鈴木武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 武雄(すずき たけお、1901年4月27日 - 1975年12月6日)は、日本の経済学者、東京大学名誉教授。

経歴[編集]

兵庫県出身。第三高等学校卒、1925年東京帝国大学経済学部卒業。28年京城帝国大学助教授、35年教授。敗戦で引き揚げ、戦後49年武蔵大学教授・経済学部長、57年東大経済学部教授、61年経済学博士。1962年定年退官、名誉教授、武蔵大学教授、学長。

著書[編集]

  • 朝鮮金融論十講 帝国地方行政学会朝鮮本部 1940
  • 朝鮮の経済 日本評論社 1942 (経済全書)
  • 朝鮮経済の新構想 東洋経済新報社京城支局 1942
  • 朝鮮の決戰態勢 朝日新聞社 1943.12
  • 再建日本経済研究のために 経緯書房 1947
  • 衣食住はどうなるか 旺文社 1948 (生活文化シリーズ)
  • 新しい経済の胎動 同友社 1948
  • 戦後経済の理論的諸問題 実業之日本社 1948
  • 市場理論 河出書房 1948 (社会主義経済学)
  • 社会化 中央労働学園 1949 (新労働文庫)
  • 帝国主義段階における国家資本の役割と推移 1905-31年 上 日本帝国主義講座 白日書院 1949
  • ドッジ・ライン 安定より自立への諸問題 時事通信社 1950
  • 現代日本財政史 上中下 東京大学出版会 1952-60
  • オカネの役割 宝文館 1953 (NHK教養大学)
  • お金と銀行 偕成社 1955.6 (新百科)
  • 金融論 弘文堂 1956 (経済学全集)
  • 近代財政金融 財政の金融論 春秋社 1957 (現代経済学全集)
  • 円 その履歴と日本経済 1963 (岩波新書)
  • おかねの話 1967 (岩波新書)
  • 最近における金融をめぐる諸問題 郵政省簡易保険局資金運用課 1969
  • 金融緊急措置とドッジ・ライン 清明会出版部 1970 (清明会新書)
  • 日本公債論 金融財政事情研究会 1976
  • 鈴木武雄 経済学の五十年 鈴木洋子 1980.6

共著編[編集]

  • 安定恐慌論 北隆館 1949
  • 経済小辞典 ダイヤモンド社 1952
  • 経済学演習講座 9 財政学 武田隆夫共編 青林書院 1956
  • 日本経済論 原司郎共編 高文社 1958 (経済学ハンドブック)
  • 日本の借金 至誠堂 1959 (現代人叢書)
  • 現代財政学入門 日本評論新社 1960
  • 財政学 武田隆夫共編 青林書院 1960 (新経済学演習講座)
  • 日本の財政 構造と機能 至誠堂 1961 (経済教室)
  • 社会主義と財政 三一書房 1967
  • 機関投資家としてみた簡保資金 原司郎,志村嘉一共著 郵政省簡易保険局資金運用課 1970
  • 資産選択と簡保資金 江沢太一,原司郎共著 郵政省簡易保険局 1972
  • 現代通貨論 波多野真共著 中央経済社, 1981.2

翻訳[編集]

  • 経済原論 ベルトラン・ノガロ 新人社 1951

記念論集[編集]

  • 経済成長と財政金融 鈴木武雄先生還暦記念論集編集委員会 至誠堂 1962
  • 日本の経済 戦前・戦後 鈴木武雄教授還暦記念論文集 大河内一男編 東洋経済新報社 1963

参考[編集]

  • 鈴木武雄教授略歴「武蔵大学論集」1962