黒川信重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒川 信重
(くろかわ のぶしげ)
生誕 1952年
栃木県
国籍 日本の旗 日本
研究分野 数論
研究機関 東京工業大学東京大学ゼータ研究所
出身校 東京工業大学大学院修士課程修了。
プロジェクト:人物伝

黒川 信重(くろかわ のぶしげ、1952年 - )は日本数学者栃木県生まれ。栃木県立宇都宮高校出身。東京工業大学理学部数学科卒業。同大学院修士課程修了。理学博士(東京工業大学)。東京工業大学助手、東京工業大学助教授、東京大学助教授、東工大教授を経て、現在、東京工業大学名誉教授。専門は数論、特に解析的整数論、多重三角関数論、ゼータ関数論、保型形式

略歴[編集]

略歴の情報は岩波書店の著者紹介のページを参照[1]

  • 1952年(0歳) - 栃木県に生まれる。
  • 小学校低学年 - 登校拒否に近い生活を送る。
  • 小学校高学年 - 数学の美しさに目覚める。
  • 中学校・高校 - 数学の問題を作ることに熱中する。
  • 大学生以降 - 数論の研究に励む。
  • 1975年(23歳) - 東京工業大学理学部数学科卒業。
  • 現在、東京工業大学名誉教授。

著書[編集]

  • 『数学の夢 素数からのひろがり』 岩波書店〈岩波高校生セミナー4〉、1998年5月7日ISBN 4-00-026214-9
    • 『オイラー、リーマン、ラマヌジャン 時空を超えた数学者の接点』 岩波書店〈岩波科学ライブラリー 126〉、2006年12月8日ISBN 4-00-007466-0 - 『数学の夢』の増補改訂版。
  • 『ゼータ関数の統一理論の研究』 東京工業大学1998年
  • 『ゼータ関数と多重三角関数』 東京工業大学、2006年-2007年。
  • 『オイラー探検 無限大の滝と12連峰』 シュプリンガー・ジャパン〈シュプリンガー数学リーディングス 第11巻〉、2007年10月。ISBN 978-4-431-70774-5
    • 『オイラー探検 無限大の滝と12連峰』 丸善出版〈シュプリンガー数学リーディングス 第11巻〉、2007年10月。ISBN 978-4-621-06183-1
  • 『リーマン予想の150年』 岩波書店〈数学,この大きな流れ〉、2009年11月5日ISBN 978-4-00-006792-8
  • 『リーマン予想の探求 ABCからZまで』 技術評論社〈知りたい!サイエンス 118〉、2012年11月30日ISBN 978-4-7741-5388-9 - 文献・索引あり。
  • 『リーマン予想の先へ 深リーマン予想――DRH』 東京図書、2013年4月。ISBN 978-4-489-02151-0 - 索引あり。
  • 『現代三角関数論』 岩波書店、2013年11月7日ISBN 978-4-00-005327-3 - 索引あり。
  • 『リーマン予想を解こう 新ゼータと因数分解からのアプローチ』 技術評論社〈知の扉シリーズ〉、2014年2月18日ISBN 978-4-7741-6303-1 - 索引あり。
  • 『ゼータの冒険と進化』 現代数学社、2014年10月。ISBN 978-4-7687-1020-3
  • 『ガロア理論と表現論 ゼータ関数への出発』 日本評論社、2014年11月。ISBN 978-4-535-78589-2
  • 『ラマヌジャンζの衝撃』 現代数学社、2015年8月。ISBN 978-4-7687-0447-9

共著[編集]

