廬山寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
廬山寺
RosanjiTeien.jpg
源氏庭
所在地 京都府京都市上京区寺町通広小路上ル北之辺町397
位置 北緯35度1分28.5秒 東経135度46分6.05秒 / 北緯35.024583度 東経135.7683472度 / 35.024583; 135.7683472座標: 北緯35度1分28.5秒 東経135度46分6.05秒 / 北緯35.024583度 東経135.7683472度 / 35.024583; 135.7683472
山号 日本廬山
廬山
宗旨 天台宗単立
宗派 天台圓淨宗
寺格 本山
本尊 阿弥陀如来
創建年 天慶元年(938年
開基 良源
正式名 廬山天台講寺(廬山天臺講寺)
日本廬山天臺講寺
札所等 洛陽三十三所観音霊場第32番
京都七福神(金山毘沙門天
文化財 慈恵大師筆遺告(国宝東京国立博物館寄託)
絹本著色普賢十羅刹女像・後伏見天皇宸翰願文ほか(重要文化財
法人番号 8130005001337
テンプレートを表示
紫式部歌碑、めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に 雲がくれにし夜半の月かな、京都市上京区廬山寺内
廬山寺、京都市上京区

廬山寺(ろざんじ)は京都市上京区北之辺町にある天台系の単立仏教寺院天台圓淨宗の本山。本尊阿弥陀如来。寺号は詳しくは廬山天台講寺(ろざんてんだいこうじ)と称する。紫式部の邸宅跡として知られる。

歴史[編集]

比叡山延暦寺の中興の祖である良源(元三大師、慈恵大師)により、天慶元年(938年)、平安京の北にある船岡山の南麓に與願金剛院が創建される。

一方で寛元3年(1245年)に法然に帰依した住心房覚瑜が出雲路に寺を建立、廬山にならい廬山寺と号した。

南北朝時代、この二か寺の住持を兼務していた明導照源によって応安元年(1368年)に與願金剛院によって廬山寺が吸収合併される。しかし、新たな寺院名は廬山寺、正式名称廬山天台講寺となった。これにより円(天台宗)・密(密教)・戒(律宗)・浄(浄土教)の四宗兼学道場となった。

元亀3年(1571年)、織田信長比叡山焼き討ちの際には正親町天皇の女房奉書により被害を免れたが、豊臣秀吉寺町建設によって天正年間(1573年 - 1593年)に現在地に移った。しかし宝永5年(1708年)、天明8年(1788年)と度々火事のため焼失してしまう。現在の本堂は寛政6年(1794年)に仙洞御所の一部を移築して作られたものである。

明治維新までは宮中の仏事を司る御黒戸四箇院(廬山寺、二尊院般舟院遣迎院)の一つであった。

1872年明治5年)9月に天台宗の寺院となるが、1948年昭和23年)に四宗兼学の天台圓淨宗として独立する。

1965年(昭和40年)に考古・歴史学者角田文衞により紫式部邸(堤邸)跡とされた。御黒戸四箇院のうち現存する唯一の摂家門跡である。

境内[編集]

文化財[編集]

国宝[編集]

重要文化財[編集]

典拠:2000年までに指定の国宝・重要文化財については、『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(毎日新聞社、2000)による。

その他[編集]

明智光秀が奉納したとされる念持仏(地蔵菩薩)を所蔵している(非公開)[3]

行事[編集]

  • 節分の「追儺式鬼法楽」は通称「鬼おどり」、赤青黒の鬼に紅白の餅と豆を投げて悪霊退散を祈願する。

札所[編集]

洛陽三十三所観音霊場
31 東向観音寺 -- 32 廬山寺 -- 33 清和院
京都七福神(金山毘沙門天

所在地・アクセス[編集]

本堂および庭園は有料

周辺[編集]

寺町通をはさみ西向に梨木神社、その南に京都御苑清和院御門。南隣は京都府立医科大学図書館、北隣は清浄華院、その北に本禅寺

拝観案内[編集]

  • 拝観時間 9:00~16:00 
  • 拝観料 大人500円 小人400円 ※団体(30名以上)400円

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成29年9月15日文部科学省告示第117号
  2. ^ 国宝・重要文化財の指定について(文化庁サイト)
  3. ^ 元三大師さま - 廬山寺ウェブサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]