出雲科学館パークタウン前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出雲科学館パークタウン前駅
出雲科学館パークタウン前駅ホーム
出雲科学館パークタウン前駅ホーム
いずもかがくかんぱーくたうんまえ
IZUMO SCIENCE CENTER-PARK TOWN-MAE
(大和紡前)
電鉄出雲市 (0.8km)
(1.2km) 大津町
所在地 島根県出雲市今市町1904-11
駅番号 2
所属事業者 一畑電車
所属路線 北松江線
キロ程 0.8km(電鉄出雲市起点)
駅構造 半高架
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
31人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
58人/日
-2015年-
開業年月日 1928年昭和3年)9月15日
備考 無人駅(平日朝のみ駅員を配置)
テンプレートを表示
出雲科学館パークタウン前駅の位置
出雲科学館パークタウン前駅の位置
出雲科学館パークタウン前駅の
位置
出雲科学館パークタウン前駅の位置
道路側から見た駅

出雲科学館パークタウン前駅(いずもかがくかんパークタウンまええき)は、島根県出雲市今市町に位置する一畑電車北松江線である。

車内の運賃表示器、整理券の表示は「出雲科学館」となっている。

駅構造[編集]

松江方面に向かって左側に単式ホーム1面1線を有する半高架駅停留所)。南側に山陰本線が並行する。基本的に無人駅だが、平日の6時59分から8時24分までは駅員が配される(ただし学校の休業期間を除く)[1]

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日平均の乗降人員は以下の通り。[2]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
1999年 28 170
2000年 21 48
2001年 22 55
2002年 24 60
2003年 35 74
2004年 28 56
2005年 20 42
2006年 16 38
2007年 23 44
2008年 24 44
2009年 22 41
2010年 22 41
2011年 36 59
2012年 34 57
2013年 31 54
2014年 14 31
2015年 31 58

歴史[編集]

  • 1928年昭和3年)9月15日 - 今市上町駅として開業。
  • 1941年(昭和16年)以降 - 大和紡前駅に改称(出雲科学館が現在ある場所に大和紡績の工場があった)。
  • 1982年(昭和57年) 3月16日 - 無人駅化[3]
  • 2002年平成14年)7月20日 - 出雲科学館パークタウン前駅に改称[4]
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 一畑電気鉄道の持株会社移行に伴い、新設の一畑電車株式会社が鉄道事業を承継。

隣の駅[編集]

一畑電車
北松江線
特急「スーパーライナー」・特急
通過
急行(平日夕方上り1本のみ)・普通
電鉄出雲市駅 - 出雲科学館パークタウン前駅 - 大津町駅

脚注[編集]

  1. ^ 一畑電車公式サイト 路線・駅のご案内
  2. ^ 出典:島根県統計書
  3. ^ 寺田裕一『日本のローカル私鉄2000』、ネコ・パブリッシング、2000年、270頁。ISBN 4-87366-207-9
  4. ^ 「鉄道記録帳」、『RAIL FAN』第49巻第10号、鉄道友の会、2002年10月号、 23頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]