  • 栗原将人斎藤毅 共著 『数論 2 類体論とは』19、岩波書店〈岩波講座現代数学の基礎〉、1998年2月16日ISBN 4-00-010643-0 (set) - ISBN 4-00-011011-X (set)
  • 栗原将人、斎藤毅 共著 『数論 3 岩澤理論と保型形式』20、岩波書店〈岩波講座現代数学の基礎11〉、1998年9月10日ISBN 4-00-010646-5 (set) - ISBN 4-00-011011-X (set)
    • 栗原将人、斎藤毅 共著 『数論 2 岩澤理論と保型形式』 岩波書店、2005年2月8日ISBN 4-00-005528-3
  • 梅田亨若山正人中島さち子 共著 『ゼータの世界』 日本評論社、1999年6月。ISBN 4-535-78261-X
  • 石井志保子、東京工業大学 共著 『多様体の特異点の研究』、1999-2000。
  • 若山正人 共著 『絶対カシミール元』 岩波書店、2002年2月22日ISBN 4-00-006270-0
  • 佐藤幹夫 ほか 『佐藤幹夫の数学』 木村達雄 編、日本評論社、2007年8月。ISBN 978-4-535-78514-4 - 「解決された佐藤-テイト予想」収録。
    • 佐藤幹夫 ほか 『佐藤幹夫の数学』 木村達雄 編、日本評論社、2014年9月、増補版。ISBN 978-4-535-78587-8 - 「佐藤-テイト予想の解決」収録。
  • 『この定理が美しい』 数学書房編集部 編、数学書房、2009年6月。ISBN 978-4-903342-10-8 - 「2500年の歴史素因数分解の一意性」収録。
  • 小島寛之 共著 『リーマン予想は解決するのか? 絶対数学の戦略』 青土社、2009年6月。ISBN 978-4-7917-6487-7
  • 小山信也 共著 『リーマン予想のこれまでとこれから』 日本評論社、2009年12月。ISBN 978-4-535-78550-2
  • 小山信也 共著 『絶対数学』 日本評論社、2010年9月。ISBN 978-4-535-78552-6 - 索引あり。
  • 小山信也 共著 『多重三角関数論講義』 日本評論社、2010年11月。ISBN 978-4-535-78555-7 - 索引あり。
  • 『数学の道しるべ 研究者の道とは何か』 数理科学編集部 編、サイエンス社、2011年4月25日ISBN 978-4-7819-1281-3 - 「三角関数への列車の旅」収録。
  • 小山信也 共著「リーマン予想の数理物理 ゼータ関数と分配関数」、『臨時別冊・数理科学2011年11月』、サイエンス社、2011年11月25日ISSN 0386-8257 - 文献あり。
  • 小山信也 共著 『ABC予想入門』 PHP研究所〈PHPサイエンス・ワールド新書 067〉、2013年3月18日ISBN 978-4-569-81067-6 - 索引あり。
  • 『21世紀の新しい数学 絶対数学、リーマン予想、そしてこれからの数学』 黒川信重・小島寛之 対談、技術評論社〈知の扉シリーズ〉、2013年7月23日ISBN 978-4-7741-5829-7 - 索引あり。

編著・共編著[編集]

  • 志賀啓成 『複素解析学』1(基礎理論)、砂田利一 共編、培風館〈数学レクチャーノート 入門編 5〉、1997年9月。ISBN 4-563-00635-1
  • 足立俊明 『微分積分学』2、砂田利一 共編、培風館〈数学レクチャーノート 入門編 2〉、1998年5月。ISBN 4-563-00632-7
  • 勝田篤 『線形代数学』1、砂田利一 共編、培風館〈数学レクチャーノート 入門編 3〉、1998年10月。ISBN 4-563-00633-5
  • 志賀啓成 『複素解析学』2、砂田利一 共編、培風館〈数学レクチャーノート 入門編 6〉、1999年6月。ISBN 4-563-00636-X
  • 加須栄篤 『リーマン幾何学』 砂田利一 共編、培風館〈数学レクチャーノート 基礎編 2〉、2001年6月。ISBN 4-563-00646-7
  • 新井仁之 『フーリエ解析と関数解析学』 砂田利一 共編、培風館〈数学レクチャーノート 基礎編 1〉、2001年7月。ISBN 4-563-00645-9
  • 『ゼータ研究所だより』 黒川信重 編、日本評論社、2002年3月。ISBN 4-535-78344-6
  • 盛田健彦 『実解析と測度論の基礎』 砂田利一 共編、培風館〈数学レクチャーノート 基礎編 4〉、2004年5月。ISBN 4-563-00648-3
  • 堤誉志雄 『偏微分方程式論 基礎から展開へ』 砂田利一 共編、培風館〈数学レクチャーノート 基礎編 3〉、2004年6月。ISBN 4-563-00647-5
  • 水上勉 『チャレンジ!整数の問題199』 黒川信重 監修、日本評論社、2005年4月。ISBN 4-535-78420-5
  • 前田吉昭 『多様体入門 幾何学を考える出発点』 砂田利一 共編、培風館〈数学レクチャーノート 基礎編 5〉、2005年9月。ISBN 4-563-00649-1
  • 黒川信重 編著 『リーマン予想がわかる』 日本評論社〈数学セミナー増刊〉、2009年11月。

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]