濱田真由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
濱田 真由 Taekwondo pictogram.svg
個人情報
生誕名 濱田 真由
フルネーム はまだ まゆ
国籍 日本の旗 日本
生誕 1994年1月31日(22歳)
日本の旗 日本佐賀県佐賀市
身長 174 cm (5 ft 9 in)
体重 56 kg (123 lb)
スポーツ
日本の旗 日本
競技 テコンドー
種目 女子57kg級
クラブ 信光テコンドークラブ

濱田 真由(はまだ まゆ、1994年1月31日 - )は、日本テコンドー選手(WTF)。佐賀県佐賀市出身。佐賀県立高志館高等学校卒業。元ベストアメニティ所属。徳山大学在学中。

経歴[編集]

兄の影響で小学1年生からテコンドーをはじめ[1]、高校入学以降は現役を引退した佐賀出身で元日本代表の古賀剛から指導を受ける[2]

佐賀県立高志館高等学校在学中の2010年3月、世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得[3]2011年2月に全日本テコンドー選手権大会初出場で初優勝を達成。11月27日、ロンドンオリンピックアジア地区予選女子57キロ級で3位に入り、日本のオリンピック出場枠を獲得、その後テコンドー史上日本勢最年少の17歳でオリンピック出場が内定[4]

2012年4月、高校を卒業した後ベストアメニティに入社。クラブチームに所属して競技活動をする選手が多い中、同社に社員として勤めながら練習に励んでいる[5]。8月9日、ロンドンオリンピックでは初戦でザニノビチ(クロアチア)に14-11勝利したが、準々決勝で金メダルを獲得したジョーンズ(イギリス)に3-13で敗れた。その後、敗者復活戦でグラドビッチ(セルビア)に15-2で勝利して3位決定戦に進出し、フランスのアルノワに8-12で敗れてメダル獲得はならなかったが5位入賞。

2013年の世界テコンドー選手権大会メキシコプエブラ)女子57kg級では決勝に進出し、優勝を賭けた一戦でキム・ソヒ大韓民国)に敗れたが銀メダルを獲得した[6]

2015年の世界テコンドー選手権大会ロシアチェリャビンスク)女子57kg級の決勝に進出し、世界ランク2位のエバ・カルボ・ゴメススペイン)を降し、世界選手権大会において日本人初の金メダルを獲得した[7]

2014年にベストアメニティ在職中のまま教育免許取得のため徳山大学に進学[8]、さらに2015年には競技に専念するためプロ転向を決意し、ベストアメニティを退社した[9]。なお、練習は一貫して佐賀市内の道場でおこなっている。

戦歴[編集]

2009年
  • 第5回アジアジュニアテコンドー選手権 女子49キロ級 - 3位
2010年
  • 第8回世界ジュニアテコンドー選手権 女子49キロ級 - 3位
2011年
  • 第4回全日本テコンドー選手権大会 女子57キロ級 - 優勝
  • 2012ロンドンオリンピックアジアテコンドー予選トーナメント 女子57キロ級 - 第3位
2012年
  • 第5回全日本テコンドー選手権大会 女子57キロ級 - 優勝
  • 第20回アジアテコンドー選手権 女子57キロ級 - 3位
  • ロンドンオリンピック 女子57キロ級 - 5位入賞
  • 第7回慶州韓国オープン国際テコンドー選手権大会 - ジュニア女子55キロ級 - 優勝
2013年
  • 第6回全日本テコンドー選手権大会 女子57キロ級 - 優勝
  • 第21回世界テコンドー選手権大会 女子57キロ級 - 2位
  • 第6回東アジア競技大会 女子57キロ級 - 優勝
2014年
  • 第7回全日本テコンドー選手権大会 女子57キロ級 - 優勝
  • 第21回アジアテコンドー選手権大会 女子57キロ級 - 2位
2015年

脚注[編集]

外部リンク[編集]