岡本隆司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岡本 隆司(おかもと たかし、1965年昭和40年)12月13日[1] -)は、日本歴史学者。専門は中国近代史、東アジア国際関係史。京都府立大学教授。

略歴[編集]

京都市生まれ[2]1988年神戸大学文学部卒業。1993年京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。1996年清末洋関の起源」で博士(文学)。1994年宮崎大学教育学部講師・助教授、京都府立大学文学部助教授、2007年准教授、2016年教授[3]

受賞歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『近代中国と海関』 名古屋大学出版会1999年
  • 『属国と自主のあいだ 近代清韓関係と東アジアの命運』 名古屋大学出版会、2004年ISBN 4-8158-0494-X
    • 中国語版『属国与自主之间 近代中朝关系与东亚的命运』(生活·读书·新知三联书店、2012年)
  • 馬建忠の中国近代』 京都大学学術出版会2007年ISBN 978-4-87698-729-0
  • 『世界のなかの日清韓関係史 交隣と属国、自主と独立』 講談社選書メチエ2008年
  • 『中国「反日」の源流』 講談社選書メチエ 489、2011年ISBN 978-4-06-258490-6
  • 李鴻章 東アジアの近代』 岩波新書、2011年ISBN 978-4-00-431340-3 - 戦後日本で初めて書かれた李鴻章の評伝。
  • ラザフォード・オルコック 東アジアと大英帝国』 ウェッジ選書、2012年ISBN 978-4-86310-096-1
  • 『近代中国史』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2013年ISBN 978-4-480-06724-1
  • 『袁世凱 近代中国の出発』岩波新書、2015年
  • 『日中関係史 「政冷経熱」の千五百年』PHP新書、2015年
  • 『中国の誕生 東アジアの近代外交と国家形成』名古屋大学出版会、2016年
  • 『叢書東アジアの近現代史 第1巻 清朝の興亡と中華のゆくえ 朝鮮出兵から日露戦争へ』講談社、2017年
  • 『世界史序説 アジア史から一望する』ちくま新書、2018年  
  • 『近代日本の中国観 石橋湛山内藤湖南から谷川道雄まで』講談社選書メチエ、2018年

共著[編集]

編著・共編著[編集]

校訂・訳註[編集]

  • オウエン・ニッカーソン・デニー 『清韓論』 校訂・訳註、東北アジア文獻研究会〈東北アジア文獻研究叢刊 4〉、2010年ISBN 978-4-915730-79-5 - 英語併記。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.306
  2. ^ 岡本隆司氏 史学の復権と日中関係 京都新聞 2018年7月14日閲覧。
  3. ^ [1]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]