ジョージ・アーネスト・モリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・アーネスト・モリソン

ジョージ・アーネスト・モリソン(George Ernest Morrison、1862年2月4日 - 1920年5月30日)は、オーストラリア出身の旅行家、冒険家、『タイムズ』特派員、図書収集家である。

生涯[編集]

ビクトリア州ジーロング生まれ。メルボルン大学を卒業し、イギリスに行き、1887年、エジンバラ大学で医学を学び、モロッコの侍医となり、オーストラリアに帰国した。1882年から1883年にかけてオーストラリア、カーペンタリア湾からメルボルンを徒歩で縦断したことがある。

1893年、中国に行き、1894年、上海からラングーンまで、1896年、盤谷から雲南府に、1897年、満州を横断し、ストレチェンスクからウラジオストックまで旅行した。1895年、『タイムズ』通信員となり、1897年以降、北京に駐在し、1900年、義和団の乱に遭った。1905年、旅順乃木希典の入城式に列して、また『タイムズ』代表としてポーツマス会議に出張した。

1907年からふたたび旅行を始め、北京からフランス領ベトナムに行き、1910年には北京から洛陽新疆を経てパミール高原を越えて、トルキスタンまで横断した。日本には三たび来た。1912年『タイムズ』を辞め、中華民国総統府政治顧問となる。1919年パリ平和会議に中国代表にともなってヨーロッパに行ったが、病気になり、イギリスで死去した。

中国滞在20年の間に極東に関する欧文文献を収集し(「モリソン文庫」)、1917年、岩崎久弥に買い取られ、のちの東洋文庫のもととなった。

参考文献[編集]

  • ウッドハウス暎子著『日露戦争を演出した男モリソン <上>』東洋経済新報社、1988年。2004年、新潮文庫 ISBN 978-4101207315
  • ウッドハウス暎子著『日露戦争を演出した男モリソン <下>』東洋経済新報社、1988年。2004年、新潮文庫 ISBN 978-4101207322
  • ウッドハウス暎子著『北京燃ゆ--義和団事変とモリソン』東洋経済新報社、1989年。ISBN 978-4492060506
  • ウッドハウス暎子著『辛亥革命とG・E・モリソン--日中対決への道』東洋経済新報社、2010年。ISBN 978-4492061541
  • シリル・パール著, 山田 侑平翻訳, 青木玲翻訳『北京のモリソン』白水社、2013年。ISBN 978-4560081532

外部リンク[編集]

  • 肖像写真 - 財団法人東洋文庫ホームページ内