生命の樹 (旧約聖書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギカティラリキウス訳書に描かれたセフィロト[1][2]

生命の樹(せいめいのき、英語: Tree of Life)は、旧約聖書創世記(2章9節以降)にエデンの園の中央に植えられた木。命の木とも訳される。生命の樹の実を食べると、神に等しき永遠の命を得るとされる。

ユダヤ教のカバラではセフィロトの木(英語: Sephirothic tree)とも呼ばれ、宇宙万物を解析する為の象徴図表に位置付けられている。

ヤハウェ・エロヒム(エールの正式名、日本語では主なる神と訳されている)がアダムとエバをエデンの園から追放した理由は、知恵の樹の実を食べた人間が、生命の樹の実までも食べて永遠に生きる事ことがないようにするためであったとされる[3]

旧約聖書創世記における「命の木」[編集]

  • 聖書協会共同訳聖書創世記2章9節
    神である主は、見るからに好ましく、食べるのに良さそうなあらゆる木を地から生えさせ、園の中央には、命の木と善悪の知識の木を生えさせた。
  • 新共同訳聖書創世記2章9節
    主なる神は、見るからに好ましく、食べるに良いものをもたらすあらゆる木を地に生えいでさせ、また園の中央には、命の木と善悪の知識の木を生えいでさせられた。
  • 口語訳聖書創世記2章9節
    また主なる神は、見て美しく、食べるに良いすべての木を土からはえさせ、更に園の中央に命の木と、善悪を知る木とをはえさせられた。
  • 聖書協会共同訳聖書創世記3章22節
    神である主は言われた。「人は我々の一人のように善悪を知る者となった。さあ、彼が手を伸ばし、また命の木から取って食べ、永遠に生きることがないようにしよう。」
  • 新共同訳聖書創世記3章22節
    主なる神は言われた。「人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。今は、手を伸ばして命の木からも取って食べ、永遠に生きる者となるおそれがある。」
  • 口語訳聖書創世記3章22節
    主なる神は言われた、「見よ、人はわれわれのひとりのようになり、善悪を知るものとなった。彼は手を伸べ、命の木からも取って食べ、永久に生きるかも知れない」。
  • 聖書協会共同訳聖書創世記3章24節
    神は人を追放し、命の木に至る道を守るため、エデンの園の東にケルビムときらめく剣の炎を置かれた。
  • 新共同訳聖書創世記3章24節
    こうしてアダムを追放し、命の木に至る道を守るために、エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた。
  • 口語訳聖書創世記3章24節
    神は人を追い出し、エデンの園の東に、ケルビムと、回る炎のつるぎとを置いて、命の木の道を守らせられた[4]

セフィロトの樹[編集]

図式化したセフィロトの樹
リキウスのセフィロト[1][2]
キルヒャーのセフィロト[5][6]
フラッドのセフィロト[7]

セフィロトの樹(: Sefirot)は、ユダヤ教神秘思想カバラにおいて、10個のセフィラと22個の小径(パス)により図式化された世界創世の象徴。2世紀の教典『形成の書』によって述べられた世界の創造が、13世紀の文献『ゾーハル』において象徴化され、ヨゼフ・ギカティラなどのカバリストよって研究された。近代以降の西洋魔術、特に黄金の夜明け団などではタロットカードと結びつけて研究が行われていたことでも知られる。「セフィロトの樹」の成り立ちはユダヤ教の「生命の樹」とは異なるものであるが、この二つを同一のものとみなす考えも存在する[8]

セフィロトとは「数える」を意味するヘブライ語「セフィラ」(Sefirah)から派生した言葉で、2~6世紀ころに成立したとされる『形成の書』で初めて使用された。形成の書には10のセフィロトと22のヘブライ文字を用いて神が宇宙を創造したことが書かれている[9]

