森安洋文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森安 洋文 Football pictogram.svg
名前
愛称 Hiro
カタカナ モリヤス ヒロフミ
ラテン文字 MORIYASU Hirofumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-04-23) 1985年4月23日(34歳)
出身地 東京都
身長 176cm
体重 71kg
選手情報
ポジション DF / MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2008 JAPANサッカーカレッジ
2009 三菱水島FC 30 (0)
2010 APIAライカート・タイガーズ 18 (5)
2010-2012 シドニーFC 36 (2)
2012 →APIAライカート・タイガーズ (loan) 4 (1)
2012-2014 FC岐阜 35 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年12月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森安 洋文(もりやす ひろふみ、1985年4月23日 - )は、東京都出身の元プロサッカー選手。ポジションはディフェンダー, ミッドフィールダー

来歴[編集]

生い立ち[編集]

香川県高松市に生まれる[1]。1歳の時に父親の転勤でアメリカへ渡り、5歳の時に3歳年上の兄[2] を追ってサッカーを始める[3]。小学1年生で一旦日本に戻り、地元のクラブでサッカーを本格的にやり始める[1]。小学4年生の時に再びアメリカに渡り、中学2年生まで過ごす[4]。中学時代はテキサス州にあるダラス・テキサンスSCに所属していた[1]

高校時代は清水エスパルスユースに所属し[1]、2年生からは右サイドバックのレギュラーとして活躍。3年生の時には国体の静岡県選抜にも選出されるも[3]、トップチーム昇格はかなわなかった。 ユース時代の同期には山本海人阿部文一朗大瀧義史らがいた。

クラブ[編集]

JAPANサッカーカレッジ・三菱水島FC[編集]

高校卒業後の2004年北信越1部リーグJAPANサッカーカレッジに入校[3]、ここで5年間プレーし技術を磨いた。

修了後の2009年JFL三菱水島FCに加入[3]。しかしチームが不況の影響を受けて2009年限りでJFL脱退を決定したことで退団を決める。その後同じJFLのFC町田ゼルビアのセレクションを受けるも不合格[5]

一時は引退を考えて指導者への転身を視野に入れ、清水エスパルスのキッズスクールで2週間研修を受けたが[5]、「このまま引退したら後悔しか残らない」、「まだサッカーがしたい」[6] と現役への思いを再認識し、2010年2月、海外挑戦を決意[3]

APIAライカート・タイガーズFC[編集]

3月、ワーキング・ホリデー・ビザを取得してオーストラリアシドニーへ単身で渡った[3]。少年時代の10年間をアメリカで過ごしていたため、英語は話すことができた[1]。初めにセミプロリーグのNSWプレミアリーグボニーリグ・ホワイトイーグルズFCの練習に参加。しかし2週間経っても連絡はなく[5]、次に同じくNSWプレミアリーグのAPIAライカート・タイガーズFCの練習に参加し、4月に入団が決まった[1]。主にボランチとしてプレーし[5]、リーグ下位に沈んでいたチームの引き上げに貢献した。AリーグシドニーFCのスタッフの目に留まり、6月からトライアルに参加[1]

シドニーFC[編集]

7月、6週間に及ぶトライアルの末に1年契約を勝ち取り[7]、クラブ史上2人目の日本人選手となる(1人目は現・横浜FC三浦知良)。シドニーFCでのトライアル中、オーストラリア遠征中のイングランドプレミアリーグエヴァートンFCとの親善試合があり、森安もベンチ入りする。ゲストとして出場していた元トリニダード・トバゴ代表ドワイト・ヨークと交代し出場、大舞台を経験する[1]

シドニーFC入団後の2010-11シーズン、第3節・ブリスベン・ロアーFC戦で初出場。その後スタメンで起用され、第23節・ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFC戦で初得点を記録する。活躍が認められ、10月には2年の契約延長を締結した[8]2011年5月、東日本大震災の影響で延期となったACLグループステージ第2節の鹿島アントラーズ戦、途中出場で国立のピッチに立ち、日本に凱旋を果たした。

