榎一雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

榎 一雄(えのき かずお、1913年11月11日 - 1989年11月5日)は日本の東洋史学者、東京大学名誉教授正四位勲二等瑞宝章

来歴[編集]

兵庫県明石郡垂水村(現・神戸市)に生まれる。神奈川県立横浜第三中学校を卒業。第一高等学校を1934年に卒業し、東京帝国大学文学部東洋史学科に入学。白鳥庫吉の指導を受ける。1948年に東京大学文学部東洋史学科助教授、1955年より教授。1974年に退官後、1985年に財団法人東洋文庫長。それまでも同文庫運営に関わっており、特徴ある収集所蔵の大半に関係した。1977年に紫綬褒章、1985年に勲二等瑞宝章を受章。

中央アジア史を中心に研究し、中国・日本関係の論文・著書も多い。

邪馬台国」論争においては、白鳥庫吉と同じく北九州説を主張、「伊都国」を起点とする「放射説」で知られる。

著書[編集]

  • 邪馬台国』(日本歴史新書:至文堂、1960年、増補版1966年.1978年)
  • 『東洋文庫の六十年』(東洋文庫、1977年)
  • 『東西文明の交流 図説中国の歴史12』(講談社、1977年)
  • シルクロードの歴史から』(研文選書:研文出版、1979年)
  • 『ヨーロッパとアジア』(大東名著選:大東出版社、1983年)
  • 『商人カルレッティ』(大東名著選:大東出版社、1984年)

著作集[編集]

  • 『榎一雄著作集』(全13巻、汲古書院、1992年-1998年)
    • (1)中央アジア史1
    • (2)中央アジア史2
    • (3)中央アジア史3
    • (4)東西交渉史1
    • (5)東西交渉史2
    • (6)東西交渉史3
    • (7)中国史
    • (8)邪馬台国
    • (9)東洋学・東洋文庫
    • (10)雑纂
    • (11)追想 外国人編
    • (12)追想 日本人編
    • (別巻)欧文篇

回想[編集]

  • 『東方学回想 Ⅸ 先学を語る〈6〉』(刀水書房、2000年)、座談での弟子達の回想を収録。

外部リンク[編集]