平岩俊司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平岩 俊司(ひらいわ しゅんじ、1960年 - )は、日本国際政治学者南山大学総合政策学部教授。専門は国際政治学国際関係論北朝鮮政治

略歴[編集]

愛知県出身。名古屋市立北高等学校卒業。

1987年東京外国語大学外国語学部朝鮮語学科卒業。1995年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。2001年慶大より博士(法学)を取得。

松阪大学政治経済学部助教授、静岡県立大学国際関係学研究科教授、関西学院大学国際学部教授を経て、2017年より南山大学総合政策学部教授[1][2]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『朝鮮民主主義人民共和国と中華人民共和国』(世織書房, 2010年)
  • 『北朝鮮は何を考えているのか 金体制の論理を読み解く』(NHK出版, 2013年、2017年新書)
  • 『北朝鮮 変貌を続ける独裁国家』(中公新書, 2013年)

共著[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平岩 俊司 - 南山大学 研究者詳細
  2. ^ 『北朝鮮はいま、何を考えているのか』(NHK出版, 2017年)