インバル・ピント&アブシャロム・ポラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インバル・ピント(Inbal Pinto, 1969年-)&アブシャロム・ポラック(Avshalom Pollak, 1970年-) は、 イスラエルコンテンポラリー・ダンス演出・振付家ユニット。

インバル・ピント&アブシャロム・ポラックダンスカンパニー(INBAL PINTO & AVSHALOM POLLAK DANCE COMPANY)主宰。

1994年の結成以来、革新的で想像力豊かな作品を発表し続けている。

経歴[編集]

インバル・ピント[編集]

1969年生まれ。13歳からダンスの勉強を始める。アートスクールでグラフィック・デザインを学ぶ一方、バット・シェバ舞踊団に学び、その後カンパニーの一員となる。93年に発表した『Doi-Can』で振付家として本格的にデビュー。94年、『Chance for 100』をアブシャロム・ポラックと共同制作し、意気投合した二人はINBAL PINTO DANCE COMPANY(現在はINBAL PINTO & AVSHALOM POLLAK DANCE COMPANY)を結成する。フランス、アメリカをはじめとする世界の名だたるダンスシーンで注目を集め、国内外で大きな反響を呼ぶ。カンパニーとしての活動以外にも、オペラや演劇作品に振付家として参加するなど、多方面で活躍している。

アブシャロム・ポラック[編集]

1970年生まれ。演出家を父に持つ。ドラマスクールで演劇を学んだ後、俳優として、本国イスラエルをはじめ、イギリス、アメリカを中心に映像や舞台の世界で活躍。94年にインバル・ピントと出会い、カンパニーを立ち上げてからは、全ての作品を彼女と共同で立ち上げている。

日本で上演された主な作品[編集]