川野重任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川野 重任(かわの しげとう、1911年7月22日 - 2010年7月22日)は、日本の農業経済学者東京大学名誉教授。

来歴[編集]

鹿児島県生まれ。1936年東京帝国大学農学部農業経済卒業、副手、39年助手、42年東洋文化研究所助教授。1951年東京大学東洋文化研究所教授、62年「土地改革の理論的性格」で京都大学農学博士。1966年同研究所長に就任。70年所長退任、72年東大を定年退官、名誉教授、東海大学政経学部教授。84年退職。

日本を含むアジア諸国の農業発展の基本過程を幅広く分析。農業政策の分野で行政にも影響を与えた。また、留学生問題にも取り組み、制度改善に尽力した。米価審議会会長、農政審議会会長、財団法人日本国際教育協会(現日本国際教育支援協会)理事長等を歴任。1993年文化功労者

2010年7月22日老衰のため死去。99歳没[1]

1962年京都大学より農学博士。論文の題は「土地改革の理論的性格 」[2]


著書[編集]

  • 『台湾米穀経済論』有斐閣 1941 
  • 『音容去来』大明堂 1996
  • 『国と郷を思う 「戦後五十年」を超えて』春苑堂出版 1997 かごしま文庫
  • 『歳々年々想いあり』家の光協会 1999
  • 『半生 折にふれて』盈進社 1999
  • 『川野重任回想の農業・経済』家の光協会 2000
  • 『時言・正言・直言』盈進社 2001
  • 『回想「興南」時言』盈進社 2006

共編著[編集]

  • 『現代農業分析の展望』大川一司共編 大明堂 1958
  • 『農業問題』編 春秋社 1963 日本経済の分析
  • 『台湾経済総合研究』笹本武治共編 アジア経済研究所 1968
  • 『都市形成の論理と住民』磯村英一,鵜飼信成共編 東京大学出版会 1971
  • 『アジアの近代化』編 東京大学出版会 1972
  • 『アジア諸国からの留学と技術研修』編 アジア経済研究所 1975.
  • 『人間と都市環境 日本地域開発センター研究報告 2 (大都市周辺部)』鵜飼信成共編 鹿島出版会 1975
  • 『人間と都市環境 日本地域開発センター研究報告 3 (広域圏)』木内信蔵共編 鹿島出版会 1975
  • 『東南アジア留学生の日本選択』編 アジア経済研究所 1976
  • 『世界の食糧・日本の食糧』編著 泰流社 1977
  • 『アジアの食糧生産 開発と需給』編 アジア経済研究所 1980
  • 『食糧戦略と農業 ビジョン’90』編著 家の光協会 1981
  • 『技術移転と文化摩擦』編 大明堂 1982
  • 『在日外国人学生 その日本観』編 大明堂 1982
  • 『世界の食糧・日本の食糧』編著 泰流社 1985
  • 『興亡の国を支えて 二〇世紀農政の教訓』梶井功共編著 家の光協会 2001

翻訳[編集]

  • 『山村研究 第4輯.瑞西国山村農民窮乏克服策』訳編 農村更生協会 1937 
  • セオドア・W.シュルツ『農業の経済組織』馬場啓之助共監訳 中央公論社 1958
  • T.W.シュルツ『経済成長と農業』監訳 農政調査委員会 1971

出典[編集]

  1. ^ “文化功労者、東大名誉教授の川野重任さん死去”. 朝日新聞. (2010年7月23日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0723/TKY201007230566.html 2010年7月23日閲覧。 
  2. ^ 博士論文書誌データベース