宮本和吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮本 和吉(みやもと わきち、1883年6月10日 - 1972年10月22日)は、日本の哲学者。

経歴[1][編集]

山形県荘内出生。明治42年東京帝国大学文科大学哲学科卒業。新潟高等学校教授を経て、大正12~14年文部省在外研究員としてドイツハイデルベルク大学フライブルク大学で研究。昭和2年京城帝国大学教授、その間法文学部長就任。12年東京帝國大学にて文学博士(論題は「カント哲学に於ける意識と対象」)[2]。21年2月(旧制)武蔵高等学校校長に就任、新学制移行とともに武蔵大学学長、武蔵高等学校・中学校校長に就任。31年武蔵を退任。同年成城大学に招かれ文芸学部長、続いて学長、33年~36年成城学園長、42年から北海道武蔵女子短期大学初代学長を67年まで務めた。

著書[編集]

  • 『哲学概論』岩波書店 1916
  • 『岩波哲学辞典』岩波書店 1922
  • 『カント研究』岩波書店 1941

[編集]

  1. ^ 根津育英会武蔵学園コトバンク
  2. ^ 博論データベース


先代:
山崎匡輔
成城大学学長
第3代:1958年 - 1961年
次代:
高垣寅次郎