徳留祐太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とくどめ ゆうた
徳留 祐太
生誕 (1965-01-06) 1965年1月6日(54歳)
日本の旗 日本 福岡県福岡市
別名 YOU-TA
出身校 慶應義塾大学経済学部
職業 実業家
プロデューサー
コンサルタント
教育評論家
作詞家
作曲家
編曲家
ミュージシャン
ボイストレーナー
俳優
演出家
著名な実績 アニメ真・女神転生デビチル
   主題歌/伊藤奈央 in FIX
身長 176 cm (5 ft 9 in)

徳留 祐太(とくどめ ゆうた、1965年1月6日 - )は、日本の実業家、マルチプロデューサー、教育研究・評論家株式会社ロッカーズ代表取締役。ブランドデザイン総合研究所代表。創健舎工房株式会社顧問。

概要[編集]

福岡県福岡市出身。

福岡県立城南高等学校卒業後に上京。

アーティスト俳優タレント等としての経歴を持ち、その後プロデュース業に移行するとともに、各メディアにおける企画制作、及び新人開発を中心に業務を行う。

芸能プロデュースの他、飲食店、美容サロン、一般企業のコンサルタント等、多岐に渡る分野に活動を拡げ、マルチプロデューサーとして展開する。

その一環として、日本の少子化問題に伴う入学志願者減少に悩む各大学の教育体系改組や大学ブランド力の向上、並びに文部科学省が推進する高等教育改革支援事業への対応、及び地域活性化や産学官民の発展的相乗効果を目的とした大学コンソーシアムの運営支援等、教育研究・評論家としても活動している。

各分野における本質と問題への着眼点に対する客観視360度の企画力とマネージメント力を武器としたブランディング&プロデュースワークが特徴。

主な経歴[編集]

  • 1983年 元ムーンライダースのギタリスト椎名和夫のアシスタントとして従事しながら、ミュージシャンとして活動。
  • 1986年 俳優陣内孝則の初代アシスタントとして従事しながら、俳優として活動。
  • 1991年 バンド「VALENTZ」のギタリストソングライターとして日本クラウンからCDデビュー。
  • 1993年 「伊藤正次演劇研究所」に俳優として所属。その他、雑誌コラムのライター、ラジオ番組パーソナリティー等、マルチタレントとして活動。
  • 1994年 個人事務所「ロッカーズ・プロジェクト」設立。プロデューサーとして、企画制作、並びに新人開発を開始。
  • 1995年 舞台俳優として活動する傍ら、新人女性アーティスト専門CDレーベル「Girls Sensation[1]」(BMG JAPAN)をプロデュース。
  • 1997年 サウンドプロデューサーとしてアニメ・声優企画の音楽制作を担当。
  • 2000年 CBC/TBS系(全国26局ネット)TVアニメ『真・女神転生デビチル』のテーマソングをユニット「伊藤奈央 in FIX[2]」のプレイングプロデューサーとして担当。
  • 2001年 「一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)」入会。
  • 2003年 プロダクション「株式会社フロート」入社。一般社団法人日本音楽制作者連盟(FMPJ)の構成員として参加。
  • 2006年 「株式会社フロート」退社後、プロデュース会社「株式会社ロッカーズ」を設立。
  • 2007年 飲食店コンサルティング会社「有限会社サッシュプロジェクト(現:株式会社サッシュ)」特別顧問プロデューサーとして業務提携。
  • 2007年 プロデュース会社「株式会社ビッグアイランド」取締役プロデューサーとして業務提携。携帯サイト「魔法のiらんど」の携帯ドラマ企画製作に携わる。
  • 2008年 映画製作会社兼プロダクション「株式会社エムシーズエンタープライズ」エグゼクティブ・プロデューサーとして業務提携。劇場公開映画「雷桜」(出演:岡田将生蒼井優、他/東宝キャスティング協力。
  • 2008年 美容サロン(ヘア&ネイル)を多数プロデュース。
  • 2010年 舞台公演『淑女(レディ)のお作法』(作:高橋いさを)と『ソープオペラ』(作:鈴木裕美、飯島早苗)を銀座みゆき館劇場にて2作品同時上演。主催・企画・総合演出を担当。 女優、タレント「町宮亜子」をマネージメント。
  • 2011年 インターネットTV局「Akiba.TV」の番組をプロデュース。 シンガー「AYUMI」をマネージメント。
  • 2012年 幼児教育「七田チャイルドアカデミー」の教材をプロデュース。バイオテクノロジー研究開発会社「株式会社ワイズ」プロデューサーとして業務提携。
  • 2013年 俳優、モデル「中村優希」をマネージメント。「ベネッセグループ」と協力して大学改革支援事業を開始。
  • 2014年 多摩大学にて特別講師としてゼミに参加。「(株)サンリオ」のコンテンツ展開協力を開始。
  • 2015年 「ブランドデザイン総合研究所」を設立。
  • 2016年 学びのオンラインプラットフォーム「GoGetterz[3]」映像コンテンツ協力。
  • 2017年 フジテレビ番組審議委員会に携わる。
  • 2018年 アパレルブランド「AFFECT GRAND[4]」を設立し、公式キャンペーンモデルとして石田佳蓮(元アイドリング!!!)を起用展開[5]千葉テレビ放送番組「真夜中ゲームアイドル部[6]」(出演:石田佳蓮月野もあ宮崎寿々佳楠木まゆ、雪乃しほり、篠原冴美、他)キャスティング協力。不動産投資コンサルティング会社「創健舎工房(株)」の顧問に就任。

