大野えり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大野 えり(おおの えり、本名:久墨えり、1955年1月23日 - )は、日本のジャズ歌手。愛知県名古屋市出身、東京世田谷区在住。

来歴[編集]

名古屋の御園座出演者の常連宿・今は無き大野家旅館の長女として生まれる。同志社大学英文学科卒業。大学では軽音楽部に入り、在学中からライヴ活動を開始する。大学3年の時、山野BIG BAND コンテストで審査員特別賞を受賞。

1979年日本コロムビアよりアルバム『Touch My Mind』でデビュー。以後、ハンク・ジョーンズ率いるGreat Jazz Trio との共演盤を含め、8枚のアルバムをリリース。その他、DJ KRUSHのアルバムに参加、「ルパン三世」のエンディングテーマ、TVCM「真っ赤な太陽」等多岐に渡り活動。

2006年5月3日、通算9枚目となるNY録音盤『Sweet Love』を発表。精力的にライヴ・コンサート活動を行っている。

YAMAHA音楽教室、リズムセブンアカデミーでヴォーカル講師もつとめている。

経歴[編集]

  • 1973年 - 同志社大学文学部英文科入学入学と同時に、軽音楽部に入部。ここでジャズと出会い歌い始める。京阪神のライブハウスで活動開始。
  • 1975年 - 3年の時、ザ・サードハード・オーケストラと共に山野ビッグバンド・コンテストに出場。バンドは最優秀賞、大野えり自身も審査員賞を受ける。
  • 1977年 - 同志社大学卒業。卒業後も京阪神のライブハウスで活動。
  • 1978年 - 6月上京。“ミンゴス・ムジコ”“ミスティ”等に出演し、佐藤允彦日野元彦杉本喜代志後藤芳子伊藤君子より応援を受ける。
  • 1979年 - 5月25日佐藤允彦プロデュースにより、日本コロムビアよりデビューアルバム『タッチ・マイ・マインド』を発表。12月25日杉本喜代志プロデュースによるセカンド・アルバム『フィーリング・ユア・ラブ』発表。12月31日渋谷バンテオンで(ミッドナイト・ジャズ・イン’79 into’80)山下洋輔渡辺香津美向井滋春らに混じってジャズ・フェスデビュー。
  • 1980年 - 6月より、日立製作所の企業CM「トラッド・マン」が以降2年半に渡り流れる。レギュラーグループ「Good Question」結成。10月25日大徳俊幸プロデュースによるサードアルバム『eri』を発表。11月から翌年l月までGood Questionと共に、全国80ケ所のコンサートツアーを行う。
  • 1981年 - 10月25日 4th アルバム『Good Question』発表。初のオリジナル・アルバムとなる。10月〜11月 フィリピン“ザ・ペスト・オブ・ニッポン・ジャズ”に参加。12月 草月ホール、大阪SABホールにてコンサート。
  • 1982年 - 6月21日 セシル・マクビー(B)、ビリー・ハート(Ds)を迎え5thアルバム『えり・マイ・ディア』発表。12月 ピリー・ハートを招聘し、コンサートを行う。
  • 1988年 - 2月Good Question解散。7月2l日 ムーンライダーズ白井良明プロデュースによる6thアルバム『トーク・オブ・ザ・ダウン』発表。
  • 1984年 - 1月21日 ハンク・ジョーンズ(P)、エディ・ゴメス(B)、ジミー・コブ(Ds)から成るグレイト・ジャズ・トリオとの共演によるコール・ポーターを特集した7thアルバム『イージー・トゥ・ラブ』発表。
  • 1985年 - 11月1日 東芝EMIに移籍。8枚目のアルバム『L’EVEIL』発表。初の日本語オリジナルを含む。
  • 1986年 - 6月 パリ・ダカール・ラリーのドキュメント映画『栄光への挑戦』の主題歌、曲。宇崎竜童、詞。阿木燿子「愛のヴィクトリー」をシングルリリース。津田ホールにてクラシック・フルート秦者の中山早苗のリサイタルにゲストとしてクラシック・ピアニスト藤井一興と共に出演。
  • 1988年 - 日本ビクターインビテーションよりトヨタ自動車チェイサーのイメージソング「Who are you」発表。(ヴィニ−・カリウダ、アレツクス・アクーニヤと共に、L.Aで録音)。
  • 1989年 - デヴィッド・T・ウオーカー(G)、ジェイムス・ギャドソン(Ds)、山岸潤史と共に汐留PIT 他全国 3ケ所でコンサート。
  • 1990年 - 北京一(マイム)とヴォイスそして中山早苗(フルート)のトリオ活動開始。
  • 1991年 - 映画『MISTY』主題歌・歌唱。墨田区主催、北京一・作・演出『パントマイム・sumidagawa』にモダンダンスの折田克子 他と共に出演する。
  • 1993年 - 映画ルパン三世エンディング・テーマ曲・歌唱。英語・日本語での作詞並びに作曲を発表、同時に「Open Opera Band」活動開始する。
  • 1996年 - パンスクールオプミュージックにてヴォーカルの講師を勤める。
  • 1997年 - DJ KRUSHのアルバム『未来』にゲストヴォーカルとしてフィーチャリングされる。
  • 1998年 - デジタルサウンド。ニット『A.I.F.F / Artistic Impression For Future』結成。
  • 1999年 - 5月 A.I.F.F ファーストアルバム“Gaァ。Doォ。Gaァ。Daァ”発表。10月DJ KRUSHの新プロジェクトアルバム『流』でゲストヴォーカルとしてフィーチャリングされる。
  • 2002年-ハワイにてINTERNATIONAL COMMITTEE OF ARTIST FOR PEACEが主催するALOHA PEEACE CONCERT(The World is Ours to Change)に出演。同時出演にハービー・ハンコックウェイン・ショーター
  • 2003年 - シャープのエアコンのCMソング「真赤な太陽」を歌う
  • 2006年 - 大野俊三プロデュース/George Colligan(piano)/Clarence Penn(drum)/James Genus (bass)通算9枚目となるNY録音盤『Sweet Love』をリリース
  • 2009年 - seikou nagaoka(長岡成貢)のアルバム『Romantic GOLD』に歌詞/Voで一曲参加(The Limelight of Love feat Eri Ono)
  • 2012年 - Jazz Standards集『Eri Ohno Standards』(若井優也(p)・米木康志(b)・原 大力(ds))をリリース。
  • 2014年 - Jazz Pianoの巨匠達、Duke Ellington, Bill Evans, Thelonious Monk等の楽曲を集めた『Dialogue』をリリース。若井優也とのDuo Albumで、自身初のコンサートホールでのレコーディング作品。
  • 2015年 - NY録音盤『How My Heart Sings』リリース。若井優也(p),Buster Williams (b),Al Foster(dr)とレコーディング。エンジニアは、2016年度グラミー賞・ベストラテン・アルバムにも参加しているDavid Stoller氏である。

外部リンク[編集]