榎一雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年1月
榎 一雄
人物情報
生誕 (1913-11-11) 1913年11月11日
日本の旗 日本兵庫県
死没 1989年11月5日(1989-11-05)(75歳)
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 東洋史(中央アジア史)
研究機関 東京大学
テンプレートを表示

榎 一雄(えのき かずお、1913年大正2年)11月11日 - 1989年平成元年)11月5日)は、日本の東洋史学者、東京大学名誉教授正四位勲二等瑞宝章

経歴[編集]

1913年、兵庫県明石郡垂水村(現・神戸市)に生まれる。神奈川県立横浜第三中学校を卒業。第一高等学校を1934年に卒業し、東京帝国大学文学部東洋史学科に入学。白鳥庫吉の指導を受ける。

戦後、1948年に東京大学文学部東洋史学科助教授に就任。1955年に教授昇進[1]。1974年に東京大学を定年退官し、同年より財団法人東洋文庫長をつとめた[2][3]。それまでも東洋文庫運営に大きく関わって資料の充実に努めており、敦煌文書、中近東現地語資料、ポルトガルアジューダ宮図書館所蔵イエズス会東アジア関係文書、モリソン関係資料 など、戦後の東洋文庫の特徴ある収集所蔵の大半に関係した。

受賞・栄典[編集]

研究内容・業績[編集]

  • 中央アジア史を中心に研究し、中国・日本関係の論文・著書も多い。
  • 日本に関連する主張としては、邪馬台国」論争において師の白鳥庫吉と同じく北九州説の立場をとり、「伊都国」を起点とする「放射説」で知られている。
  • 没後の1990年、旧蔵書約3万冊を東洋文庫に寄贈した。

著書[編集]

編著[編集]

  • 『東西文明の交流5 西欧文明と東アジア』 平凡社、1971年、再版1980年。全6巻
  • 『講座敦煌1 敦煌の自然と現状』 大東出版社、1980年
  • 『講座敦煌2 敦煌の歴史』 大東出版社、1980年。全9巻

著作集[編集]

  • 『榎一雄著作集』(全13巻:汲古書院、1992年-1998年)
    • (1)中央アジア史1
    • (2)中央アジア史2
    • (3)中央アジア史3
    • (4)東西交渉史1
    • (5)東西交渉史2
    • (6)東西交渉史3
    • (7)中国史
    • (8)邪馬台国
    • (9)東洋学・東洋文庫
    • (10)雑纂
    • (11)追想 外国人編
    • (12)追想 日本人編
    • (別巻)欧文篇

回想[編集]

  • 東方学会, ed (2000). “榎一雄博士”. 先学を語る〈6〉. 東方学回想 Ⅸ. 刀水書房 ISBN 9784887082540 座談での弟子達の回想を収録。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 先学を語る〈6〉 2000, 榎一雄博士
  2. ^ 山本 達郎 他「弔辞(シリーズ:〔東洋文庫〕前理事長榎一雄博士を偲んで)」『東洋文庫書報』第22号、東洋文庫、1991年、 11-18頁。
  3. ^ 東洋文庫・榎一雄
  4. ^ 世界周遊記