日本プロボクシング協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本プロボクシング協会
Japan Pro Boxing Association
WINS後楽園.jpg
本部が東日本ボクシング協会共々入居する黄色いビル
略称 JPBA
設立年 1931年
設立者 本田明本田明彦の実父)
種類 任意団体
目的 プロボクシングジムの管轄
本部 日本の旗 日本
東京都文京区
関連組織 日本ボクシングコミッション(JBC)
ウェブサイト jpba.gr.jp
全日本プロフェッショナル拳闘協会として発足。2000年より現団体名。

日本プロボクシング協会(にほんプロボクシングきょうかい、英:Japan Pro Boxing Association、JPBA)は、日本のプロボクシングに関連した団体(権利能力なき社団)。全国の一般財団法人日本ボクシングコミッション(JBC)クラブオーナーライセンス保持者経営のボクシングジムによる団体であり、協会に加盟していないジムはJBC管轄下のプロボクサーを養成・管理ができない。公益財団法人日本プロスポーツ協会加盟団体。東日本ボクシング協会(ひがしにほんボクシングきょうかい、英:East Japan Pro Boxing Association、JPBA-East)と所在地や代表者が一致している。

歴史[編集]

  • 1931年2月 「全日本プロフェッショナル拳闘協会」として発足[1]
    この協会には、大日本拳闘会(会長:嘉納健治野口ジム創始者ライオン野口所属)、日本拳闘倶楽部(会長:渡辺勇次郎)、帝國拳闘会(会長:田邊宗英)、東洋拳闘会(鈴木武)が加盟していた。他の準加盟団体には、高橋鱗三が率いる東京ボクシング倶楽部、伊藤成義が率いる東亜拳闘倶楽部があった。未加盟の団体には、日米拳闘倶楽部(会長:山中利一)、日東拳闘倶楽部(会長:益戸克己)、東京拳闘協会(会長:竹屋春光)、國際拳闘倶楽部(会長:大野重治)、極東拳闘倶楽部(会長:鶴橋泰四郎)などがあった。大日本拳闘会には葵拳闘倶楽部、大東拳闘倶楽部など下部のジムが所属していた[2]
  • 1934年10月 「全日本拳闘連盟」に改称。
  • 1936年 「大日本拳闘連盟」と分裂。
  • 1937年 全日本拳闘連盟解散。
  • 1940年5月 「東京拳闘連合会」発足。
  • 1943年 「大日本拳闘協会」に改称。
  • 1944年 大日本拳闘協会解散
  • 1946年 「日本拳闘協会」設立。
  • 1947年 戦後初の日本王座決定戦開催。
  • 1948年 「全日本ボクシング連盟」と分裂。
  • 1949年 再統合により「全日本ボクシング協会」発足。
  • 1952年4月 日本ボクシングコミッション(JBC)を設立。全日本ボクシング協会解散。
  • 1957年5月 「プロモーター協会」「マネージャー協会」「オーナー・クラブ」が相次いで発足。
  • 1962年4月 プロモーター協会、マネージャー協会、オーナー・クラブの合同により「日本ボクシング協会」設立。
  • 1972年5月 「黒い霧事件」。協栄ジム一門が「日本ボクシング協会」を離脱。“第二協会”旗揚げで分裂。
    しかし、新人王トーナメントなどは“第二協会”の選手の参加も認められ両協会の交流は続き、当初から和解が模索されていた。
  • 1976年11月 前述の“第二協会”と正式に和解し「全日本ボクシング協会」に統合。
  • 1982年夏 国際ボクシング連盟(IBF)関連団体として西日本協会会長経験者だった池田久経営の奈良池田ジムが日本IBF設立。同関係者はJBCからライセンス無期限停止で協会から永久追放。
  • 1998年10月 これまで準用されていた1978年3月1日施行の「全日本ボクシング協会会則・会規」を変更し、新規加盟金制度(代表者・会長が世界王者経験者は300万、東洋太平洋王者経験者は400万、日本王者経験者は500万、協会が功労者と認めた者は700万円、その他の者は1000万円)を採用[3]
  • 2000年3月 「日本プロボクシング協会」に改称。協会は専用会場の設立など大規模な事業を行うために社団法人化を進め、それを指導する立場にあった文部省の指示で、アマチュアを含むという誤解を避け、プロボクシングを強調する名称に改めた。協会幹部は「社会的に認知される団体になれば、プロボクシングをメジャーなスポーツに発展させやすくなる」と説明している[4]
  • 2008年 JBCが女子プロボクシングを認可。JWBCが発展的に解消してJWBCの総本山であった山木ジム(現在のアルファボクシングジム)が東日本協会加盟金免除で条件付き参入(2016年正式加盟)。同年10月7日の理事会で、広報活動に力を入れるため、広報準備委員会を立ち上げた。委員長は木更津グリーンベイジム会長の植田昭人が勤めることとなった[5]
  • 2010年春以降は女子のランキング・タイトル管理も(G Legendという名称の興行を定期的に開催する)東日本協会女子委員会がJBCより委託。

