対馬仏像盗難事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

対馬仏像盗難事件(つしまぶつぞうとうなんじけん)とは、2012年平成24年)に、日本長崎県対馬市の三つの神社寺院から、韓国人窃盗団によって重要文化財仏像2体などが連続盗難された事件。韓国の裁判所が盗難仏像の日本への返還を事実上拒否する決定を下し、1体は返還されたが未だに1体が未返還なため、日韓間で外交問題となっている。

2014年(平成26年)11月にも、対馬で別の仏像盗難事件が起こっている。

事件の経緯[編集]

発生から犯人逮捕まで[編集]

2012年10月8日、対馬の海神神社の国指定の重要文化財「銅造如来立像」(統一新羅時代)、観音寺の長崎県指定有形文化財の「銅造観世音菩薩坐像」(高麗時代)、多久頭魂神社の長崎県指定有形文化財の「大蔵経」が、8人の韓国人窃盗団に盗まれた[1]。なお、これ以前にも韓国人により日本に所在する仏像や仏画が盗難され韓国に持ち出される事例が多発していた。

2013年1月29日、窃盗と密輸の容疑で韓国人窃盗団5人が韓国警察に逮捕され、韓国国内で仏像2体が回収された(「大蔵経」の行方は不明)[2][3]

韓国地裁による事実上の返還拒否[編集]

本来なら盗難文化財と判明すれば文化財不法輸出入等禁止条約に基づいて直ちに日本に仏像が返還されるのだが、忠清南道瑞山市にある曹渓宗浮石寺(プソクサ)が、「観音寺の銅造観世音菩薩坐像は、元々倭寇に略奪された仏像である」と主張して返還しないよう求め、韓国の主要メディアも、元は日本による略奪だったので返還する必要はないとの論調で報じた(後述)。

2013年2月、韓国大田(テジョン)地裁は、浮石寺の「有体動産占有移転の禁止仮処分申請」を認め、「観音寺側(日本側)が仏像を正当に取得したということを訴訟で確認するまで、日本に仏像を返還してはならない」として事実上の返還拒否を決定した[1]

2013年6月28日、大田地裁は窃盗団7人のうち6人に懲役1 - 4年の実刑判決を言い渡した[4]。韓国への搬入を手伝ったとされる1人は無罪が確定した[5]。判決では仏像の所有権関係や返還については言及していない[4]。テジョン地裁のジャン・ドンヒョク公判判事は「仏像が日本に返還されれば、浮石寺の所有だと最終判断がなされたときにすでに仏像はなくなっていて、浮石寺の所有権を行使できない恐れがある」と語った[4]

2017年1月26日、大田地裁は「所有権は浮石寺にあり、正常ではない過程で観音寺に移された」として、韓国政府に対し、仏像の浮石寺への引き渡し命じた[6]。韓国政府は判決を不服として大田高裁に控訴した[7]

1体のみ返還[編集]

2015年7月18日 海神神社の銅造如来立像については、所有者が名乗り出ていなかったため日本に返還された。盗難時に右手中指の先端が約2ミリ欠損していた事実が確認されたが元々鋳造時に指先まで銅が届かず欠損していた部分を後年取り付けたか、盗難以前に欠損し修復されていた部分で強度が不足していたと考えられる[8]。そのために修復には韓国側に説明を求めず、政府が補修費用を半額補助する方針が伝えられた。観音寺の観世音菩薩坐像については浮石寺が所有権を主張しているため、未だに返還されていない[9]。2016年7月5日、浮石寺の円牛住職は「日本では、韓国が盗んだ物を返していないと言われているが、そうではない。盗んだ人は逮捕され、処罰された。それで窃盗事件は終わった。」として事件の解決を宣言した。[10]

韓国側の主張[編集]

