志村五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
志村 五郎
(しむら ごろう)
生誕 (1930-02-23) 1930年2月23日(86歳)
静岡県浜松市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 数学
研究機関 東京大学CNRS大阪大学プリンストン大学
出身校 東京大学理学部数学科
博士課程
指導学生
ドン・ブァシウス英語版
ポール・ギャレット英語版
メルビン・ホッシュター英語版
ロバート・ルメリー英語版
主な業績 アーベル多様体虚数乗法論、志村多様体谷山・志村予想
影響を
受けた人物
岩澤健吉クロード・シュヴァレーアンドレ・ヴェイユアンリ・カルタン
影響を
与えた人物
谷山豊
主な受賞歴 コール賞(1977年)
朝日賞(1991年)
藤原賞(1995年)
スティール賞(1996年)
プロジェクト:人物伝

志村 五郎(しむら ごろう、1930年2月23日 - )は日本数学者プリンストン大学名誉教授静岡県浜松市生まれ。

盟友であった谷山豊と取り組んだ谷山–志村予想によってフェルマー予想の解決に貢献し、また、アーベル多様体虚数乗法論の高次元化、アーベル多様体のモジュライ理論とモジュライに対応するCM体上のアーベル拡大を記述する保型関数を構成し、志村多様体論を展開。これによって「クロネッカーの青春の夢」の一般化を行った(ヒルベルトの23の問題における第12問題への貢献)。フィールズ賞こそ受賞していないものの、国際数学者会議に4度招待講演者として招聘され、スティール賞コール賞を受賞した輝かしい経歴を持つ日本を代表する数学者の一人である。

略歴[ソースを編集]

受賞・講演歴[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

単著[ソースを編集]

共著[ソースを編集]

  • 谷山豊 『近代的整数論』第2、共立出版〈現代数学講座〉、1956-1957。

専門書[ソースを編集]

英語版[ソースを編集]

論文集[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月4日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]