JBCとの関係[編集]

日本プロボクシング界をまとめる組織として協会とは別に一般財団法人日本ボクシングコミッション(JBC)が存在し、協会とJBCは互いに独立している。日本国内のプロボクシングにおいて、JBCがライセンスやランキング、ルール面、JPBAが興行面を分担している。一方、ボクシングジムが協会に加盟するには、オーナーとして経営に当たる者がJBCクラブオーナーライセンスを取得していることが第一条件となる。

JPBAに加盟する日本各地のジムが主催し、後楽園ホールなどで日々開催されているプロボクシングの試合をJBCが正式なものと認定し、勝敗の結果やそれに伴う選手のランキング移動などを認定する。すなわちJBCの認定なくしては日本で「プロボクシング」のあらゆる試合は成立しない、とJBCは主張しているがルール第1条「日本ボクシングコミッション・コミッショナーは(財)日本ボクシングコミッション(以下JAPAN BOXING COMMISSION=JBC)管轄下で行われる日本での全てのプロフェッショナル・ボクシング(以下プロボクシング)試合公式試合場におけるスパーリング及び慈善試合を含む)を指揮及び監督する権能を有する。」の「JBC管轄下で行われる」の文言は1997年日本IBF活動再開時に独占禁止法違反の回避に盛り込まれた。

役員[編集]

加盟ジムを運営するJBCクラブオーナーライセンス保持者が役員を務める。

会長[編集]

会長職は協会会員の中から選挙で選ばれる。任期は3年。

1940年以前の会長職については、大相撲のように一門別に勝手に協会を名乗り玉石混交だったため詳細不明(正式に統一された協会が出来たのは戦後になってから)。

11代目となる大橋秀行会長以降は東日本協会会長も兼任する決まりとなっている[6](それ以前にも兼任だった時期があったが、大橋の東日本協会会長就任当時は日本協会副会長だった)。

歴代会長[編集]

代数 氏名 ジム 期間 備考
初代 本田明 帝国拳闘会 1940年5月 - 1957年5月
2代 岡本不二 不二ボクシングジム 1957年5月 - 1962年4月
3代 笹崎たけし 笹崎ボクシングジム 1962年4月 - 1972年5月
4代 小高伊和夫 極東ボクシングクラブ 1972年5月 - 1976年11月
名子興市 キングスポーツジム 第二協会
5代 三迫仁志 三迫ボクシングジム 1976年11月 - 1980年3月
6代 金平正紀 協栄ボクシングジム 1980年3月 - 1982年3月
7代 河合哲朗 協栄河合ボクシングジム 1982年3月 - 1984年3月
8代 木村七郎 新日本木村ボクシングジム 1984年3月 - 1986年3月
9代 米倉健司 ヨネクラボクシングジム 1986年3月 - 1989年3月
10代 原田政彦 ファイティング原田ジム 1989年3月 - 2010年3月 東日本協会会長は2001年退任し後任は輪島功一。退任後は最高顧問
11代 大橋秀行 大橋ボクシングジム 2010年4月 - 2016年3月 東日本協会会長(2007年より)も引き続き兼任
12代 渡辺均 ワタナベボクシングジム 2016年4月 -

下部組織[編集]

組織名 管轄地区 備考
北日本ボクシング協会 北海道・東北 新人王戦は東日本扱い
東日本ボクシング協会 関東・甲信越 2010年以降女子の運営をJPBAより委託
中日本ボクシング協会 東海・北陸・滋賀県
西日本ボクシング協会 近畿(滋賀県除く)・鳥取県・島根県・岡山県・四国
西部日本ボクシング協会 広島県・山口県・九州・沖縄 独自に西部日本タイトルも運営

東日本協会事務局は日本協会と同居、他地区協会事務局は所属ジムの持ち回り。

出典[編集]

  1. ^ 国民新聞社運動部石川輝編「日本拳闘沿革史 全日本プロフェッショナル拳闘協会の結成」『拳闘レコード』啓成社、1936年10月13日発行、21頁。
  2. ^ 国民新聞社運動部石川輝編「各拳闘団体一覧表 プロフェッショナル」『拳闘レコード』啓成社、1936年10月13日発行、35-42頁。
  3. ^ 東京地判平20・4・23Westlaw Japan 2008WLJPCA04238006
  4. ^ 芦沢清一「ボクシング相談」、『ワールド・ボクシング』2000年4月号増刊、日本スポーツ出版社2000年3月18日、 42頁。
  5. ^ ボクシング・ワールド 競馬最強の法則11月号増刊』、KKベストセラーズ、2008年11月20日、78-79頁。
  6. ^ “大橋会長が続投 東日本と日本協会”. 日刊スポーツ. (2013年3月1日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130301-1091613.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]