宮崎孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 孝一(みやざき こういち、1918年7月21日[1] - 2008年8月31日[2])は、日本の英文学者。

群馬県吾妻郡中之郷町生まれ。東京文理科大学卒。コロラド大学大学院修士課程修了。1973年「ディケンズ後期の小説の内面構造」で東京教育大学文学博士日本女子大学助教授、成城大学助教授、教授、1985-91年学長、名誉教授。専門は18-19世紀の英国小説。

著書[編集]

  • 『要点英文解釈』布井書房・蛍光社 1955
  • 『ディケンズ小説論』研究社 1959
  • コンラッドの小説』垂水書房 1964
  • 『イギリス小説論考』開拓社 1968
  • The Inner Structure of Charles Dickens’s Later Novels 三省堂 1974
  • 『講座・イギリス文学作品論 第6巻ディケンズ 後期の小説』著訳 英潮社出版 1977
  • 『コロラドの月 随想』開文社出版 1979
  • ダニエル・デフォー アンビヴァレンスの航跡』研究社出版 1991
  • オースティン文学の妙味』鳳書房 1999
  • スモレットを読む愉しみ』鳳書房 2001
共編

翻訳など[編集]

  • バイロン詩集』旺文社文庫 1969
  • 夏目漱石『文学論』校注 講談社学術文庫 1979
  • ダニエル・デフォー『ロクサーナ』槐書房 1980
  • ジョン・フォースター『定本チャールズ・ディケンズの生涯』監訳 研友社 1985-87
  • フェリシア・ボナパルト『ひき裂かれた自我 ギャスケルの内なる世界』鳳書房 2006
  • ジェニー・ユーグロウ『エリザベス・ギャスケル その創作の秘密』鳳書房 2007

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 宮崎孝一氏死去:四国新聞社


先代:
安藤良雄
成城大学学長
第9代:1985年 - 1991年
次代:
山田俊雄