高炉作業者が派遣され、熟練の技術が伝えられている。

1901年(明治34年)[注 5]11月7日、67歳で没する。初代長兵衛は世田谷区烏山にある称往院に葬られた。そこにはひときわ大きな墓が存在感を放っており、墓碑の隣には田中家所有の諸鉱山で薨れた人々を供養するための石塔が建てられている[5]。 長男の安太郎は二代目・田中長兵衛を襲名し社長に就任。釜石の鉱山と製鉄所をさらに発展させた。

1917年(大正6年)初代田中長兵衛と横山久太郎の銅像が製鉄所構内に建てられる。戦時中の1941年(昭和16年)には供出により失われるも、戦後の1950年(昭和25年)には当時釜石製鉄所を運営していた富士製鐵(後の新日本製鐵)によって再建された。釜石製鉄所の構内には今も[注 6]2人の銅像が並び立っている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 長兵衛は(おそらく)親戚筋の喜兵衛を頼って江戸に上ったと思われる[1]
  2. ^ 田中家に婿養子に入ったとも言われる。(長兵衛の本姓は新井との説も有り)
  3. ^ 鹿鳴館の建設に携わり、七代目小川治兵衛の作庭にも大きな影響を与えたとされる。
  4. ^ 当時の大実業家、渋沢栄一古河市兵衛でも釜石の再建には二の足を踏んでいた。[2]
  5. ^ 奇しくもこの年は同じ釜石の地で近代製鉄の第一人者として足跡を残した大島高任の没年でもある。
  6. ^ 2020年9月現在。

出典[編集]

  1. ^ a b 三枝 1954, p. 22.
  2. ^ 富士製鉄釜石 1955, p. 42.
  3. ^ 富士製鉄釜石 1955, p. 46.
  4. ^ 三枝 1954, p. 33.
  5. ^ 鉄鋼界 1976, p. 44.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『釜石製鉄所七十年史』富士製鉄釜石製鉄所、1955年。 NCID BN05767130 
  • 岡田益男 『東北開発夜話』第2巻 河北新報社、金港堂出版(1977年再刊)。
  • 三枝博音, 鳥井博郎 『日本の産業につくした人々』毎日新聞社、1954年。 NCID BN09560178 
  • 『鉄鋼界 26(4)』日本鉄鋼連盟、1976年。doi:10.11501/3339229