東有馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 川崎市 > 宮前区 > 東有馬
東有馬
東有馬の位置(神奈川県内)
東有馬
東有馬
東有馬の位置
北緯35度34分27.7秒 東経139度35分27.5秒 / 北緯35.574361度 東経139.590972度 / 35.574361; 139.590972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
宮前区
面積
 • 合計 1.166km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 12,986人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
216-0002[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎

東有馬(ひがしありま)は、神奈川県川崎市宮前区町名。現行行政地名は東有馬一丁目から東有馬五丁目。1989年平成元年)2月27日住居表示が施行されて誕生した[5]郵便番号は216-0002[3]。面積は全域で1.166km2[1]

地理[編集]

宮前区の南部に位置し、有馬川が流れている。域内には有馬第一団地・有馬第二団地といった市営住宅[6]や県営有馬団地[7]が建つなど宅地となっているほか、東名川崎インターチェンジに近いこともあり、倉庫も立ち並んでいる[8]

東有馬は北端で馬絹と、東端で野川の宮前区域と、南端で横浜市都筑区すみれが丘北山田東山田と、西端で有馬と接している(特記のない町域は川崎市宮前区)。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、東有馬3-3-4の地点で20万1000円/m2となっている。[9]

歴史[編集]

当地は、中世から昭和に至るまで有馬の一部であり、「下有馬」と呼ばれることもあったが、平成に入った直後に独立した住居表示となった[8]。戦後すぐまでは山林が多くを占めていたものの、宅地開発や東名川崎ICができるなどの変化により、大半の緑が失われた[8]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
東有馬一丁目 831世帯 2,089人
東有馬二丁目 1,360世帯 3,364人
東有馬三丁目 939世帯 2,080人
東有馬四丁目 1,086世帯 2,296人
東有馬五丁目 1,641世帯 3,157人
5,857世帯 12,986人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10][11]

丁目 番地 小学校 中学校
東有馬一丁目 全域 川崎市立宮崎小学校 川崎市立宮崎中学校
東有馬二丁目 1~14番1号
14番23~31号
14番37~41号
15番1号
15番27号~29番
31~35番
14番2~22号
14番32~36号
15番2~26号
川崎市立西野川小学校 川崎市立野川中学校
41番27~38号 川崎市立南野川小学校
その他 川崎市立有馬小学校 川崎市立有馬中学校
東有馬三丁目 全域
東有馬四丁目 全域
東有馬五丁目 全域

交通[編集]

バス[編集]

鷺沼駅と、東急バス東山田営業所センター北駅センター南駅小杉駅の各方面を結ぶバス(川崎市交通局東急バスが運行)が当地を経由している。

道路[編集]

施設[編集]

教育施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 区別町名一覧表(宮前区)”. 川崎市 (2016年12月1日). 2016年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月2日閲覧。
  6. ^ 宮前区内の川崎市営住宅一覧 川崎市まちづくり局、2005年12月1日現在(2011年9月22日閲覧)。
  7. ^ 県営住宅一覧・借上公共賃貸住宅一覧 神奈川県県営住宅部、2010年6月1日(2011年9月22日閲覧)。
  8. ^ a b c 「川崎市の町名」 日本地名研究所編、川崎市発行、1991年、P194~195。
  9. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  10. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  11. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  12. ^ 川崎市宮前休日急患診療所 川崎市、2011年9月22日閲覧。
  13. ^ 川崎の温泉宿『有馬療養温泉旅館』