一畑口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一畑口駅
駅舎
駅舎
いちばたぐち
ICHIBATA-GUCHI
(1.6km)
(1.9km) 伊野灘
所在地 島根県出雲市小境町379-3
駅番号 13
所属事業者 一畑電車
所属路線 北松江線
キロ程 17.5km(電鉄出雲市起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
125人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
197人/日
-2015年-
開業年月日 1915年大正4年)2月4日
テンプレートを表示
一畑口駅の位置
一畑口駅の位置
一畑口駅の
位置
一畑口駅の位置
南側から見た構内
北側から見た構内
構内終端。かつてはこの先一畑駅まで線路が続いていた

一畑口駅(いちばたぐちえき)は、島根県出雲市小境町にある一畑電車北松江線である。

2010年(平成22年)5月29日公開の松竹映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の主要な舞台となった駅の一つ。オープニングやラストシーンに登場する。

概要[編集]

お薬師様」として知られている一畑寺(一畑薬師)の最寄り駅である。

開業当初、当駅は出雲今市(現・電鉄出雲市)方面から一畑寺(一畑薬師)への参詣鉄道を目的とした[1]一畑電気鉄道の中間駅であったが、1928年(昭和3年)4月に北松江(現・松江しんじ湖温泉)方面からの路線が当駅の出雲方面側に付け足されたため、両路線の接続駅となった。

その後、当駅から3.3km北の一畑駅までの区間は1944年(昭和19年)12月に戦時中の鉄材供出で営業休止となり、1960年(昭和35年)4月には正式に廃止されている。その際、残存する線路はそのままにされたため、現在に至るまで平坦地に存在するスイッチバック駅となっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式・島式ホーム2面3線を有する地上駅。基本的に有人駅であるが、土休日は無人駅となる[2]

両ホームは構内踏切によって接続されているが、遮断機や警報機はない。前述の廃線によって電車が踏切を通過する事もないため、電車が進入している時も通行できる[3]

一畑口駅プラットホーム
1 津ノ森秋鹿町松江イングリッシュガーデン前松江しんじ湖温泉方面
2 雲州平田川跡大津町電鉄出雲市方面
3 (現在使用停止)

利用状況[編集]

1日平均の乗降人員は以下の通り。[4]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
1999年 159 381
2000年 102 220
2001年 87 188
2002年 114 249
2003年 135 353
2004年 101 221
2005年 87 236
2006年 75 152
2007年 76 157
2008年 80 164
2009年 123 201
2010年 130 228
2011年 102 189
2012年 86 169
2013年 80 166
2014年 74 146
2015年 125 197

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

一畑電車
北松江線
特急「スーパーライナー」(平日朝方下り1本のみ運転)
雲州平田駅一畑口駅松江しんじ湖温泉駅
急行「出雲大社号」(休日のみ運転)・急行(平日夕方上り1本のみ運転)
布崎駅 - 一畑口駅 - 津ノ森駅
普通
園駅 - 一畑口駅 - 伊野灘駅

かつて存在した路線[編集]

一畑電気鉄道
北松江線(廃止区間)
一畑口駅 - 一畑駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『鉄道データファイル』- 一畑電気鉄道
  2. ^ 一畑電車公式サイト路線・駅のご案内(一畑口駅の欄の注記「※3」)”. 2010年12月10日閲覧。
  3. ^ 『鉄道データファイル』-「駅のプロフィール」- 一畑口駅
  4. ^ 出典:島根県統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]