ジミー・コブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジミー・コブ
Jimmy Cobb.jpg
基本情報
生誕 1929年1月20日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
死没 (2020-05-24) 2020年5月24日(91歳没)[1]
ジャンル モード・ジャズ
担当楽器 ドラム

ジミー・コブJimmy Cobb 1929年1月20日 - 2020年5月24日[1])はアメリカジャズミュージシャン、ドラム奏者。アメリカ合衆国ワシントンD.C.生まれ。

来歴[編集]

1950年代前半は、キーター・ベッツとの活動を通して参加した妻でもあったダイナ・ワシントンアール・ボスティックの伴奏などで知られたが、1958年からフィリー・ジョー・ジョーンズの後任としてマイルス・デイヴィスクインテットに加入、1959年にはモード・ジャズを確立した歴史的名盤『カインド・オブ・ブルー』のレコーディングに参加した。他にも、ウィントン・ケリーウェス・モンゴメリーキャノンボール・アダレイジョン・コルトレーンなどのアルバムで数多い演奏を繰り広げ、ハードバップ期を代表するドラマーとしての地位を確立した。特にマイルス・デイヴィスを支えたウィントン・ケリーポール・チェンバースとのトリオは、今も語り継がれるジャズ界最高のリズムセクションとして名高い。

90歳を過ぎてもなお自己のグループ「コブズ・モブ」「ジミー・コブ・トリオ[2][3]」を率い、またサイドマンとしても「4ジェネレーション・オブ・マイルス」等で精力的に活動を続けていた。ほんの数秒聴いただけで彼だとわかる驚異的なスウィング、シンバルレガートはトレードマークであった。ジャズの黄金期を知る最後のミュージシャンとして、ドラマーのみならず後進のミュージシャンの鑑となり続けていた。

2020年5月24日、肺がんのためニューヨークの自宅で逝去。91歳没。訃報は夫人がFacebook上で公表した[1]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • Encounter (Philology) 1994年
  • Only for the Pure of Heart (Fable/Lightyear) 1998年
  • So Nobody Else Can Hear (Expansion) 2000年
  • Four Generations of Miles: A Live Tribute to Miles (Chesky) 2002年
  • Cobb's Groove (Milestone) 2003年
  • Yesterdays (RteesanCobb Music) 2003年
  • Tribute to Wynton Kelly & Paul Chambers (Sound Hills) 2004年
  • Cobb Is Back in Italy! (Azzurra) 2005年
  • Marsalis Music Honors Series: Jimmy Cobb (Marsalis/Rounder) 2006年
  • 『テイキング・ア・チャンス・オブ・ラブ 』 - Taking a Chance on Love (Azzurra) 2006年
  • New York Time (Chesky) 2006年
  • Cobb's Corner (Chesky) 2007年
  • Jazz in the Key of Blue (Chesky) 2009年
  • Live at Smalls (Smallslive) 2010年
  • 『リメンバリング・マイルス』 - Remembering Miles `Tribute to Miles Davis` (Sony Music) 2011年
  • 『ジ・オリジナル・モブ』 - The Original Mob (Smoke Sessions) 2014年
  • You'll See (SteepleChase) 2016年
  • 『ジス・アイ・ディグ・オブ・ユー』 - This I Dig of You (Smoke Sessions, King International) 2019年
  • 『リメンバリング・ユー』- Remembering U 〜 Featuring Roy Hargrove (Jimmy Cobb World) 2019年

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]