加藤弘之 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 弘之(かとう ひろゆき、1955年9月5日 - 2016年8月30日)は、中国経済学者。元神戸大学経済学部教授。

人物[編集]

愛知県に生まれる。1979年3月大阪外国語大学卒業、1981年3月神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程修了、1982年3月神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程退学。 1982年4月大阪外国語大学助手、1985年4月神戸大学経済学部専任講師、1996年4月同助教授、1997年4月同教授。1998年神戸大学より博士(経済学)の学位を授与される。

2006年4月-2007年3月外務事務官(在中国大使館公使アジア政経学会理事長(2007年-2009年)、同理事、同評議員ほか、日本現代中国学会理事、比較経済体制学会幹事、中国経済経営学会副会長などを歴任。

中国経済研究を中国経済学に高めることを提唱・実践していたが、道半ばの2016年8月30日がんで逝去。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『中国の経済発展と市場化一一改革・閖放時代の検証』(名古屋大学出版会, 1997年,大平正芳記念賞
  • 『地域の発展(シリーズ現代中国経済6)』(名古屋大学出版会,2003年)
  • 『「曖昧な制度」としての中国型資本主義』(NTT出版. 2013年)
  • 『中国経済学入門一一「曖昧な制度」はいかに機能しているか』(名古屋大学出版会、2016年アジア・太平洋賞特別賞)

共著・編著・共編著[編集]

参考文献[編集]

  • 加藤弘之先生を偲ぶ会(2016年11月20日)しおり