形成の書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

形成の書(けいせいのしょ、סֵפֶר יְצִירָה セーフェル・イェツィラーイェツィラーの書創造の書 とも)とは、ユダヤ教神秘主義思想カバラの基本教典の一つ。伝承によればユダヤ人の祖であるアブラハムの作品とも言われるが、120年頃ラビ・アキバにより成立したものとするのが通説である。また、3世紀から6世紀にかけてと製作されたという異説もある。

10の「数」(によって象徴される4つの根源的元素と6つの方位)と22の「文字」(によって象徴される元素)を用いた、神による世界の創造を描く。また、この「数」と「文字」を合わせて「33の智恵の経路」とも総称する。

この「数」の原語はセフィラ(סְפִירָה)であるが、この単語を「創造の段階」の意味で用いた最初のカバラ文献として重視される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]