小児専門病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小児専門病院(しょうにせんもんびょういん、または、こども病院〔こどもびょういん〕)は、新生児から概ね中学校卒業程度までの小児を対象に診療を行う病院である。また、施設によっては胎児や妊産婦も診療の対象とする場合がある。

概要[編集]

未熟児や小児がんなどで特別なケアが必要な場合や、小児に特化した高度な医療技術が必要な場合に、他の医療機関からの紹介・転院によって受診する場合が多いが、それほどの緊急性を要しなくなった後であっても経過観察を目的に長期間にわたって受診することがある。

未熟児の診療を行う機会が多いことから、循環器科や形成外科などを強みとする施設が多い。最近では小児の3次救急医療の整備が社会的要請となり、一部で救急診療部門や集中治療室の整備が始まっている。

通常、患者が一定の年齢に達した後も加療が必要な場合は他の医療機関に紹介を行う。


日本の小児専門病院の一覧[編集]

以下に示す小児専門病院以外にも、多くの総合病院に小児科など小児を対象とする診療科がある。 なお、以下の病院は病院併設型小児専門病院を含む。

北海道[編集]

岩手県[編集]

宮城県[編集]

茨城県[編集]

栃木県[編集]

群馬県[編集]

埼玉県[編集]

千葉県[編集]

東京都[編集]

神奈川県[編集]

長野県[編集]

岐阜県[編集]

静岡県[編集]

愛知県[編集]

三重県[編集]

滋賀県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

兵庫県[編集]

岡山県[編集]

広島県[編集]

香川県[編集]

福岡県[編集]

大分県[編集]

鹿児島県[編集]

沖縄県[編集]