宮路オサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮路 オサム
出生名 細木 一馬
別名 宮路 おさむ
生誕 (1946-08-30) 1946年8月30日(72歳)
出身地 日本の旗 日本 茨城県北茨城市
学歴 茨城県立磯原高等学校卒業[1]
ジャンル 演歌
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1967年殿さまキングスとして) - 現在
レーベル ビクターエンタテインメント
EMIミュージック・ジャパン
ホリデージャパン
事務所 ホリデージャパン

宮路 オサム(みやじ おさむ、本名 細木一馬1946年8月30日 - )は、日本演歌歌手

茨城県北茨城市出身。元殿さまキングスのボーカルとして活躍、味のある風貌、抜群の歌唱力と独特の印象的な節回しで有名な歌手である。

来歴・人物[編集]

1967年に殿さまキングスのメンバーとして活動開始。当初は、コミックバンドなどで活躍していたが、歌謡曲に転向。メインボーカルとして1973年にリリースされた「なみだの操」は、爆発的なヒットとなった。後に続く「夫婦鏡」「おんなの運命」などもヒットした。1990年に殿さまキングスは解散。その後も引き続きソロ歌手として活躍。「なみだの操」など殿さまキングス時代の曲や、殿さまキングス解散後に長田あつしが結成した「オヨネーズ」の歌もそのまま歌い継いでいる。

現在でも、各種歌番組などのテレビやラジオ、敬老の集いの歌謡ショーステージなどに出演している。また作詞、作曲、俳優業など、幅広く活躍している。

代表曲 (ソロ名義)[編集]

  • 「酒無情」
  • 「あなたが命」
  • 「風来ながれ唄」
  • 「女房」
  • 「酒二合」
  • 「根室の辰」
  • 「縄のれん」
  • 「木村三郎51才」

映画[編集]

テレビ出演[編集]

CM[編集]

  • 「カラオケのど自慢」(大木)

エピソード[編集]

こぶしをコロコロ回してビー・ジーズの「マサチューセッツ」などを歌う“演歌マサチューセッツ”が得意の持ちネタだったが、このネタの誕生は、ある歌番組の本番前に何気なく宮路が(こぶしコロコロで)洋楽を口ずさんでいるのを聴いた沢田研二ザ・タイガース時代と思われる)が大受けし、それを非常に気に入って「それ、もっとやった方がいいよ!」と助言したことがきっかけとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.524

外部リンク[編集]