ヴェイユ予想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴェイユ予想(ヴェイユよそう、Weil conjecture)とは、数学者アンドレ・ヴェイユが発表した、リーマン予想の類似で非特異代数多様体上の合同ゼータ関数における予想。(下の(3)がリーマン予想の類似)アレクサンドル・グロタンディークを経てピエール・ルネ・ドリーニュにより1974年に解決された。

ヴェイユ予想[編集]

(1) 有理数多項式:が存在して

そしてはi次元ベッチ数に等しい。


(2)

ここで


(3)

と因数分解したとき

が成立する。

(1)はドゥワークによって、(2)はグロタンディークによって、(3)はドリーニュによって証明された。

関連項目[編集]