国分良成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
国分 良成
生誕 (1953-11-01) 1953年11月1日(64歳)
日本の旗 日本 東京都
教育 博士(法学)慶應義塾大学、2002年)
業績
専門分野 現代中国政治
所属機関 防衛大学校
受賞歴 アジア太平洋賞特別賞

国分 良成(こくぶん りょうせい、1953年(昭和28年)11月1日 - )は、日本の政治学者、専攻は現代中国政治(中国共産党問題研究家)。博士(法学)(慶應義塾大学、2002年)。防衛大学校校長。東京都出身。公益財団法人総合研究開発機構理事を務めた。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

在外研究歴[編集]

学外における役職[編集]

  • 2005年から07年までアジア政経学会理事長、2006年から08年まで日本国際政治学会理事長を務めた。
  • 日本比較政治学会理事、日本現代中国学会理事
  • 中央日報』(韓国)海外コラムニスト
  • The China Quarterly編集委員、The Journal of East Asian Studies編集委員

活動[編集]

石川忠雄の門下生。内閣官房「日・ASEAN包括的経済連携構想を考える懇談会」、外務省「新日中友好21世紀委員会」など中国を中心としたアジア関係の外交・経済問題に関する政府の審議委員を務めるなど、政府機関への登場も多い。

受賞歴[編集]

  • 1997年、『アジア時代の検証』で毎日新聞社アジア太平洋賞特別賞
  • 2004年、『現代中国の政治と官僚制』などでサントリー学芸賞受賞
  • 2004年、『現代中国の政治と官僚制に関する研究』で義塾賞受賞
  • 2017年、『中国政治からみた日中関係』で第12回樫山純三賞受賞[3]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『日本・アメリカ・中国――協調へのシナリオ』(TBSブリタニカ、1997年)
Challenges for China-Japan-U.S. cooperation, (Japan Center for International Exchange, 1998).
  • 『現代アジア危機からの再生』(慶應義塾大学出版会、1999年)
  • 『中国全球化が世界を揺るがす――われわれの命運を握る中国の決断』(ウェッジ[ウェッジ選書]、2000年)
  • 『グローバル化時代の中国』(日本国際問題研究所, 2002年)
  • 『中国文化大革命再論』(慶應義塾大学出版会、2003年)
  • 『現代東アジアと日本(2)中国政治と東アジア』(慶應義塾大学出版会、2004年)
  • 『世界のなかの東アジア』(慶應義塾大学出版会、2006年)
  • 『中国の統治能力――政治・経済・外交の相互連関分析』(慶應義塾大学出版会、2006年)
  • 『現代東アジア――朝鮮半島・中国・台湾・モンゴル』(慶應義塾大学出版会, 2009年)

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b NIRA 役職員紹介 ※防衛省の兼務規定に抵触した可能性がある。
  2. ^ 防衛省発令(2012年3月31日、内閣承認)2012年3月9日閲覧
  3. ^ 第12回 樫山純三賞 表彰式

外部リンク[編集]