作品[編集]

テレビ[編集]

恋する時間です(1986年、日本テレビ

独眼竜政宗(1987年、NHK

あまえないでヨ!(1987年、フジテレビ

結婚物語(1987年、日本テレビ)

・わかってほしいの(1987年、RKBTBS

・町宮亜子のOshi-Eteア・ゲ・ル(2011-2012、Akiba.TV

ラッキーセブン(2012年、フジテレビ)

PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜(2012年、フジテレビ)

・学生支援TV(2013、Akiba.TV)

旅行作家・茶屋次郎〜日光・鬼怒川殺人事件〜(2013年、テレビ東京

ワッチミー!TV×TV(2014年、BSフジ

・町宮亜子と中村優希の最近どーよ!?(2015年、ROCKERS TV)

・真夜中ゲームアイドル部(2018年、千葉テレビ[7]

映画[編集]

ちょうちん(1987年、監督:梶間俊一東映

スウィングガールズ(2004年、監督:矢口史靖東宝

・デビューしちゃった(2009年、監督:ナカムラチカラ/魔法のiらんど

交渉人 堂本零時(2010年、監督:宝来忠明/Softgarage

雷桜(2010年、監督:廣木隆一/東宝)

・OUT ROSE(2013年、RAMPS)[8]

・RYO(2014年、RAMPS)[9]

・Peace!(2014、RAMPS)[10]

・ありがとう(2014年、RAMPS)[11]

舞台[編集]

外郎売(1995年、作:二代目市川團十郎

父帰る(1995年、作:菊池寛

驟雨(1996年、作:岸田国士

・パン屋文六の思案(1996年、作:岸田国士)

・反町ゴールデン銀座商店街(1998年、作:水谷あつし

・淑女のお作法(2010年、作:高橋いさを)

・ソープオペラ(2010年、作:鈴木裕美飯島早苗

ひとひら(2014年、作:桐原いづみ

WILD HALF〜奇跡の確率(2015年、作:浅美裕子

楽曲[編集]

・IN THE MOOD(1990年、VALENTZ /日本クラウン

・FRIDAY ON MY MIND(1990年、VALENTZ /日本クラウン)

・THE END OF CENTURY IS CRYING(1990年、VALENTZ /日本クラウン)

・I CAN’T EXPLAIN(1990年、VALENTZ /日本クラウン)

・パラダイス(1995年、RADICAL HIPS /BMG JAPAN

・SHA-LA-LA -安眠志願-(1995年、DAI-DAI/BMG JAPAN)

