ソード (タロット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソードのエース(手前一番上、マルセイユ版

ソードswords)は、タロット小アルカナにおける4大スートの1つで、を象っている。一般的に普及しているプレイング・カードスペードに相当する[1][2]。現代のタロティストの主流の解釈では、四大元素の「風」(空気)を象徴するスートである[3]

カードの種類と意味[編集]

アーサー・エドワード・ウェイトの『タロット図解』において解説されている意味は以下の通りである。

ピップ(数字札)[編集]

ソードのエース
「ソードの1」とも。力の勝利、愛や憎しみにおける大きな力。
ソードの2
均衡、条件付きの調和。
ソードの3
撤退、断絶、悲しみ、未熟。
ソードの4
退却、隠遁、墓、棺。
ソードの5
堕落、廃止、損失、荒廃。
ソードの6
仕事をやりこなす、仲介者、得策。
ソードの7
企画、計画。
ソードの8
拘束された力、非難、悪いニュース。
ソードの9
失望、幻滅。
ソードの10
荒廃、苦痛。

コート(人物札)[編集]

ソードのペイジ
監視、警戒、スパイ、試験。
ソードのナイト
勇ましさ、激怒。
ソードのクイーン
貞淑で悲しみ多き女性、未亡人、喪失。
ソードのキング
裁判官、正義、権威、命令。

[編集]

  1. ^ A・E・ウェイトの『タロット図解』は、農民の六尺棒(あるいは棍棒)を騎士の剣 (the weapon of chivalry) になぞらえ、タロットのソードをプレイング・カードのクラブに対応させている(Waite, A. E. (1911). “The Four Suits”. The Pictorial Key to the Tarot. http://www.sacred-texts.com/tarot/pkt/pkt0103.htm. )。
  2. ^ 伊泉龍一 『タロット大全 - 歴史から図像まで』 紀伊國屋書店、2004年、308頁。
  3. ^ 前掲書、22-23頁。

外部リンク[編集]