大金直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大金 直樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 ガネさん[1]
カタカナ オオガネ ナオキ
ラテン文字 OGANE Naoki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1966-12-13) 1966年12月13日(54歳)
出身地 茨城県日立市
身長 181cm[2]
体重 72kg[2]
選手情報
ポジション MF[2]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1995 東京ガスサッカー部
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大金 直樹(おおがね なおき[3]1966年12月13日[2] - )は、日本の実業家、元サッカー選手。

来歴[編集]

現役時代[編集]

茨城県日立市出身[4][5]。1982年に茨城県立日立第一高等学校へ進学し[6]、2年生、3年生時には茨城県選抜として国体出場[7]。2期下に東海林毅。1985年に筑波大学へ進学し、4年生時の1988年には関東大学リーグ及び総理大臣杯で優勝[7]

1989年に大学を卒業し、東京ガスへ入社。社員選手として[1]同社サッカー部(現FC東京)に入部した。ポジションは主にボランチ[1]。1990年に大熊清川勝良一小林伸樹らと関東リーグ及び全国地域リーグ決勝大会で優勝を果たし[8]、翌年からは日本リーグ及びジャパンフットボールリーグでプレーを続けた。主将を任されていたが[1]1994年のリーグ第6節東芝戦で前十字靭帯を断裂[1][5]。リハビリ後も完調には至らず、1995年限りで現役を引退した[1]

1999年にFC東京が発足し、東京ガスサッカー部が再組織化されてからは東京都リーグで再組織された同部に籍を置いた[2]

引退後[編集]

サッカーから離れ社員として営業に専心していたが[5]、2002年に鈴木徳彦によってスタッフとしてのクラブ復帰を促され[1]、東京ガスからFC東京を運営する東京フットボールクラブ株式会社へ異動。法人営業部や事業部に就き、新規スポンサー獲得に成功[9]

2011年2月、常務取締役に就任し[4] サッカー経験の無い阿久根謙司代表取締役社長を補佐した[10][5]。また、FC東京バレーボールチームの部長を兼務[3]

2015年2月より第5代[11]代表取締役社長に昇進[12][13]。東京ガスサッカー部OBの社長就任は同社初となる[14][11]。また、東京都サッカー協会評議員を兼務[15]。2016年1月に「2020VISION」を打ち出し[16]、その実現に取り組んだ[17]

2020年3月12日、Jリーグ理事(非常勤)に選任されたことが発表された[18]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1989 東京ガス 関東 - -
1990 - -
1991-92 JSL2部 -
1992 6 旧JFL1部 - -
1993 7 - -
1994 旧JFL -
1995 -
通算 日本 JSL2部 0 0
日本 旧JFL -
日本 関東 - 0 0
総通算

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 首都東京で舵を取る FC東京社長が描く未来予想図/前編「一般試験を受けて東京ガス入社、社員選手を経てクラブスタッフへ」 SOCCER KING (2016年4月26日)
  2. ^ a b c d e 04年度東京ガスサッカー部選手及び役員”. 2004年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月11日閲覧。 東京ガス株式会社体育文化会サッカー部
  3. ^ a b プレミアリーグ男子 FC東京 Vリーグ
  4. ^ a b c 早稲田大学オープンカレッジ Vol.3 2011冬 早稲田大学エクステンションセンター
  5. ^ a b c d 世界で通用するクラブチームを作ることが目標 TSUKUBA WAY (2016年11月21日)
  6. ^ プロフィール 日立一高サッカー部
  7. ^ a b 日立一高サッカー部の歩み 50年の歩み 日立一高サッカー部 白蹴会
  8. ^ フットボールサミット 第11回』カンゼン、2013年、179頁。
  9. ^ シャビ獲得の可能性はあった。ビッグネームを呼びたい。大金新社長に聞く (下) 365日FC東京 (2015年3月12日)
  10. ^ 首都東京で舵を取る FC東京社長が描く未来予想図/中編「経営者として帰ってきた、東京ガス元主将が見たプロサッカークラブ」 SOCCER KING (2016年4月27日)
  11. ^ a b 東京社長に初の東京ガスサッカー部出身者 日刊スポーツ (2014年12月23日)
  12. ^ 新社長に大金氏=Jリーグ・F東京 時事通信社 (2014年12月22日)
  13. ^ 役員人事の内定について FC東京 (2014年12月22日)
  14. ^ FC東京、クラブ初“東京ガスサッカー部出身”の新社長が誕生へ SOCCER KING (2014年12月22日)
  15. ^ 組織 東京都サッカー協会
  16. ^ FC東京2020VISION発表 FC東京 (2016年1月16日)
  17. ^ 首都東京で舵を取る FC東京社長が描く未来予想図/後編「育成、U-23、専用スタジアム…『2020 VISION』の具体策とは?」 SOCCER KING (2016年4月28日)
  18. ^ “理事・監事、特任理事選任の件” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年3月12日), https://www.jleague.jp/release/post-63147/ 2020年3月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]