女教皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウェイト版タロットの女教皇
マルセイユ版タロットの女教皇

女教皇(おんなきょうこう/じょきょうこう、:The High Priestess, :La Papesse)は、タロット大アルカナに属するカードの1枚。高等女司祭(こうとうおんなしさい)や女司祭長(おんなしさいちょう)と呼ばれることもある。

カード番号は「2」。前のカードは「1 魔術師」、次のカードは「3 女帝」。

カードの意味[編集]

正位置の意味
直感、知性、安心、満足、期待、聡明、雰囲気。
逆位置の意味
悲観、無気力、無神経、現実逃避、疑心暗鬼、ヒステリー

アーサー・エドワード・ウェイトタロット図解における解説では「秘密・神秘・英知」を意味するとされる。

カバラとの関係[編集]

ヘブライ文字はギーメル(ג)、ただし複数の異説がある。「黄金の夜明け団」の説ではケテルとティファレトのセフィラを結合する経に関連付けられている。

占星術との対応[編集]

以下のような諸説がある。

寓画の解釈[編集]

伝説上の人物・女教皇ヨハンナをモチーフとすると言われる。カトリック教会では女性が司祭以上の職に就くことを認めていないため、カトリックの世界では現実には有り得ないものとして扱われる「女教皇」はしばしば「反ローマ教皇」の象徴とされる。マルセイユ版に描かれる「女教皇」は同版の「教皇」と同じような被り物(教皇冠)を頭に乗せ、この女性が最も高い位の人物であることを表す。被り物の内側から頭全体を覆う白いベールから、この女性が修道女あるいはといった聖職に就いていることを示し、同時に処女であることを表現している。女性の持つ書物はトーラの書であると解釈されるのが一般的であり「高度な知識や学問の象徴」とされる。

ウェイト版タロットの黒い柱にある「B」は「ボアズ (Boaz)」で闇を、白い柱にある「J」は「ヤヒン (Jachin)」で光を意味する。それぞれエルサレム神殿にあったとされる同名の柱に由来するイメージである。マルセイユ版では、描かれる書物が観る者の側に開かれ、その知識を授けようとしている構図なのに対し、ウェイト版ではベールで半分隠れている。これは「宇宙の真理というものは、人間には容易に理解できない」ことを意味する。

脚注[編集]

  1. ^ エトワール舟黎は乙女座とするがこれはC・C・ザインと同説である。
  2. ^ 黄金の夜明け団」では月とするがこれはそれ以前からの古い説を踏襲したものである。
  3. ^ 形成の書』に基づく説という。
  4. ^ 日本の辛島宜夫は水星を主とした上で月も加えた。

外部リンク[編集]