2012年4月、シーズンオフを利用してAPIAライカート・タイガーズFCに4試合限定の期限付き移籍で復帰[9]。チームは開幕から3連敗だったが、森安の移籍期間中は2勝2引き分けと成績は上向いた。

2011-12シーズンは出場機会が減少し、コンスタントにプレーできる環境を求めて8月に1年間残った契約を解消した[10]。また9月に元イタリア代表アレッサンドロ・デル・ピエロが加入した影響で、チームの外国人枠からも漏れていた[11]

FC岐阜[編集]

9月6日からFC岐阜の練習に参加[12]9月14日、加入が発表された[13]。監督の行徳浩二は、清水エスパルスユース時代にも指導を受けていた[12]10月21日の第39節・京都サンガF.C.戦、途中交代でJリーグ初出場した。2013年は主にボランチとして服部年宏とコンビを組み、29試合に出場した。

2014年11月27日、FC岐阜公式サイトより、2014年シーズンをもっての契約満了と発表された[14]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
アマ・プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 JSC 北信越1部 -
2005 18 - 0 0
2006 15 13 2 - 1 0 14 2
2007 3 13 4 - 2 0 15 4
2008 5 13 4 - - 13 4
2009 三菱水島 34 JFL 30 0 - 1 0 31 0
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
2010 APIAライカート NSWプレミア 18 5 - - 18 5
2010-11 シドニー 6 Aリーグ 28 1 - - 28 1
2011-12 8 1 - - 8 1
2012 APIAライカート NSWプレミア 4 1 - - 4 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2012 岐阜 36 J2 3 0 - - 3 0
2013 23 29 1 - 1 0 30 1
2014 3 0 - 1 0 4 0
通算 日本 J2 35 1 - 2 0 37 1
日本 JFL 30 0 - 1 0 31 0
日本 北信越1部 -
オーストラリア Aリーグ 36 2 - - 36 2
オーストラリア NSWプレミア 22 6 - - 22 6
総通算 -
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC AFC CL
2011 シドニー 6 6 0
通算 AFC 6 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 第8回 プロサッカー選手 森安洋文さん JAMS WeBLog スポーツグラフィティ BLOG、2010年8月7日
  2. ^ Aリーグ特集 - 森安洋文 キウイ・ブリーズ、2011年10月12日
  3. ^ a b c d e f 森安洋文、オーストラリアでつかんだ夢の舞台 スポーツナビ、2011年4月13日
  4. ^ -豪プロサッカーリーグに挑む日本人- シドニーFCのMF 森安洋文 チアーズ、2010年8月3日
  5. ^ a b c d 明日、鹿島と対戦! シドニーFCの切り込み侍、森安洋文選手に直撃インタビュー! 豪州蹴球奇譚 スポーツナビ+、2011年5月9日
  6. ^ Aリーグ『シドニーFC』で活躍する日本人プレーヤー 森安 洋文 選手 The Perth Express、2011年1月28日
  7. ^ Moriyasu joins Sydney FC The World Game on SBS、2010年7月21日
  8. ^ Sydney FC re-sign Moriyasu Brisbane Times、2010年11月4日
  9. ^ Moriyasu returning for APIA Leichhardt whereilive、2012年4月20日
  10. ^ J2岐阜が元シドニーのDF森安を獲得 Goal.com、2012年9月14日
  11. ^ FC岐阜にDF森安が新加入 シドニーFCから完全移籍 岐阜新聞 Web、2012年9月15日
  12. ^ a b FC岐阜、北九州に惜敗 20位に順位後退 中日新聞(CHUNICHI Web)、2012年9月15日
  13. ^ 森安 洋文選手、新加入のお知らせ FC岐阜オフィシャルサイト、2012年9月14日
  14. ^ “契約満了選手のお知らせ” (プレスリリース), FC岐阜, (2014年11月27日), http://www.fc-gifu.com/news/post-3179.html 2014年12月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]