・さよなら(1995年、とみや/BMG JAPAN)

・TOMORROW COMES(1995年、B.B.C./BMG JAPAN)

・Soulful Dancing(1995年、REZY BEAT /BMG JAPAN)

・Naked Moon(1995年、SWEET JUNKEY/BMG JAPAN)

・Why do you asking?(1995年、STONE EDGE/BMG JAPAN)

・Dive Deeper Diving(1995年、PANDORA/BMG JAPAN)

・MISS LONELY(1995年、VIVACE/BMG JAPAN)

・祈り(1995年、小林絹代/BMG JAPAN)

・もっともっとRadical Fight!(1996年、電脳戦隊ヴギィ’ズ★エンジェルNECアべニュー[12]

・恋のプログラム(1996年、電脳戦隊ヴギィ’ズ★エンジェルNECアべニュー[12]

・Wait for me!(1996年、久川綾/バップ[13]

・過ぎ去りし悲しみたちへ(1996年、久川綾/バップ[13]

・赤いスポーツカー(1996年、久川綾/バップ[13]

・鉄橋のある町で(1997年、叫ぶ詩人の会ポニーキャニオン[14]

・MY ENERGY(1998年、Radish Roxs/ワーナーミュージック・ジャパン[15]

・消えない勇気(1998年、Radish Roxs/ワーナーミュージック・ジャパン)[15]

・永遠じゃない(1998年、Radish Roxs/ワーナーミュージック・ジャパン)[15]

・アップルティ(1998年、Radish Roxs/ワーナーミュージック・ジャパン)[16]

・人生手の平返し(1998年、反町ゴールデン銀座商店街/サボテン本舗)

・夕陽の向こう側(1998年、反町ゴールデン銀座商店街/サボテン本舗)

・MY HOME TOWN(1998年、反町ゴールデン銀座商店街/サボテン本舗)

・Go-Round(2000年、伊藤奈央 in FIX/ポニーキャニオンCBC/TBS系全国26局ネットTVアニメ真・女神転生デビチル」OPテーマソング[17]

・アオイトリノヨウニ(2000年、伊藤奈央 in FIX/ポニーキャニオン)[17]

・ZIG-ZAG(2000年、伊藤奈央 in FIX/ポニーキャニオン)[18]

・メモリーズ(2001年、仲山拓海 with “R”/ポニーキャニオン)CBC/TBS系全国26局ネットTVアニメ「真・女神転生デビチル」挿入歌[19]

・I CAN FLY(2001年、仲山拓海 with “R”/ポニーキャニオン)[19]

・KAZEの詩(2001年、伊藤奈央 in FIX/ポニーキャニオン)CBC/TBS系全国26局ネットTVアニメ「真・女神転生デビチル」挿入歌[20]

・きっと…(2001年、伊藤奈央 in FIX/ポニーキャニオン)CBC/TBS系全国26局ネットTVアニメ「真・女神転生デビチル」挿入歌[20]

・見果てぬ夢(2001年、伊藤奈央 in FIX/ポニーキャニオン)CBC/TBS系全国26局ネットTVアニメ「真・女神転生デビチル」挿入歌[21]

・Coming soon(2001年、伊藤奈央 in FIX/ポニーキャニオン)[21]

・未来へ(2001年、仲山拓実with“R”/ポニーキャニオン)[21]

・The Theme of Black Evil(2001年、仲山拓実with“R”/ポニーキャニオン)[21]

・勇気という名のもとに(2001年、伊藤奈央 in FIX/ポニーキャニオン)[22]

・missing(2001年、伊藤奈央 in FIX/ポニーキャニオン)[22]

・パラリラ根室(2001年、伊藤奈央 in FIX/根室市観光協会)根室さんま祭りテーマソング

・パラリラ根室〜ユーロミックス〜(2001年、伊藤奈央 in FIX/根室市観光協会)

・強く抱いて(2001年、GUYZ/スプラッシュ)

