明石照男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あかし てるお
明石 照男
生誕 (1881-03-30) 1881年3月30日
岡山県備前市
死没 (1956-09-29) 1956年9月29日(75歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 実業家/銀行家/貴族院議員
肩書き日本経済団体連合会顧問
日本経営者団体連盟顧問

明石 照男(あかし てるお、1881年3月30日 - 1956年9月29日)は、岡山県和気郡英保村(現・備前市吉永町)出身の実業家銀行家

来歴[編集]

1881年3月、和気郡英保村(現備前市吉永町)で生まれる[1]。大学は東京帝国大学へ進学[1]する。成績が優秀だった[1]事から、渋沢栄一に認められ、三女、愛子の娘婿となった[1]。欧米へ留学後、第一銀行へ入行[1]。昇進し、1935年頭取[1]となる。1943年三井銀行との合併により帝国銀行の会長となる。1945年には貴族院議員に任じられ、1946年4月17日に辞任した[2]

引退後は、渋沢青潤記念財団竜門社の常任顧問をはじめ清水建設相談役、日本経済団体連合会顧問、日本経営者団体連盟顧問や世話役を務めた[1]

1956年9月29日死去。享年76。

著書[編集]

  • 『明治銀行史』改造社、1935年。
  • 『大正銀行史概観』東京銀行集会所、1937年。
  • 『青淵渋沢栄一 思想と言行』渋沢青淵記念財団龍門社、1951年。
  • 『三聖人の経済道徳観 断片集』渋沢青淵記念財団竜門社、1952年。
  • 『日本金融史 (第1巻) 明治編』(鈴木憲久 共著)東洋経済新報社、1957年。
  • 『日本金融史 (第2巻) 大正編』(鈴木憲久 共著)東洋経済新報社、1958年。
  • 『日本金融史 (第3巻) 昭和編』(鈴木憲久 共著)東洋経済新報社、1958年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『岡山人名辞典』5頁。
  2. ^ 『官報』第5781号、昭和21年4月25日。

参考文献[編集]

  • 吉岡三平 監修『岡山人名辞典』 日本文教出版、1978年。

関連項目[編集]