湯沢 - 秋田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湯沢 - 秋田線(羽後交通)

湯沢 - 秋田線(ゆざわ・あきたせん)は秋田県湯沢市横手市秋田市を結ぶ高速バスである。予約不要。

運行会社[編集]

運行経路[編集]

湯沢営業所 - 湯沢駅前角 - 表町 - 岩崎 - 道の駅十文字 - 横手バスターミナル - 横手インター入口 - (横手IC) - 平鹿バスストップ - 旭バスストップ - 角間川バスストップ - 南外バスストップ - (秋田南IC) - イオン御所野店前 - 仁井田中丁 - 大野口 - 茨島(ニトリ秋田店側) - 長崎屋バスターミナル - 山王十字路 - 交通公社前 - 秋田駅前 - 八橋市民広場・裁判所

  • 湯沢営業所から横手ICまで(湯沢・横手両市内)と、秋田南ICから八橋市民広場・裁判所前まで(秋田市内)は、国道13号などの一般道路を走行する。横手ICから秋田南ICまでは秋田自動車道を走行する。
  • 部分的にクローズドドアシステムを採用しており、湯沢営業所 - 横手インター入口間は、秋田行は乗車のみ、湯沢行は降車のみ可能。八橋市民広場・裁判所前 - 仁井田中丁間は、湯沢行は乗車のみ、秋田行は降車のみ可能。
  • 途中のトイレ休憩は、西仙北サービスエリアで利用可能。ただし、降車ボタンで運転士に知らせる必要がある。必要としない場合はそのまま通過する。

歴史[編集]

  • 1991年平成3年)7月25日 - 秋田自動車道秋田南IC - 横手IC間開通に伴い、湯沢 - 秋田線運行開始。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 1日8往復に増便(うち4往復は横手発着)。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 全便が湯沢営業所発着となる。
  • 20xx年 - 秋田中央交通担当便が2往復減便、1日6往復となる。
  • 2014年(平成26年)
    • 7月1日 - 羽後交通担当便のうち1往復がこの日より運休、1日5往復となる[1]
  • 2017年(平成29年)
    • 12月1日 - 秋田中央交通担当便を1往復一時運休とし、4往復(秋田1往復、羽後3往復)体制とした。
  • 2018年(平成30年)
    • 4月1日 - 羽後交通担当便の1往復を土日祝日のみ(一部指定期間を除く)の運行とし、平日3往復(秋田1往復、羽後2往復)、土日祝及び一部の指定期間4往復(秋田1往復、羽後3往復)体制とした。

使用車両画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 湯沢秋田線 一部ダイヤの運休について(羽後交通 2014年6月17日、2014年12月7日閲覧)

外部リンク[編集]