メディアの主張
中央日報は「(日本側が)略奪や強制搬出した事実が確認されれば話が変わる」と主張、ハンギョレは「国宝級仏像は略奪物?」の記事で「返還拒否には流出の不法性を証明しなければならないが、事実上不可能との見解が優勢だ」と指摘、YTN局は文禄・慶長の役の際に仏像が流出した可能性が大きいと主張した[11]
韓国の大学教授らは銅造如来立像は神功皇后が、観世音菩薩坐像は倭寇(または豊臣秀吉)が、朝鮮から日本に略奪したと主張し、日本が返還を求めるならば入手経路を明らかにしなければならないという世論を形成していった[11][12]
瑞山市の主張
2013年2月、忠清南道瑞山市は日本への返還に反対した[13]
曹渓宗評議会の主張
韓国最大の仏教宗派曹渓宗瑞山市住持評議会は「文化財の不法略奪、不法流出、盗難経行為ついては、歴史的・時代的状況を遡及して適用すべきだ。窃盗団は法に従い厳重に処罰されるべきだが、仏像は過去の(朝鮮半島からの)流出経路が明らかになるまで日本に返還してはならない」としたうえで「調査の間は国連教育科学文化機関ユネスコ)の仲介を通じて、遺物を第三国に預けることを検討すべき」と主張した[13]
韓国浮石寺の主張
窃盗された仏像を所有する忠清南道瑞山市にある曹渓宗浮石寺(プソクサ)は、この仏像は元々は韓国の寺院浮石寺のものであり倭寇に略奪されたという理由で日本の寺院への返還を拒否している[4][1][14]。また浮石寺は大田地方裁判所に返還差し止めの仮処分申請(有体動産占有移転の禁止仮処分申請)をし[4]、裁判所は「観音寺側が仏像を正当に取得したということを訴訟で確認するまで、日本に仏像を返還してはならない」という決定を下した[1]
裁判で浮石寺は500年〜600年前に倭寇が強奪した仏像だと主張する根拠を求められたが、「根拠を示す鑑定書は仏像を失ったときに、思い出すのが悲しいので捨てた」と主張し、根拠は提示できなかった[14]
2013年3月14日には持ち去られた浮石寺の僧侶と国会議員、市民団体ら6人が来日し、観音寺にも訪問したが、観音寺では門前払いとなった[14]。浮石寺の僧侶らは記者会見で、観音寺側に来日前に知らせたにもかかわらず出迎えもないと批判し、「この問題の解決には日韓ともに偏ったナショナリズムにとらわれないことが重要だ」とのべた[14]
浮石寺の創建に登場する人物のマスコットキャラクターの人形や小型の仏像も持参したが、観音寺は「まずはうちの仏像を背負って一刻も早く持ってきて欲しい」として受け取らなかった[14]。金額に換算すれば、このマスコット人形は850円であるのに対し、盗まれた仏像は数億円に相当する[15]
浮石寺は「韓国は日本に仏教や仏像を伝えました。それなのに日本人は寺を燃やし仏像を奪っていきました。過去の歴史を日本は認める姿勢はあるのかということです。返還して欲しければ略奪ではなく友好的に贈られたことを日本側が証明すべきだ」と語った[4]

日本側の反応[編集]

観音寺の田中節孝前住職は、仏像は李氏朝鮮時代の仏教弾圧から守るために対馬に持ち込まれ、大切に守ってきたもので、韓国人から感謝されることはあっても、「略奪」呼ばわりするとは、開いた口がふさがらない、と語っている[16]。対馬市では、市の人口の約半数の16803人分の仏像の早期返還を求める署名が集まっている[17]

対馬市厳原港では、毎年8月の第1土日曜日に「厳原港まつり」を開いているが、1988年から祭名に「アリラン」を加え「厳原港まつり対馬アリラン祭」としていた。しかし仏像盗難事件が起こったため、2013年に、祭名から「アリラン」を削除し、1980年から行われていた朝鮮通信使行列も中止した[18]が、行列を主催する「朝鮮通信使行列振興会」の働きかけにより、翌年には日韓国交50周年を理由に再開されている。[19]

2014年11月の対馬仏像盗難事件[編集]

