永田砂知子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永田 砂知子(ながた さちこ、sachiko nagata、女性)は、日本打楽器奏者即興演奏家。鉄のスリットドラム「波紋音」(はもん)のソリストとして日本を中心に国内外で活躍している。ソロ以外にもダンス華道美術、語りなどさまざまな分野アーティストとのコラボレーションを積極的におこなっている。 。

経歴[編集]

幼いころよりピアノに親しみクラシック音楽の基礎を学ぶ。13歳より小宅勇輔に打楽器を学び、東京芸術大学付属高校を経て東京芸術大学器楽科・打楽器専攻を卒業高橋美智子・有賀誠に師事。卒業後クラシックの分野で活動していたが、1990年代より即興ベースの吉沢元治との共演をきっかけに即興演奏によりボーダレスな世界で活動開始。97年に美術家・斉藤鉄平が水琴窟インスピレーションを受けて創作したのスリットドラム「波紋音」に出会い「波紋音」だけを使った演奏活動を始める。ほかにかかわった美術家の創作したサウンドオブジェとして、1995年 - 2005年金沢健一「のかけら」2000年 - 渡辺泰幸「の音」がある。

参加した主な即興のセッション[編集]

バンド活動など[編集]

波紋音の主な演奏会[編集]

講座 ワークショップなど[編集]

アルバム[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]