大事忍男神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神産み神話(イザナギ・イザナミが生んだ神々) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

大事忍男神(おおごとおしおのかみ/おほごとおしをのかみ)は、日本神話に登場するである。

概要[編集]

古事記で、イザナギイザナミ国産みを終えて神産みの最初に産んだ神である。

神名は、「大事を終えた男神」として、国産みという大仕事を終えたことを表した神名であると解釈されることが多い。ただし、『古事記伝』においては、大事忍男神は熊野本宮大社に祭られる事解之男神のことであり、本来は黄泉から帰還したイザナギのに現れるべき神を誤って神産みの最初に入れてしまったのであろうと解釈している。

関連項目[編集]