2014年11月24日、梅林寺 (対馬市)から誕生仏大般若経を盗み大韓民国に持ち出そうとした韓国人の男5人が対馬南警察署に逮捕された[20]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 中央日報日本語版 2013年2月27日08時32分 [1] 対馬から韓国に持ち込まれた国宝級仏像、日本への返還認めず
  2. ^ 対馬の仏像盗難で男拘束 韓国警察、被害品を回収 日本経済新聞2013年1月30日
  3. ^ 朝日新聞2013年1月29日
  4. ^ a b c d e f モンブラン (2013年7月3日). “対馬・仏像窃盗団に実刑…でも返還しない!韓国裁判所「屁理屈」判決”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). http://www.j-cast.com/tv/2013/07/03178582.html?p=all 2014年8月21日閲覧。 
  5. ^ 共同 (2014年3月6日). “対馬の仏像盗難、逃走の窃盗団の1人逮捕 韓国警察”. MSN産経ニュース (産経新聞社). オリジナル2014年3月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140306180601/http://sankei.jp.msn.com/world/news/140306/kor14030613400003-n1.htm#MainContent 2014年8月21日閲覧。 
  6. ^ “対馬で盗まれた仏像「韓国の寺に所有権」 韓国で判決”. 朝日新聞. (2017年1月26日). http://www.asahi.com/articles/ASK1T7GH0K1TUHBI044.html?iref=com_alist_8_03 2017年1月26日閲覧。 
  7. ^ “韓国政府、寺側主張に反論 対馬仏像訴訟、2審始まる”. 産経新聞. (2017年3月21日). http://www.sankei.com/world/news/170321/wor1703210041-n1.html 2017年3月22日閲覧。 
  8. ^ “韓国から返還の「仏像」…指先欠損は盗難時の衝撃、原因か”. 産経新聞. (2015年7月22日). http://www.sankei.com/west/news/150722/wst1507220073-n1.html 
  9. ^ 韓国、3年ぶりに盗難仏像返還 対日関係修復狙う? 残る一体 “人質”でもなかろうに… 産経ニュース 2015年7月17日
  10. ^ 朝日新聞 2016年7月5日 仏像盗難、所有権「日本側が証明を」 韓国・浮石寺住職 
  11. ^ a b 西日本新聞 2013年1月30日「国宝級…日本返還惜しい」 仏像盗難事件で韓国メディア[2]
  12. ^ 韓国日報(韓国語) 2013/02/15 02:34 [3] "일본서 불법 반입 국보급 불상 최소 2년 '고국 품에'" 日本から不法搬入した国宝級仏像、最低2年 "故国品に"
  13. ^ a b 聯合ニュース2013年2月4日 18:35 KST 対馬の盗難仏像 韓国仏教宗派「日本返還に反対」[4]
  14. ^ a b c d e モンブラン (2013年3月15日). “窃盗仏像代わりにマスコット人形!?返還拒否の韓国僧侶ふざけた来日”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). http://www.j-cast.com/tv/2013/03/15169707.html?p=all 2014年8月21日閲覧。 
  15. ^ 五味洋治対馬の仏像盗難 韓国が開き直る呆れた“歴史認識”」、『週刊文春』第55巻(第13号) (通号2717) 2013年3月28日号、文藝春秋2013年3月21日
  16. ^ 「韓国人に感謝されても…」長崎・対馬の仏像返還差し止め問題で観音寺・前住職 産経新聞 2013年2月28日
  17. ^ 仏像盗難問題、対馬市長が返還求め訪韓へ 読売新聞 2013年6月16日
  18. ^ 日韓行事を見つめ直す機会 長崎新聞、2013年5月20日
  19. ^ 読売新聞 2014年05月16日 対馬の朝鮮通信使行列再開へ、仏像問題で昨年中止 「今年は胸を張ってできる」
  20. ^ 韓国人5容疑者送検 対馬仏像窃盗”. 西日本新聞 (2014年11月27日). 2014年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月20日閲覧。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]