高橋萬右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高橋 萬右衛門(たかはし まんえもん、1918年1月26日 - 2004年6月5日)は、日本の植物育種学者。農学博士北海道大学)。北海道大学名誉教授岩手県水沢市生まれ。

経歴[編集]

1940年(昭和15年)北海道帝国大学農学部卒業。同年、同農学部助手。1947年北海道大学農学部助教授。1957年 北海道大学農学博士 「稲体の花青素着色に不可欠なる[フ]先色遺伝子の分析」。 1965年北海道大学農学部教授1977年(昭和52年)同農学部長。1981年北海道大学停年退官。同名誉教授。北海道武蔵女子短期大学学長1987年(昭和62年)北海道グリーンバイオ研究所(農林水産省の研究機関)所長。1988年(昭和63年)北海道武蔵女子短期大学退職。1995年(平成7年)北海道グリーンバイオ研究所名誉所長。1999年北海道文教大学学長。2004年北海道文教大学退職。まもなく逝去。

親族に子息・高橋是太郎(北海道大学教授)がいる

研究領域[編集]

細胞・分子レベルにおける植物育種の展開を研究。また、世界各地から収集した稲の標識遺伝子を比較し、全連鎖地図を解明した。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 長尾正人と共著『大麦の遺伝学』(北方出版社、1947年初版・1949年再版)
  • 『植物の遺伝学』(研成社、1984年)

参考文献[編集]


先代:
-
北海道文教大学学長
初代: 1999年2004年
次代:
鈴木武夫