・離したくない(2001年、GUYZ/スプラッシュ)

天は赤い河のほとり(2003年、伊藤奈央 in FIX/ファーストスマイルエンターテイメント)ドラマCD主題歌[23]

・ようこそAKIBAへ!(2011年、AYUMI/秋葉原観光推進協会)「秋葉原おもてなしプロジェクト」テーマソング[24]

アパレルブランド[編集]

・AFFECT GRAND(2018年)[5]

フォトブック[編集]

石田佳蓮フォトブック#1『Défi』(2018、AFFECT GRAND)[25]

・石田佳蓮フォトブック#2『Amuser』(2018、AFFECT GRAND)[25]

・石田佳蓮フォトブック#3『Cœur』(2018、AFFECT GRAND)[25]

・石田佳蓮フォトブック#4『S'appuyer』(2018、AFFECT GRAND)[25]

脚注・出典[編集]

  1. ^ GIRLS SENSATION”. 2019年1月25日閲覧。
  2. ^ 日本タレント名鑑「伊藤奈央 in FIX」” (日本語). mysound. 2019年1月24日閲覧。
  3. ^ GoGetterz”. 2019年1月25日閲覧。
  4. ^ AFFECT GRAND”. 2019年1月25日閲覧。
  5. ^ a b 石田佳蓮、新アパレルブランド「AFFECT GRAND」 のモデル就任決定!アイドルからモデルへの進化!「女性の方達に向けて発信源になりたい!」”. 2019年1月25日閲覧。
  6. ^ 真夜中ゲームアイドル部”. 2019年1月25日閲覧。
  7. ^ プロジェクト”. 株式会社ロッカーズ. 2019年2月8日閲覧。
  8. ^ RAMPS”. 株式会社ロッカーズ. 2019年2月8日閲覧。
  9. ^ RAMPS”. 株式会社ロッカーズ. 2019年2月8日閲覧。
  10. ^ RAMPS”. 株式会社ロッカーズ. 2019年2月8日閲覧。
  11. ^ RAMPS”. 株式会社ロッカーズ. 2019年2月8日閲覧。
  12. ^ a b 電脳戦隊ヴギィ’ズ★エンジェル”. Amazon. 2019年2月8日閲覧。
  13. ^ a b c 久川綾「for you for me」”. オリコン. 2019年2月8日閲覧。
  14. ^ 叫ぶ詩人の会「花束」”. Amazon. 2019年2月9日閲覧。
  15. ^ a b c ラディッシュ・ロックス/ファースト・インパクト”. CDジャーナル. 2019年2月8日閲覧。
  16. ^ ラディッシュ・ロックス/Love〜ハダカノココロ”. CDジャーナル. 2019年2月8日閲覧。
  17. ^ a b 伊藤奈央 in FIX/Go-Round”. Amazon. 2019年2月8日閲覧。
  18. ^ 「真・女神転生デビルチルドレン」Perfect Sound Tracks”. Amazon. 2019年2月8日閲覧。
  19. ^ a b 真・女神転生-デビチル-挿入歌2「メモリーズ」「I CAN FLY」”. Amazon. 2019年2月8日閲覧。
  20. ^ a b 伊藤奈央 in FIX「KAZEの詩」「きっと…」”. タワーレコード. 2019年2月9日閲覧。
  21. ^ a b c d 真・女神転生デビチル~キャラクターボーカルファイル”. タワーレコード. 2019年2月8日閲覧。
  22. ^ a b 伊藤奈央 in FIX ファーストアルバム”. タワーレコード. 2019年2月8日閲覧。
  23. ^ 天は赤い河のほとり サウンドシアター8 Soundtrack”. Amazon. 2019年2月8日閲覧。
  24. ^ AYUMI「ようこそAKIBAへ!」”. 産経デジタル. 2019年2月8日閲覧。
  25. ^ a b c d 石田佳蓮フォトブック4冊同時発売!”. AFFECT GRAND. 2019年2月8日閲覧。


外部リンク[編集]