13世紀のユダヤ教のラビモーシェ・デ・レオンによって書かれた『ゾーハル』は、1280年代のスペインで発見された。このゾーハルのなかで、セフィロトは世界を象徴する概念として説明された。ヨゼフ・ギカティラゾーハルに述べられたカバラの象徴的体系を研究し、『光の門』(Sha'arei Orah)[10]としてゾーハル発見の数年後に出版した[9]。この研究書は1516年にパウルス・リキウス(Paulus Riccius)により一部がラテン語訳され『光の門:義人が入るテトラグラマトンの門』(Portae lucis: Hecet porta Tetragrammaton iusti intrabunt per eam)としてドイツで出版された。このリキウスの訳書の表紙にはレオンハルト・ベックの木版画によるセフィロトの樹が描かれている[1][2]

三種の無(アイン)[編集]

  • アイン(Ain)は「無」と訳され、0と表記される。
  • アイン・ソフ(Ain Soph)は「無限」と訳され、00と表記される。
  • アイン・ソフ・オウル(Ain Soph Aur)は「無限光」と訳され、000と表記される。

アインからアイン・ソフが生じ、アイン・ソフからアイン・ソフ・オウルが生じた。アイン・ソフ・オウルから後述のケテルが流出した。

十個の球体(セフィラ)[編集]

右図の天頂の白丸のセフィラ(ケテル)から右下の灰色丸(コクマー)、左の黒丸(ビナー)、右下の青丸(ケセド)、左の赤丸(ゲブラー)、右下の黄丸(全体の中央でティフェレト)、右下の緑丸(ネツァク)、左の橙丸(ホド)、右下の紫丸(イェソド)を経て、いわゆる、ジグザグに進み、最終の虹色丸(マルクト)のセフィラへと至る。なお、第3から第4のセフィラの間に隠されたダアト(右図では点線丸)というセフィラがある。

ケテル(Keter、王冠と訳される)
第1のセフィラ。思考や創造を司る。数字は1宝石ダイアモンドを象徴する。惑星は海王星を象徴し、の横顔で表される。神名はエヘイエー。守護天使メタトロン。同時に最後のとして称されるマルクトと通じ合っている。
コクマー(Chokhmah、知恵と訳される)
第2のセフィラ。数字は2、色は灰色、宝石はトルコ石を象徴する。惑星は天王星を象徴し、至高のと呼ばれ、男性原理を象徴する。神名はヨッド。守護天使はラツィエル
ビナー(Binah、理解と訳される)
第3のセフィラ。数字は3、色は、宝石は真珠金属惑星土星を象徴する。至高のと呼ばれ、女性原理を象徴する。成熟した女性で表される。神名はエロヒム。守護天使はザフキエル
ケセド(Chesed、慈悲と訳される)
第4のセフィラ。ケセドはゲドゥラーとも呼ばれる。数字は4、色は、金属は図形正四面体、宝石はサファイア、惑星は木星を象徴する。王座に座ったで表される。神名はエル。守護天使はザドキエル
ゲブラー(Gevurah、峻厳と訳される)
第5のセフィラ。数字は5、色は、図形は五角形、金属は、宝石はルビー、惑星は火星を象徴する。天空の外科医と呼ばれることもある。神名はエロヒム・ギボール。守護天使はカマエル
ティファレト(Tiphereth、美と訳される)
第6のセフィラ。生命の樹の中心に位置している。数字は6、色は、金属は、惑星は太陽太陽も惑星と見なす)を象徴する。神名はエロハ。守護天使はミカエル
ネツァク(Netzach、勝利と訳される)
第7のセフィラ。数字は7、色は、金属は、宝石はエメラルド、惑星は金星を象徴する。全裸の女性で表される。神名はアドナイ・ツァバオト。守護天使ハニエル
ホド(Hod、栄光と訳される)
第8のセフィラ。数字は8、色は橙色、金属は水銀、惑星は水星を象徴する。神名はエロヒム・ツァバオト。守護天使はラファエル
イェソド(Yesod、基礎と訳される)
第9のセフィラ。アストラル界を表す。数字は9、色は、金属は、惑星は(月も惑星と見なす)を象徴する。裸の男性で表される。神名はシャダイ・エル・カイ。守護天使はガブリエル
マルクト(Malkuth、王国と訳される)
第10のセフィラ。物質的世界を表す。数字は10、色はレモン色オリーブ色小豆色の四色、宝石は水晶、惑星は地球を象徴する。王座に座った若い女性で表される。神名はアドナイ・メレク。守護天使はサンダルフォンとされるが、シェキナ(メタトロンと対をなす神の女性的顕現)であるとする意見もある。
ダアト(Da'at、知識と訳される)
隠れたセフィラ。ダートと表記されることもある。惑星は冥王星を象徴する。他のセフィラとは異なる次元の存在であり、至高の三角とその下位存在を隔てている深淵(アビス)にあるものとされる。他のセフィラの完全体・共有体という説もある。隠された意味は悟り、気づき、神が普遍的な物に隠し賢い者は試練として見つけようとした「神の真意」という意味である。2006年に冥王星が惑星から準惑星に区分されたことは、ダアトとの照応の合理性を示したものとして受け止められている。

