浅草観音温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Hot springs 001.svg浅草観音温泉
Asakusa-Kannon-Onsen.JPG
料金 700円(休憩室使用は別途)
営業時間 6:30 - 17:00
(原則として水曜定休)
所在地 東京都台東区浅草2-7-26
座標 北緯35度42分53.66秒
東経139度47分41.97秒
座標: 北緯35度42分53.66秒 東経139度47分41.97秒
交通 つくばエクスプレス 浅草駅から徒歩約4分(その他は#交通を参照)
開業 1957年昭和32年)
廃業 2016年平成28年)6月
湯の特徴 天然温泉ろ過処理)
泉質 重曹泉(ナトリウム - 炭酸水素塩泉)
泉温 26.3
特記事項 開業当初より温泉を使用している
建物の特徴
建築年 1957年(昭和32年)
建築構造・様式 ビル銭湯
特記事項 建物はツタに覆われレトロな雰囲気
テンプレートを表示

浅草観音温泉(あさくさかんのんおんせん)は、東京都台東区にあった温泉銭湯浅草寺の西隣、浅草花やしきの前にあり、早朝から入浴できたが、ボイラー故障のため2016年6月に閉店した。

概要[編集]

浴槽は半円形で、通常の温度のものと高温のものとに区切られていた。また、男性用・女性用の仕切には人魚を描いたタイル絵が掲げられていた。なお、サウナ露天風呂などの付帯設備はないが、2階にはマッサージ室、3階には大広間演芸場(有料休憩室)があった[1](「#館内施設」も参照)。

温泉の特徴
  • 泉質重曹泉(ナトリウム - 炭酸水素塩泉)
  • 泉温:26.3℃(計測時気温32℃)
  • 泉色:元々は黒湯であるが、ろ過しているため無色透明に近い淡黄色であった[1]
※加水はしていないが、源泉の温度が低めのため加温を行っていた。
※循環式のため、保健所の指導により消毒剤を投入していた。

店舗情報[編集]

以下には閉店以前の情報を記載する。

  • 営業時間:6:30 - 17:00
  • 定休日:原則として水曜定休(祝日は営業・前日か翌日休)
  • 入浴料:700円(休憩室使用は別途)

館内施設[編集]

  • 1階:フロント・浴室
  • 2階:マッサージ室(個室アカスリ・マッサージ、入浴料4000円)
  • 3階:大広間演芸場(土日祝日は入浴料込みの1000円で、休憩室として利用可)

交通[編集]

ギャラリー[編集]

参考情報・資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 浅草観音温泉(関東周辺立ち寄り温泉みしゅらん 2004年11月調査)

関連項目[編集]