文宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李珦から転送)
移動先: 案内検索
文宗
李朝
第5代朝鮮国王
王朝 李朝
在位期間 1450年5月18日-1452年5月14日
都城 景福宮
姓・諱 李珦(イ・ヒャン、이향
輝之(フィジ、휘지
諡号 恭順欽明仁粛光文聖孝大王
공순흠명인숙광문성효대왕
廟号 文宗(문종
生年 1414年11月15日
没年 1452年6月1日
世宗
昭憲王后
后妃 顕徳王后權氏

文宗(ムンジョン、ぶんそう、永楽12年10月3日1414年11月15日) - 景泰3年5月14日1452年6月1日))は、李氏朝鮮の第5代国王(在位:1450年 - 1452年)。姓は、名は(ヒャン、)。王位継承以前に摂政を務める。

系譜[編集]

父は第4代国王世宗。母は昭憲王后・沈氏。弟は世祖(首陽大君)、および安平大君広平大君錦城大君などが、子女には端宗などがいる。

概略[編集]

1414年、世宗の長男として生まれる。1421年、7歳で王世子(王の跡継ぎ)となる。

1436年に世宗が即位当初より糖尿病により病弱で当時、健康状態が悪化したこともあり、世子への庶務決裁権を譲渡し摂政となることを願ったが臣下に反対され実現しなかった。一方で世宗が六曹直哲制度での実務を維持できる健康状況でもなかった為に領議府署事制に移行する。

それでも世宗には負担であったので1442年(正統7年、世宗24年)に「王が厳然と存在するのに世子が政治を決定させるわけにはいかない」という論理を展開する臣下の反対を押しのけて世宗は世子への庶務決裁権の譲渡を断行し、これ以降より当時世子の文宗は摂政として政務に携わるようになる。世子の摂政にあたり、庶務を管轄し、王の承政院と便殿に相当する擔事院が設置され、国家の重大事以外の庶務は全て世子の決済を受けることになった。

世宗の死去により王位につくが、文宗自身も原因不明の病(癩病の説あり)に倒れ、在位2年、38歳で薨去した。

人物[編集]

幼少より学問を好み、天文、易学、算術、書道に長けており、従順、判断が慎重であった。王世子時代より陣法を編纂するなど軍政に関心をもった。

宗室[編集]

后妃[編集]

即位以降は王后を迎えておらず、即位前に死去した端宗の生母が追尊される。

  • 顕徳王后権氏(1418年-1441年,花山府院君 権専の娘)側室として入宮する。純嬪奉氏が廃位された後、3番目の世子嬪となる。文宗の子を産んでいたことが決め手だという。夫文宗の即位前に死去したために諡号を顕徳嬪と称したが夫の即位後、追尊された。

廃世子嬪[編集]

  • 徽嬪金氏(父方の叔母は太宗の後宮明嬪金氏)- 文宗が世子時代(世宗11年)に廃され、その後自殺。
  • 純嬪奉氏 - 世宗11年(1429年)に世子嬪になるが1436年に廃される。

後宮[編集]

  • 粛嬪洪氏 - 文宗が世子の時に東宮に従四品承徽で入宮し、文宗の好意を得た。
世子嬪奉氏が廃された時文宗は世子嬪にと考えていたが、既に敬恵公主を生んでいた顕徳王后は洪氏より後宮の品階も高いので、世宗が権氏に期待し世子嬪にならなかった。外祖父は尹珪,父親は洪深。昭訓尹氏とは従姉妹。
  • 淑儀文氏 - 世子嬪(顕徳王后)の死後の1442年に承徽で入宮。世祖在位時期に昭容。中宗の時に淑儀。中宗3年(1508年)まで生きた。
  • 昭容鄭氏
  • 昭容権氏
  • 昭訓尹氏 - 祖父は尹珪,父親は尹熺。粛嬪洪氏とは従姉妹。
  • 司則楊氏
  • 承徽柳氏
  • 尚宮張氏

王子[編集]

  • 端宗 弘暐:母は顕徳王后。彼が王位の期間は短く、叔父の世祖に殺されたこともあって、韓国版忠臣蔵が起こっている。参照―ドラマ『死六臣
  • 王子(生没年不詳。母は昭容鄭氏。) 早世。
  • 王子(生没年不詳。母は尚宮張氏。) 早世。

王女[編集]

  • 敬恵公主(1435年1473年。母は顕徳王后。寧陽尉 献愍公 鄭悰に降嫁。)1男1女を儲ける。夫は死六臣事件に関わり、謀反を起こそうとしたとされ、1461年に処刑された。自身も連座で、島流しとなり官婢とされた。しかし、正式な記録は無く事実かは分からない。また、髪を切り尼になったが非常に貧しい暮らしをしていたという説もある。
  • 敬淑翁主(1439年-没年不詳。母は司則楊氏。班城尉 恭安公 姜子順に降嫁。)後嗣を産むことなく死去。彼女の死後、夫の姜子順は妾を迎えた。しかし、これに対して処罰をするべきだと臣下が訴えたが、第9代王成宗は聞かなかった。
  • 公主(生年不詳-1433年。母は顕徳王后。) 早世。
  • 翁主(1441年1444年。母は粛嬪洪氏。) 早世。
  • 翁主(1450年1451年。母は司則楊氏。) 早世。

参考文献[編集]