二十二本の小径(パス)[編集]

右に記載しているのは、対応する大アルカナ

  • アレフ (ケテル → コクマー)愚者
  • ベート (ケテル → ビナー)魔術師
  • ギーメル (ケテル → ティファレト)女教皇
  • ダレット (コクマー → ビナー)女帝
  • ヘー (コクマー → ティファレト)皇帝
  • ヴァヴ (コクマー → ケセド)教皇
  • ザイン (ビナー → ティファレト)恋人
  • ヘット (ビナー → ゲブラー)戦車
  • テット (ケセド → ゲブラー)
  • ヨッド (ケセド → ティファレト)隠者
  • カフ (ケセド → ネツァク)運命の輪
  • ラメド (ゲブラー → ティファレト)正義
  • メム (ゲブラー → ホド)吊された男
  • ヌン (ティファレト → ネツァク)死神
  • サメフ (ティファレト → イェソド)節制
  • アイン (ティファレト → ホド)悪魔
  • ペー (ネツァク → ホド)
  • ツァディー (ネツァク → イェソド)
  • コフ (ネツァク → マルクト)
  • レーシュ (ホド → イェソド)太陽
  • シン (ホド → マルクト)審判
  • タヴ (イェソド → マルクト)世界

三つの柱[編集]

  • ビナー、ゲブラー、ホドからなる左のは峻厳の柱と呼ばれる。
  • コクマー、ケセド、ネツァクからなる右の柱は慈悲の柱と呼ばれる。
  • ケテル、ティファレト、イェソド、マルクトからなる中央の柱は均衡の柱と呼ばれる。

三つ組[編集]

  • ケテル、コクマー、ビナーからなる三角形は至高の三角形と呼ばれる。ロゴスの三角形と呼ばれることもある。
  • ケセド、ゲブラー、ティファレトからなる三角形は倫理的三角形と呼ばれる。
  • ネツァク、ホド、イェソドからなる三角形は星幽的三角形と呼ばれる。魔術的三角形と呼ばれることもある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Joseph ben Abraham Gikatilla 大英博物館
  2. ^ a b c ギカティラ (13世紀)、リキウス訳 (1516年)『光の門』
    Paulus Riccius (1516) Portae Lucis... Scribd
  3. ^ 創世記(口語訳)#3:22
  4. ^ 創世記(口語訳)#3:24
  5. ^ Athanasius Kircher (1653). Oedipus Aegyptiacus Vol II Part I. p. 289. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k111867w.r  フランス国立図書館
  6. ^ アタナシウス・キルヒャー『エジプトのオイディプス』(1652-55年)
    Athanasii Kircheri e Soc. Iesu, Oedipus Aegyptiacus インターネットアーカイブ
  7. ^ ロバート・フラッド『両宇宙誌』(1617-21年)
    Utriusque cosmi maioris scilicet et minoris metaphysica, physica atque technica historia インターネットアーカイブ
  8. ^ Flower of Life. 1. Light Technology Publishing. (1999). ISBN 1891824171 
  9. ^ a b 箱崎総一『カバラ:ユダヤ神秘思想の系譜』
  10. ^ Shaarei Orah - Sefaria

参考文献[編集]

関連項目[編集]

生命の木と呼ばれるもの