玉虫文一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉蟲 文一(たまむし ぶんいち、1898年10月18日 - 1982年7月26日)は、日本物理化学者、東京大学名誉教授。

略歴[編集]

宮城県仙台市出身。玉虫左太夫の末裔[1]。1916年府立一中卒。東京帝国大学理学部卒。理化学研究所界面化学を研究。武蔵高等学校教授、1935年東大理学博士。36年根津化学研究所所長、49年東大教養学部教授、評議員、59年定年退官、東京女子大学教授、69年退職。75年ウォルフガング-オストワルト賞受賞。

著書[編集]

  • 『膠質化学』岩波全書 1948
  • 『科学と一般教育』岩波新書 1952
  • 『物理化学序論』培風館 1955
  • 『大学における一般教育の形態 とくに科学・技術教育との関連』民主教育協会(IDE教育資料) 1959
  • 『化学 物質研究の道程』培風館 1964
  • 『科学・教育・随想』岩波書店 1970 
  • 『一化学者の回想』中央公論社(自然選書)1978

共編著[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 日本人名大辞典、駒場の50年 

脚注[編集]

  1. ^ 星亮一『山川健次郎伝』あとがき