そんぽ24損害保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
そんぽ24損害保険株式会社
Sonpo 24 Insurance Company Limited
種類 株式会社
略称 そんぽ24
本社所在地 日本の旗 日本
170-6044
東京都豊島区東池袋3丁目1番1号
サンシャイン60 44階
設立 2000年7月1日(安田ライフダイレクトリサーチ株式会社)
業種 保険業
事業内容 損害保険業
代表者 代表取締役社長 瀬古武夫
資本金 190億円
主要株主 損害保険ジャパン日本興亜 100%
外部リンク http://www.sonpo24.co.jp/
テンプレートを表示

そんぽ24損害保険株式会社(そんぽにじゅうよんそんがいほけん、Sonpo 24 Insurance Company Limited)は、東京都豊島区東池袋3丁目1番1号、サンシャイン60の44階に本社をおく損害保険会社で、損害保険ジャパン日本興亜の完全子会社である(元々は日本興亜損害保険の傘下だったが、2014年9月1日に損害保険ジャパンとの合併により商号変更)。

沿革[編集]

1999年12月6日イギリスダイレクトライン社(RBSグループ)と旧安田生命保険(現・明治安田生命保険)の共同出資で、安田ライフダイレクトリサーチ株式会社として設立。2001年2月、安田ライフダイレクト損害保険株式会社に社名変更して営業開始した。2004年、ダイレクトライン社による合弁解消の申し入れを機に、明治安田生命保険、安田ライフ損害保険(現・明治安田損害保険)から日本興亜損害保険へ株式を譲渡。社名を安田ライフダイレクト損害保険から、そんぽ24損害保険に変更。「そんぽ」と「損害保険」が商号中で重なっているのは、保険業法第7条の規定により損害保険会社は商号中に「損害保険」など内閣府令で定められた文字を入れなければならないためである。

2005年に明らかになった損保16社による保険金不払い事件のうちの1社であり、同年11月25日、金融庁は業務改善命令を行う[1]。不当不払い合計は521件、2671万6000円である[2]

2014年9月1日に親会社の合併に伴って損害保険ジャパン日本興亜の傘下となった。

コマーシャル[編集]

  • テレビコマーシャル(以下、CM)には、タレント別府あゆみと、コアラの部分が携帯電話パソコンマウスになっているオリジナルキャラクター「ハナコアラ」(アニメキャラクター、同社の登録商標(日本第4865960号・日本第4981647号))を使っている。
  • コマーシャルソング『ハナコアラの見直しマンボ』(作詞:山田哲也 作曲:福井洋介)はCD発売され、6715枚(ハピネス調べ)を売り上げた[3]ほか、着信メロディでも人気が出ている(歌手の名義は「ハナコアラ」となっているが、実際に歌っているのは数多くのコマーシャルソングを歌っているスタジオ・ミュージシャンの「Singman」[4])。
  • アニメーションによるテレビCMで、ショピングセンター駐車場で自動車保険契約について会話する夫婦(今までの契約を継続するか乗り換えるかと聞く妻に対し面倒がって今までの契約の更新で済ませようとする夫)の会話に続けてハナコアラが登場するバージョンがあった。ここで使われた『見直しマンボ』は「見直そう♪見直そう♪…旦那任せじゃいられない」という歌詞だったが、その後同様のシチュエーションで作られたラジオCMには「旦那任せじゃいられない」の歌詞は使用されていない。
  • また、当初「ハナコアラの鼻がもげる現象」については動物愛護団体から抗議の電話が寄せられたが、社の広報部は「ハナコアラは架空のキャラクターであって、動物ではない」との回答を出した。
  • テレビCMは、主に主婦層がテレビをつけている昼間に放送されている(昼間の放送枠しかCMを流せなかったため、上記の「旦那任せじゃ…」のCM歌詞が生まれた可能性が高い)。
  • ラジオCMでは「そんぽ24は、日本興亜損保のグループ企業です。」というコメントが付けられている。音声のみで表現できないハナコアラは登場せず(BGMとして「見直しマンボ」が流れるのみ)、全編が自動車保険を見直す2人の人物の会話によるドラマ仕立てとなっている。
    • JFN加盟各局ではこのラジオCMが旧安田ライフダイレクトの「ダイレクトライン自動車保険」時代から繰り返し放送されている(他の話題から脈絡なく「おまかせ」をキーワードとして自動車保険の話に持ち込む内容の理容店編・寿司店編、やはり「変え時」をキーワードにして持ち込むプロ野球リリーフ編がある)。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]