伊原康隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊原 康隆(いはら やすたか、1938年 - )は、日本の数学者中央大学21世紀COE教授、東大名誉教授、京大名誉教授。専門は整数論で多くの業績をあげている。

来歴・人物[編集]

東京都出身。父は大蔵省理財局長や横浜銀行頭取を歴任した伊原隆都立日比谷高校を経て、1961年東京大学理学部卒業。1963年、同大学院修士課程修了。理学博士。東大教授を経て、京都大学数理解析研究所教授、2002年退官。ICM (kyoto,1990)ではplenary speaker、ICM (Beijing,2002)ではフィールズ賞選考委員。

1967年 東京大学 理学博士。論文は「Hecke polynomials as congruence ζ functions in elliptic modular case(楕円モジュラーのヘッケ多項式を合同ゼータ関数で表わすこと)」[1]

業績[編集]

  • 関数体上の非可換類体論
  • pro- 基本群のガロワ表現
  • ICM (Kyoto,1990)で Braids, Galois groups and some arithmetic functions. と題した講演を行い、エドワード・ウィッテンをひっくり返るほど驚かせた。
  • Sp(4) とそのコンパクト・ツイスト上の保型形式の対応 : ラングランズ予想の特殊な場合だが、この予想が出る10年(?)ほど前の着想
  • 合同モノドロミー : 標数pの有限体上の代数曲線のある種のガロア被覆全体をp進体上のPSL(2)と実数体上のPSL(2)の直積の離散部分群で記述する理論。
  • 伊原のゼータ函数
  • 学位論文において、ヴェイユ予想からラマヌジャン予想を導いた : 佐藤幹夫の計算だけでは十分ではなく、久賀道郎とともに本質的アイディアを出した
  • 代数曲線の基本群への有理数体のガロア群の作用 : 遠アーベル幾何の一部で、いち早く-進定式化を行いヤコビ和との関連など業績をあげた。
  • 数の微分 : 出題者はアーベル?アイゼンシュタイン?
  • セールの本の元ネタ : の構造を組合せ論的に考察。これはセールの本の元になっている。

弟子も多く、伊吹山知義(阪大教授)、織田孝幸(東大教授)、加藤和也(京大教授)、斎藤秀司(東大教授)、斎藤毅(東大教授)、金子昌信(九大教授)、橋本喜一朗(早大教授)等がいる。

受賞歴・叙勲・講演歴[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]

  • 研究者リゾルバーID:1000070011484
  • 日本の研究.com:188963
  • 伊原康隆 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース