松江しんじ湖温泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松江しんじ湖温泉駅
Matsue-shinjiko-onsen sta02s4592.jpg
駅舎
まつえしんじこおんせん
MATSUE SHINJIKO-ONSEN
所在地 島根県松江市中原町30-2
北緯35度28分2.38秒 東経133度2分45.75秒 / 北緯35.4673278度 東経133.0460417度 / 35.4673278; 133.0460417座標: 北緯35度28分2.38秒 東経133度2分45.75秒 / 北緯35.4673278度 東経133.0460417度 / 35.4673278; 133.0460417
駅番号 22
所属事業者 一畑電車
所属路線 北松江線
キロ程 33.9 km(電鉄出雲市起点)
駅構造 地上駅
ホーム 頭端式2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,843人/日
-2019年-
開業年月日 1928年昭和3年)4月5日
備考 有人駅(一畑電車WebSt@tionより)
テンプレートを表示

松江しんじ湖温泉駅(まつえしんじこおんせんえき)は、島根県松江市中原町に位置する一畑電車北松江線である。駅番号は22。同線の終着駅である。今でこそ宍道湖から少し離れているが、開業当時から昭和40年代中頃(1970年前後)までは、ホームの際まで宍道湖が迫っていた。宍道湖の埋め立てによって出来たのが「松江しんじ湖温泉」である。2001年(平成13年)に現駅舎に建て替えられた。

歴史[編集]

松江温泉駅旧駅舎(1997年1月)
島根県立古代出雲歴史博物館
北松江駅再現展示

駅構造[編集]

頭端式ホーム2面2線を有する地上駅有人駅である。改札へ入って右側が1番のりば、左側が2番のりばとなっている。現駅舎は田中正夫建築設計事務所によって設計され、2001年に竣工したものである。それ以前は開業当初の駅舎が1番のりばに面して設けられていた。

駅舎の南東側には温泉を引いた足湯がある(無料)。

利用状況[編集]

各年度の1日平均の利用者数は以下の通り[2][3]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
1999年 1,156 2,114
2000年 1,036 2,005
2001年 1,017 2,032
2002年 1,214 2,301
2003年 1,133 2,115
2004年 1,088 2,231
2005年 1,062 2,067
2006年 1,014 2,045
2007年 1,007 1,944
2008年 1,036 2,059
2009年 899 1,820
2010年 950 1,907
2011年 906 1,828
2012年 947 1,878
2013年 1,162 2,251
2014年 1,039 1,951
2015年 941 1,892
2016年 926 1.821
2017年 999 1,910
2018年 981 1,815
2019年 988 1,843

駅周辺[編集]

産経新聞社松江支局

バス路線[編集]

  • バスのりばは駅前にある。西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線松江駅は直線距離だと近いが、バスは短時間で連絡するものは一部の路線しか無く、松江駅とは逆方向に向かい県庁周辺などを経由するため15分程度掛かる(市営バス一畑バスが運行)。また、最終便が到着する時間帯はバスが運行終了しているため、松江駅へ向かうことができない。
  • 構内は北東側に進入口、北西側に退出口があり、時計回りで走行する。北西側から反時計回りに1 - 5番の各乗り場がある。
  • 1番乗り場が市営バス(路線バス・レイクライン)用乗り場、2・3番乗り場が一畑バス(路線バス)用乗り場、4番乗り場が高速バス・空港リムジンバス・定期観光バス用乗り場、5番乗り場が臨時バス用乗り場となっている。

路線バス・観光周遊バス[編集]

