森下真樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森下 真樹(もりした まき、: Maki Morishita1975年 - )は、舞踊家。10か国30都市以上でソロ作品を上演している。

概略[編集]

1975年生まれ。幼少期は転勤族であり、転校先の友達作りで開発した遊びがダンスのルーツ。本籍は熊本、出生地は大分、出身地大阪、鎌倉、世田谷、西船橋、松山と引っ越しをする。高校時代にモダンダンスを始める[1]
千葉大学モダンダンス部時代には白井剛らと共に、「Study of Live works 発条ト(バネト)」のダンサーとして、主要な作品・公演に出演する。
1997年から3年間、「伊藤キム+輝く未来」に参加。、そこで出会ったメンバーとともに「まことクラヴ」を発足。
2003年、『デビュタント』でソロ・デビューを果たす。

主な公演[編集]

  • 『デビュタント』2003年
  • 『コシツ』 2004年
  • 『森下真樹ダンスショウ!!』 2005年
  • 『うず巻』2008年

受賞[編集]

  • 財団法人横浜市芸術文化振興財団賞(2004年2月)
  • 東京コンペ♯2優秀賞(2005年)

脚注[編集]

  1. ^ TS14 : 森下真樹 - Tokyo Source

外部リンク[編集]