乗り入れるバス会社

のりば 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
1 91-1,91-3 市営バス (黒田町・春日南・島根大学前・くにびきメッセ前経由)北循環線外回り(松江駅  
91-2 市営バス (黒田町・春日南・淞北台団地・島根大学前・くにびきメッセ前経由)北循環線外回り(松江駅)  
92-1,92-2 市営バス 県民会館前・市役所前・宍道湖大橋経由)北循環線内回り(松江駅)  
92-3 市営バス (市役所前・宍道湖大橋経由)北循環線内回り(松江駅)  
10-0 市営バス 内中原小学校前・県民会館前経由)松江駅  
40-1 市営バス (市役所前・県民会館前・松江駅・相生町入口経由)竹矢  
40-2 市営バス (市役所前・県民会館前・松江駅・イオン松江店前・東朝日町経由)竹矢  
41-2 市営バス (市役所前・県民会館前・松江駅・イオン松江店前・東朝日町・竹矢経由)馬潟  
73-4 市営バス (裁判所前・総合体育館前経由)女子高校 平日のみ運行
23-1 市営バス (市役所前・県民会館前・松江駅・相生町・古志原・山代町・大庭・風土記の丘経由)かんべの里  
23-6 市営バス (宍道湖大橋・松江駅・桧山・南高校前・八重垣神社・大庭・風土記の丘経由)かんべの里 土休日のみ運行
63-2 市営バス (市役所前・県民会館前・松江駅・イオン松江店前・桧山・南高校前経由)八重垣神社  
64-2 市営バス (市役所前・県民会館前・松江駅・イオン松江店前・桧山・八重垣神社経由)公園墓地  
66 市営バス (内中原小学校前・県民会館前・松江駅・桧山・茶山・県立大学前経由)平成町車庫 平日のみ運行
66-7 市営バス (県民会館前・松江駅・相生町・西ノ原・商業高校前・卸団地経由)平成町車庫 平日のみ運行
68-2 市営バス (市役所前・県民会館前・日赤病院前・松江駅・桧山・西ノ原・県立大学前経由)市立病院  
68-3 市営バス (市役所前・県民会館前・松江駅・県立美術館前・卸団地・乃木駅・商業高校前経由)市立病院  
68-5 市営バス (内中原小学校前・竪町・乃木駅・県立大学前経由)市立病院 平日のみ運行
68-7 市営バス (市役所前・県民会館前・日赤病院前・松江駅・桧山・西ノ原・商業高校前経由)市立病院  
69-1 市営バス (市役所前・県民会館前・日赤病院前・松江駅・桧山・西ノ原経由)県立大学前  
32-0,32-2,32-7 市営バス 福祉センター前  
37 市営バス 授産センター  
35 市営バス (朝日ヶ丘経由)授産センター  
34 市営バス 免許センター 平日のみ運行
36 市営バス (朝日ヶ丘経由)免許センター 平日のみ運行
  市営バス ぐるっと松江レイクライン  
2 61 一畑バス 内中原小学校前・県民会館前・松江駅・竪町・乃木駅・地域医療機構玉造病院・玉造温泉駅入口経由)玉造温泉  
62 一畑バス (内中原小学校前・県民会館前・松江駅・竪町・乃木駅・玉造温泉駅入口経由)玉造温泉  
  一畑バス (裁判所前・総合体育館前経由)一畑バス本社  
3 20 一畑バス 内中原小学校前・県民会館前・松江駅・桧山・古志原・山代町・大庭・風土記の丘経由)八雲車庫  
21 一畑バス (内中原小学校前・県民会館前・松江駅・相生町・古志原・山代町・大庭・風土記の丘入口経由)八雲車庫  
22 一畑バス (内中原小学校前・県民会館前・松江駅・相生町・古志原・内陸団地・山代町・大庭・風土記の丘入口経由)八雲車庫  

高速バス・空港リムジンバス・定期観光バスなど[編集]

のりば 愛称 会社名 行先 備考
4 グランドアロー号 一畑バス広島電鉄 広島(広島バスセンター広島駅新幹線口 ノンストップ便のみ
空港リムジンバス 松江一畑交通 出雲縁結び空港  
松江出雲定期観光バス 中国ジェイアールバス    
  • 「オオクニヌシ号」(出雲 - 松江 - 米子 - 鳥取線[4] → 松江 - 米子 - 鳥取線)は2017年8月4日の運行区間の短縮と同時に、一部の便のみ当バスターミナルに乗り入れを開始したものの、2019年2月28日の運行をもって廃止となった[5]
  • 「松江境港シャトルバス」(当駅 - 国宝松江城大手前 - JR松江駅 - 由志園 - JR境港駅)は2021年3月31日の運行をもって廃止された[6]
  • 「ご縁バスしまねっこ号」は2021年3月31日をもって廃止された。

その他[編集]

2002年に解体された旧駅舎の改札口の部材の一部が保存され、2007年3月に開館した島根県立古代出雲歴史博物館の館内に当時を再現する形で展示されている。駅で掲示していた出発時刻表も使用されているほか、デハ1のカットボディも傍らに設置されている[7]

また、将来構想として松江駅と当駅を結ぶライトレール構想があり、2012年度中の開通を予定していたが、東日本大震災の影響により計画は凍結されている[8]

隣の駅[編集]

一畑電車
北松江線
特急「スーパーライナー」(平日朝方下り1本のみ運転)・急行(平日のみ運転)・普通
松江イングリッシュガーデン前駅(21) - 松江しんじ湖温泉駅(22)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 薮下健一「平成13年度 一畑電気鉄道の動き」『鉄道ファン』第494号、交友社、2002年6月、 137 - 139頁。
  2. ^ 島根県統計書
  3. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2021年6月17日閲覧
  4. ^ “出雲―鳥取に高速バス 3時間25分、3月16日から運行”. 日本経済新聞. (2016年2月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO97349750W6A210C1LC0000/ 2019年2月28日閲覧。 
  5. ^ 一畑バス・日ノ丸自動車、松江~鳥取線「オオクニヌシ」号を廃止 来年2月28日運行分で”. Traicy (2018年12月21日). 2019年2月28日閲覧。
  6. ^ 松江境港シャトルバスの路線廃止について”. 一畑バス. 2021年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月5日閲覧。
  7. ^ いずもる|旧北松江駅改札と一畑電車
  8. ^ 産経ニュース「松江市のLRT導入 来年度中の判断見送りへ」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]